【目の腫れと痛み】症状から考えられる結膜の病気 自宅でできる応急処置法も 

目の腫れと痛みを感じるというときに、それらの症状から考えられる結膜の病気についてまとめました。また、休日で眼科を受診できない場合の応急処置法もまとめています。

  • green 更新日:2014/08/24

view178

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目の症状から考えられる病気【目の腫れと痛み】

  • 瞼のはれと痛み
    3日前から右の上まぶたが赤くなっていたのですが、今朝起きると大きく腫れていて触ると強い痛みがあります。目ヤニも多く出ています
    出典 :かわばた眼科
  • 症状から麦粒種(モノモライ、関西ではメバチコ、メイボという地域もある)と思われます。細菌性結膜炎も合併しているようです。
    出典 :かわばた眼科
  • 麦粒種はまつげのそばの脂腺や、まぶたの中のマイボーム腺に細菌(黄色ブドウ球菌が多い)が感染し、まぶたの一部が赤く腫れて痛む病気です。化膿した部分が破れて膿がでると痛みは治まります。
    出典 :かわばた眼科
     

    麦粒種は、汚れた手で目を触ってしまったり、アイシャドウやアイラインなどのメイクの粉が目に入ってしまうことなどにより起こる病気です。こするとひどくなるため、こすらずに眼科を受診するようにしましょう。

  • 結膜(しろめ)の充血や目やに・涙が多くなります。また目にごろごろ感が現れることや、まぶたが急激に腫れることがあります。強い痛みを感じることもあります。
    出典 :は や り 目  はやり目ってなに
  • では、次の症状をみてみましょう。

  • 右目が赤く充血して、まぶたも腫れて目ヤニも出るようになりました。
    出典 :かわばた眼科
  • 症状から「はやり目」の可能性も高いと思われます。はやり目は正式には流行性角結膜炎といい、アデノウィルス(8、4、37、19型)感染でおこる急性結膜炎の1種です。感染してから1~2週間で発症し、激しいまぶたのはれ、目ヤニ、流涙、充血などの症状が10日から15日間続きます。
    出典 :かわばた眼科
  • 目の症状から考えられる病気【目の腫れと痛み】

     

    はやり目は、まぶたが腫れたり、目やに、充血などの症状がでます

  • はやり目に対して直接有効な治療薬はありませんが、混合感染を予防したり、炎症を押さえたりするため抗菌剤やステロイドを点眼することが大切です。
    出典 :かわばた眼科
  • 感染力が強いので点眼する時以外は目の回りに手を触れない、手洗いを励行する、触った日用品は出来るだけ煮沸消毒し、日光でよく乾燥させる、使用する物品(ハンカチ、タオル、本、鉛筆、茶碗、箸等)は家族と別にする、学校や職場は一定期間休むようにするなど他の人への感染に気をつける必要があります。
    出典 :かわばた眼科
  • 目の症状から考えられる病気【目の腫れと痛み】

     

    はやり目は潜伏期間が14日ほどあり、発症してから10日頃で症状がおさまります。

  • 目の応急処置【目の腫れと痛みを伴う病気】

  • 1.目にごろごろとした異物感を伴う痛みがある
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 目の中に異物が入ってごろごろと痛い時は、こすらずに、涙を流して自然に異物を外に出すか、水の中で目をパチパチさせてみる、などしてみると異物が取れて、痛みが軽減することがありますが、異物が取れなかったり、取れても痛みや涙が止まらなかったり、充血している時は、そっと目を閉じて安静にし、早めに眼科を受診して下さい。
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 金属や石の細かい破片などが角膜に刺さると、自分では処置のしようがなく、瞬きとともにだんだん角膜に深くもぐってしまいますので、無理に取り除こうとしないで、そっと目を閉じて、早急に眼科を受診して下さい。
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 2.目のまわりが痛い
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • まぶたが痛い時は、まぶたに麦粒腫とか霰粒腫、よく言うものもらいができていることが多いです。しかし、眼球と骨の間や眼球の奥が痛かったり、目を動かすと痛かったりする時は、強膜炎などの眼球の炎症であることがあります。そっと冷やして、眼科を受診して下さい。
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 3.強い光を浴びた後に目が痛い
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 溶接の後、スキーや海水浴で強い紫外線を浴びた後、やけどをしたように目が痛くなります。充分に冷やし、目を動かさないようにして、治らない時は眼科を受診して下さい。
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 4.目が痒い
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 痒みの原因は、花粉症やアレルギー性結膜炎のようにアレルギー疾患が原因であることが多いですが、細菌やウイルスの感染が原因であることもあります。まやみに手でこすって、眼球を傷つけないようにしましょう。
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 目をこすりすぎると、白目が真っ赤に充血して、水ぶくれのように腫れてきますが、これは花粉や埃・薬品や化粧品など何かに対するアレルギー反応によるものと考えられます。こすらずに、そっと冷やして様子を見てください。少ししてまだ痒み・充血・腫れが残っているようなら、眼科を受診して下さい。
    出典 :目の救急処置(目の痛みや痒みがある時)
  • 目の腫れと痛みがある場合は、応急処置をした後に必ず眼科を受診して、医師に診察をしてもらうようにしましょう。