指のささくれって何が原因なのか知ってますか?

指のささくれは痛いですよね。どんなサインなのか見ていきいましょう。

view87

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 指のささくれ

  • 乾燥した空気、洗剤を使用する水仕事、手洗い、入浴時のシャンプーなど、日常生活では手肌のうるおいを奪う機会がたくさんあります。水仕事の時はゴム手袋をしようしたり、こまめにハンドクリームを使用するなどして、手肌を乾燥から守りましょう。
    出典 :指のささくれの原因と予防法 | スキンケア大学
  • マニキュアやジェルネイルなどのリムーバー、ネイルケアの一環としての甘皮除去、アルコール消毒などが原因となり、ささくれができることがあります。リムーバーは爪以外の皮膚に付着しないようにしたり、過度な甘皮除去をしないように気をつけましょう
    出典 :指のささくれの原因と予防法 | スキンケア大学
  • 皮膚の原料となるタンパク質、肌の状態を健康に保つビタミン類、ミネラル類が不足すると、ささくれができやすくなってしまいます。
    出典 :指のささくれの原因と予防法 | スキンケア大学
  • 日々のささくれがとても痛いですよね。一体何が原因で指がささくれてしまうのでしょうか。様々な原因があるので、順番に追っていみていきましょう。まず最初に挙げられるのがジェルネイルによって指を痛めてしまうというケースが挙げられます。こちらはジェルネイルのリムーバーやアルコール消毒などが原因となって指がささくれてしまうそうですよ。リムーバーは爪以外の場所につけたりしないよう十分に注意してから使用してください。確かにジェルネイルにはリムーバーが必要です。しかし、リムーバーとても強い成分なので肌にはあまり良くないのです。ジェルネイルをする人はよく覚えておきましょう。
    また、栄養の不足だったりすることがあるそうです。栄養の不足や栄養が偏ったりしていると皮膚を保つタンパク質やビタミンが不足してしまいにささくれができやすくなってしまいます。ささくれを敵にくくするためにはビタミン類を沢山とりましょう。肌に健康的なビタミンとしてはビタミンAがいいそうですよ。たくさん取っていきましょう。美肌を保つためにはビタミンC もいいですよね。栄養不足に陥ると、皮膚科弱くなってきてしまいます。

  • 上手にケアする方法

  • ささくれを無理にひきはがすと、はがさなくてもいい皮膚まではがしてしまい、そこからバイ菌が入ってしまうことがあります。ひどくなると化膿してしまいますよ。
    出典 :指のささくれを上手にケアする方法とささくれ予防法 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 指先のマッサージで血行をよくすることも、ささくれ予防になりますよ。小指から1本1本マッサージをしていきます。その際に爪の横をもみほぐすようにしてマッサージをしましょう。
    出典 :指のささくれを上手にケアする方法とささくれ予防法 | 美容ブログ [女性の美学]
  • ささくれに注意しよう

  • ささくれができたところで、ほとんど気にしないという方は多いのではないでしょうか。しかし、「たかがささくれ」と軽く見てはいけません。ささくれができたら、まずは上記をご参考に、何が原因かを考えてみてください。
    出典 :見逃してませんか?指にできるささくれの原因と身体のサイン - Peachy - ライブドアニュース
  • 単なる手肌の乾燥であれば、乾燥を防ぎ、保湿をすることで治ります。しかし、ささくれは、栄養バランスが崩れていることや、体調不良のサインの可能性があるのです。
    出典 :見逃してませんか?指にできるささくれの原因と身体のサイン - Peachy - ライブドアニュース
  • ささくれもたくさんできてしまうのできちんと三食栄養を摂ってくださいね。その他の原因としては結構の不良だったり体調不良が原因だということです。体調が悪いとささくれになった現れることもあるそうですよ。ささくれは一体どんな体からの信号なのでしょうか。簡単にささくれと見てはいけません。単なる感想であれば乾燥防いで保湿をしましょう。しかし、何かの病気だったりすることもありますので自分の体調管理もしっかりとしておきましょう。ささくれは皮膚疾患の一つだそうです。悪くなると踏んでしまったり、感染症になってしまう恐れがあるので正しい知識をもって正しい対処するようにしてください。指先は先に常に細菌にさらされている状態なので清潔にして保つことが必要になってきます。ささくれが明日ときはすぐに病院に行くようにしましょう。ほっといては絶対にいけませんよ。ささくれが出来てしまったら、ささくれたところを切り取るようにしましょう。綺麗に切り取ってくださいね。引っ張ったりしては血が出てしまいますので、そっとやりましょう。

  • その後はアルコールなどで消毒しましょう。ささくれを切った後はオイルなどを塗ってしっかり保湿してくださいね。もし血が出ていたら、バンソコウなど貼ってください。雑菌を入れないように守ることは大事です。綺麗な指先を保つように日頃から手を洗うように心がけましょう。手洗いをしっかりしている人は病気にもなりづらいと言いますよね。同様に、手洗いはささくれを防ぐ原因にもなりますのでおトイレに行った後や買い物から帰ってきた後、遊びに行った後などとにかく色々なことをした後に手を洗うように習慣付けましょう。清潔な指が清潔な体につながります。不潔は嫌ですもんね。ささくれを予防する方法としてまず化粧水で保湿するように心がけましょう。手を洗らった後に化粧水やクリームを塗っておきます。ゴシゴシと擦り込むのではなくて、そーっとなでるように塗りましょう。ゴシゴシと擦り込んでしまっては皮膚を傷めてしまう原因になります。

  • ハンドクリームは絶対にいりますよね。これから冬が来るので特に必要となってきますよ。ハンドクリームは常に常備しておきましょう。冬は特に乾燥がひどいので、皆さん十分に気をつけてくださいね。ささくれにもなりやすい季節ですので指先はきちんと整えておきましょう。ジェルネイルなどをした後も指先をきちんとケアしてあげましょう。指のささくれの原因などについて話してきましたがいかがだったでしょうか。