疲れ目をすぐに直すコツ

パソコンなどを長時間見ている人は目が疲れやすいですね。放置しておくと肩こや頭痛を引き起こします。疲れ目をすぐに改善する方法を紹介しましょう。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • すぐ楽になる簡単な疲れ目ケア

  • 目の疲れが取れないと仕事にも支障が出ます。温める、冷やす、動かす、といった方法やグッズなどで簡単に目の疲れが取れますよ。

  •  

    目を左右上下に動かすだけ。簡単な目のエクササイズで疲れ目が緩和されます。

  • 223いいね | パソコン作業による「疲れ目」は瞬きで解消!座ったままできる超絶シンプルな眼精疲労回復エクササイズ http://t.co/tanR4fO5E7 (人気記事)
     

    パソコンは目をとても疲れさせます。眼精疲労になる前に目をいたわりましょう。

  • 【疲れ目を解消するパーミング】手のひらで目を圧迫しないように覆い、光をシャットアウトすることで目の疲れや筋肉と網膜を休める。手のひらの熱が目の血液循環を促すので、手をこすって摩擦熱を発生させるとより効果的。 #有益なことをつぶやこう http://t.co/iWfceZqwGN
     

    目を休めることも必要ですね。

  • (1) 一度目をギュッと閉じて、パッと開ける
    (2) 頭を動かさない様に、黒目をグルーッと 回す感じで、八方を見る。
    (3) これを1~2分繰り返す
    毎日ギュッパッ体操をしていると、凝り固まった毛様体筋をほぐし、老眼になるのを遅らせる事ができるらしいです。いつでもできるので、忘れず続けましょう。
    出典 :すぐ効く、すごく効く、4つの「疲れ目解消法」 - NAVER まとめ
     

    すぐに覚えられるエクササイズですね。

  •  

    目薬やホットタオルなどのグッズを使うのも、疲れ目を癒す方法です。

  • 【第 7 位】 アイピロー 電子レンジ ホット アイマスク ホットアイマスク 安眠 疲れ目 リラックスグッズ あずき 蒸気 目元ケア 癒し スチーム 疲労回復 保温 レ 840 円 http://t.co/kctsbMFLPJ http://t.co/KYmqkbgbh9
     

    ホットアイマスクは目の血行がよくなるし、心地よいです。

  • 疲れ目にも(^ー^)【ひんやりグッズ】 【リラックス クールアイピロー】 ひんやりアイピロー 【ペンギン】 【10P17May13】 【RCP】 [楽天] http://t.co/6PcZU7tgJm #RakutenIchiba http://t.co/u2Kv5NymqN
     

    充血した目は冷やすと効果的のようです。

  • 目の疲れは、目をとりまく筋肉の疲れともいえます。ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあるので、目の疲れを解消するのに役立ちます。また、ビタミンB1は、目の神経が正常に働くためにも重要な役割を果たしています。また、目に充血が起こっていたら、ビタミンB2不足の信号かもしれません。
    出典 :目の疲れの対処法 疲れの原因・解消法 | タケダ健康サイト
  • 仕事の姿勢や環境によって、目が疲れやすくなっていることも。環境に配慮して疲れ目を予防しましょう。

  • デスクワークする際、目に優しい環境を意識しようぞ。目とディスプレイの距離は腕の長さと同じくらい、モニタは顔の正面に、キーボードは上腕が垂直に下りるような位置に置くように意識しよう。それだけで疲れ目を解消出来る要因にもなるのじゃ
     

    猫背は疲れ目の原因になります。姿勢にも注意しましょう。

  • 2 )目の疲れ
    目を酷使する環境にいる場合や、目の休息を十分にとっていないと、充血があらわれる場合があります。次のようなケースに心当たりはありませんか?
    長時間パソコンなどのディスプレイを見続けている寝不足が続いている
    充血の原因がそのままでわらた
     

    その日の目の疲れはその日のうちに取りましょう。

  • オフィスはエアコンが一日中ついていて、空気の入れ替えも、なかなか出来ないものです。冬場の暖房は特に涙が蒸発しやすいので、積極的に加湿器を使い、湿度の調節を。機器が多いオフィスで加湿器の使用が難しい場合は、コップに水を入れて置いておくだけでも乾燥を防ぐ事ができます。直接エアコンの風が当らないよう工夫しましょう。
    出典 :疲れ目解消法あれこれ
     

    目を乾燥させないようにすることも大事ですね。

  • デスクワークは1時間おきくらいに休憩し、目のマッサージやグッズを使って血行をよくすることが必要です。また目を乾燥させないように、姿勢の改善や部屋の湿度などにも配慮しましょう。