これからの時期に「冬の肌荒れ対策」をしておこう

冬の肌荒れ対策をきちんとしておきましょう。これからの時期には必要な知識ですよ。

view71

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはここからスタート

  • 入浴時や洗顔時に力を入れてこすり過ぎないことが基本だ。アレルギーやアトピー体質の人はとくに、肌を傷つけないように気をつけよう。入浴後はすぐに、皮脂の分泌が少ない部分や乾燥しやすい部分をクリームやオイルなどで手入れをすることが大切だ。
    出典 :秋から冬の「肌荒れ・かゆみ」対策
     

    自分の肌を良く知るのは自分です。

  • 肌が荒れてしまった場合には、タオルではなく「手ぬぐい」や「さらし」のようなケバ立ちの少ない平織りのもので軽く抑えるようにして顔や体の水分をふき取ると肌に刺激を与えない。これらは吸水性がありながら乾きやすく、雑菌の繁殖も少ないのでお勧めしたい。
    出典 :秋から冬の「肌荒れ・かゆみ」対策
     

    このあたりにも着目してみてくださいね。

  • ストレス発散をする

     

    ストレスはどうしても肌へ影響を与えてしまいます。その点も考えるとしっかりとストレス発散をするのが得策と言えるでしょう。身体的にも良いので考えてみては?

  • 繰り返すので注意

  • 肌をかくとその刺激で角層は傷つき、炎症も起こってしまうので、さらにかゆみ自体も強くなります。これをかゆみの悪循環と言います。 かゆいところをかくと快感を得られますが、一度かきはじめるとかゆみは治まるどころか、さらにかゆくなります。肌のかゆみをひどくしないためには、かきたい気持ちをグッと我慢して、かかないことが一番です。
    出典 :乾燥肌など肌荒れのメカニズムを解説 | 冬に肌荒れしやすいのはなぜ?
     

    かゆいものだけは我慢できないという人も多いですよね。

  • 冬は肌トラブルが起きやすい季節なので、きちんと保湿して肌のケアをするなど、肌に刺激を与えないように気づかう必要があります。暮らしの中で簡単にできる予防法や簡単なケア方法などもありますので、実践してみてください。
    出典 :乾燥肌など肌荒れのメカニズムを解説 | 冬に肌荒れしやすいのはなぜ?
  • 保湿と血行促進

  • 冬のスキンケアのポイントは『正しい保湿&血行促進』!この2つの対策をすることが美肌維持の至上命題!まず、正しい保湿とは、ただ水分を入れるだけでなく、しっかりとお肌に有効成分を補給するようにして、肌の中の水分が蒸発しないようにすることです。それができれば、乾燥で乱れていた角層が整い、バリア機能が回復して乾燥しにくい肌になっていきます。
    出典 :冬の肌荒れ対策~寒さと乾燥から大事な肌を守ろう!~ - Yahoo!知恵袋
     

    冬の肌荒れ対策はここがポイントです。

  • 保湿の有効成分はたくさんありますが、保水力が高いのはセラミド1、2、3のいずれか、またはヒアルロン酸あたりが保湿作用が高い成分です。その他にも保湿作用の成分はたくさんあるので、自分の肌にあうものを選定していくと良いでしょう。
    出典 :冬の肌荒れ対策~寒さと乾燥から大事な肌を守ろう!~ - Yahoo!知恵袋
  • 再生を促進

  • 新陳代謝(ターンオーバー)が適切に行われることによって、肌表面では細胞間脂質やNMF成分が十分に存在する角質層が構成されます。ですから、適度なマッサージは、肌の新陳代謝をサポートし、肌の保湿にもプラスの影響を与えます。
    出典 :MOLTOLICE ダイアリー : 冬の美肌対策について〜冬の肌乾燥・肌荒れ・・・肌老化を防ぐために - livedoor Blog(ブログ)
     

    今では色々な効果を兼ね揃えたものもありますよね。

  • いわゆる美白化粧品と言われるものは、紫外線などの影響で活性化されたメラニン生成を抑えたり、生成されてしまったメラニンを還元作用により薄くしたりして、シミ・ソバカスなど色素沈着を防ぐことが期待されます。 特に、紫外線が少ない冬という季節は、シミ・ソバカス対策に真剣に取り組むチャンスでもあると思います。
    出典 :MOLTOLICE ダイアリー : 冬の美肌対策について〜冬の肌乾燥・肌荒れ・・・肌老化を防ぐために - livedoor Blog(ブログ)
     

    目的に応じて使い分けてみては?

  • もともと肌が乾燥しているアトピーの人などは、冬によって症状が悪化してしまうことも少なくありません。体内からも体外からもできるだけ保湿ケアをして、肌の乾燥を予防し、肌荒れをケアしてくださいね。
    出典 :冬の肌荒れ予防【FJ-Beauty肌荒れ対策館】
  • 乾燥肌は

     

    誰でもおきる可能性があります。もちろん冬ならなおさら気をつけなければいけないのです。しっかりと対策をしておきましょうね。