何が残る?「踵骨骨折の後遺症」について!等級も知っておこう!

踵骨骨折の後遺症は何が残るのでしょうか?後遺障害等級は認定される?

view3248

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 踵骨骨折は

  • これは参考画像です

     

    踵骨とはかかとの骨の事なのです。歩くときにはかなりの負荷がかかる場所と言っても良いでしょう。事故等で起きる場合もあるので、以外と身近にある骨折とも言う事が出来ますね。

  • 踵骨は、体重が最もかかる骨であり、踵骨骨折は、他の足の骨の骨折と比較して、痛みが長く残存することが特徴です。骨折した骨が付着(癒合)しても、ズディック骨萎縮を発症することもあり、その場合はRSDとしても後遺障害等級を考慮する必要があります。
    出典 :考えられる後遺障害の詳細 - 後遺障害(後遺症)とは?【深田法律事務所】
  • 踵骨骨折の後遺症について知ろう

  • 整形でのリハビリは、日常生活に復帰できる程度までのを目標としていて、そこから先については個人の回復に任せられます。 営業で毎日歩き回るお仕事をされ、足首への負担も大きいことと思います。そうした日常に適応できる状態にまで機能を高められたら、現在感じられている痛みも少なくなるでしょう。
    出典 :踵骨骨折の後遺症の治療について - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル
  • 再手術をせず、現状を維持したままさらに機能を改善するには、足の問題もさることながら、下肢、骨盤、脊柱など全体の動きを関連づけて、全体的な機能向上を図るのが有効な手段ではないかと考えます。
    出典 :踵骨骨折の後遺症の治療について - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル
  • 具体的には、歩行時に踵がついたときの衝撃をどこで吸収しているかをチェックすると、本来なら踵を含めた足首の骨がたわむことでしている吸収ができなくなっている可能性があります。その時負担がかかるのは、足首を安定させるふくらはぎの筋肉です。踝の外側が痛いのは、そうした筋の過剰使用によるものではないかと推察します。
    出典 :踵骨骨折の後遺症の治療について - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル
  • 日々の負担を解消するとともに、お履きになっている靴を衝撃吸収の高いタイプのものにしてみるとよいでしょう。それだけで改善がなければ、カイロプラクティックなどで、全体の筋骨格バランスを調整し、膝から上の柔軟性や安定性を高めるケアを受けられてみてはいかがでしょうか。
    出典 :踵骨骨折の後遺症の治療について - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル
  • 後遺障害等級の関係

  • 単純レントゲン検査で、側面像、軸射像、アントンセン法(内果部直下から頸部に25°、背部に30°の照射方向で撮影)の3方向で撮影します。アントンセン法は後距踵関節の状態を見るために必要となります。骨折の形態が複雑なものはCT撮影が適しています。
    出典 :考えられる後遺障害の詳細 - 後遺障害(後遺症)とは?【深田法律事務所】
  • 踵骨骨折後に痛みなどの症状が残った場合には、12級もしくは14級の等級が認定されることがあります。 RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)による場合には、12級以上の等級が認定されることがあります。
    出典 :踵骨骨折の基礎知識
  • 少しでも後遺症を残さない為に

  • 座っている時間が長い仕事なので、会社では自席の下に段ボール箱を置いて、足をのせていました。段ボール箱はつぶれないように中に古雑誌やいらない書類を入れてました。多少は楽ですね。
    出典 :かかと骨折から半年後の状況 | タナボタは寝て待て
  • 私の場合は、イスに座って足を床につけて、少し痛い程度に体重をかけるということをやっていました。 足首の可動域を広げるために、イスに座って足を床につけて、つま先とかかとが床から離れないように前後に動かす(足首の曲げ伸ばしになります)とか
    出典 :かかと骨折から半年後の状況 | タナボタは寝て待て
  • 車椅子はダメ!

     

    生活の移動に車いすなんか駄目です。自分の足で歩きましょう。実生活に支障が無いように回復します。スポーツ(特に相手と触れる物)は無理になるようですが。(足の何処を折っても走る事を思い切り出来ないので、スポーツからは距離が出来ますが)サボれば車椅子の生活になるので気をつけてくださいね!