産後ダイエットの正しい知識。知っておかないと効果が半減するかもしれません!

産後の体型の崩れた状態は一日も早く戻したいものです。
産後ダイエットは早すぎても体に負担になるし、遅すぎても体型を戻すのが大変になるようです。
個人差のある問題なので、ベストの状態を自分で判断できるようになる事が大切です。

view126

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後ダイエットの基礎知識

  • 間違った産後ダイエットをしないためにも、産後ダイエットの基礎知識は必要不可欠です。産後の身体の仕組みや、産後太りの原因などをしっかりと頭に入れましょう。
    出典 :産後ダイエットの基礎知識 - ダイエットピンキー
     

    誤ったダイエットは健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。正しい知識を身につける事が大切です。

  • 産後の身体について

     

    産後の身体の主な特徴として、身体全体に流動性の脂肪がつき、見た目はムッチリ。特に、お腹周りに皮下脂肪が多くついているので、ポッコリお腹になっています。

    そして、出産により広がってしまった骨盤で下半身がどっしり。それに加え、目の疲れや抜け毛、便秘、痔、産後うつ病に悩む人も少なくないようです。

  • 産後の身体はデリケートでとても不安定。そんな状態での慣れない育児で、ヘトヘトのママさんがほとんどだと思います。絶対に無理は禁物ですよ!疲れたな~っと思ったら、すぐに横になって休みましょうね☆
    出典 :産後ダイエットの基礎知識 - ダイエットピンキー
  • 産後ダイエットはいつから?

  • 出産によってぷっくりしてしまった身体を一刻も早く、元の体型に戻したいですよね。いつから産後ダイエットを始めていいか気になります。ところが、出産の時に母体にかかった負担は、個人差があるので、一般的には言えないそうです。
    出典 :産後ダイエットの基礎知識 - ダイエットピンキー
     

    産後ダイエットはいつから始めるかは個人差があります。
    その時の状態をよく確かめてから実践しましょう

  • 具体的な時期は産婦人科の先生に相談して、いつごろからダイエットを開始するのか決めるのが良いでしょう。
    ちなみに、体調が安定した産後1ヶ月~1ヵ月半ぐらいから、開始するのがおおよその目安となります。

  • 産後太りの大きな原因は3つほどあります

     

    ①産後の流動性脂肪

    ②骨盤のゆがみ

    ③食生活の乱れ


    特に気を付けたいのが③です
    産後、自分の時間がぜ~んぜんなくて、食事をゆっくり取ることすらできないママさんは、おやつや軽食で済ますケースが多いそうです。
    実際、赤ちゃんから目を離せなくて、自分の時間をゆっくりとることは難しいですよね。
    しかもストレスを食事で発散すると、栄養バランスを考えずにドカ食いになってしまいます。

  • 産後のダイエットは6ヶ月までが勝負!

  • 産後はお腹や太ももに骨盤のゆがみなど気になる部分が沢山でてくると思います。妊娠中の食べすぎや運動不足などが原因です。又、骨盤のゆがみなども出てきます。お産でのびた皮膚や腹筋はなにもしなければ元に戻りません。
    出典 :産後ダイエット!産後すぐに始められるダイエットを紹介-赤ちゃんの部屋
  • 産後は6ヶ月以内は痩せやすい

     

    結論から言うと、産後6か月までは脂肪が流動的でやわらかく、その結果痩せやすいのです。
    妊娠中についた体の脂肪は、普通の脂肪とは違い、水分も多く燃焼しやすいのですが、この痩せやすい時期は産後6ヶ月程度だと言われています。

  • 骨盤の状態は?

  • 産後ダイエットをされている方、産後の骨盤は閉じているでしょうか?
    もし、産後の骨盤が閉じていない状態で産後ダイエットをしたら効果が半減します。
    出典 :産後骨盤矯正の産後ダイエット
  • 産後骨盤が開いていてはせっかく頑張ってダイエットをしても効果があまりでることはありません。なぜなら産後骨盤が開いていることで基礎代謝の低下、下半身太り、下腹ぽっこり、お尻がたれる、ホルモン分泌の異常などがあるからです。
    出典 :産後骨盤矯正の産後ダイエット
  • 開いた骨盤でお尻の筋肉をつけたとしてもお尻の筋肉を引きあげることは難しくなります。その理由として産後骨盤の開きがお尻の形を作っているからです。骨盤を閉めることでお尻の筋肉も効果的改善します。
    出典 :産後骨盤矯正の産後ダイエット
  • 産後、体は大きく崩れています。しかし、クセがついていないため改善をしやすい時期でもあります。この時に行った産後ダイエットが後の体を作っていきます。
    出典 :産後骨盤矯正の産後ダイエット
     

    産後ダイエットでなかなか改善しない、あるいは効果がなかなか出ない方で産後骨盤の開きがある方は産後骨盤を閉じてから産後ダイエットしてみてはいかがでしょうか?

  • 開いた骨盤を閉じるには、整骨院に行って矯正マッサージを受けるのが一番確実です。
    その他でも家庭で気軽にできる骨盤矯正のストレッチなどもありますので、まずは手軽にできる家庭でのストレッチ体操から始めてみてはいかがでしょうか。