人が犯罪者になるパターン!?【犯罪心理学】

人が犯罪者になるのは、パターンがあるそうです!
未然に心理パターンを知っておき防犯しよう!

view526

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 犯罪者になるパターンとは?

  • 早発持続型  人生の早い時期に犯罪を犯し、犯罪を繰り返すパターン。少年のころから評判が悪く、小さな犯罪を繰り返します。その結果、進学も就職も上手くいかなくなる。良い友達もできない。周囲から、「不良」「非行少年」とレッテルをはられる。
    出典 :犯罪者になる3パターン(心理学総合案内こころの散歩道)
     

    レッテルを貼られるのはこちらですね
    良くみられますよね

  • 遅発持続型 ある程度の年齢になって、初めて犯罪を犯し、その後、犯罪者としての生活を続けるパターン。今までは犯罪とは無縁だったのに、何かのきっかけで犯罪者となってしまい、その後、まっとうな世界には戻れず、犯罪を繰り返すタイプです。
    出典 :犯罪者になる3パターン(心理学総合案内こころの散歩道)
     

    利益を得てしまう人もすくなくはありません

  • 遅発停止型(一回性) ある時、魔が差してしまったように犯罪を犯すが、その後は普通の生活に戻るパターン。たしかに犯罪を犯しましたが、心の底から反省し、罪を悔い、更生していく人達です。私たちは、誰もが犯罪を犯してしまう可能性を持っているわけです
    出典 :犯罪者になる3パターン(心理学総合案内こころの散歩道)
  • ちなみに犯罪心理学とは

  • 犯罪および犯罪者の心理を研究する心理学の一分野。犯罪者の性格,性差,年齢,知能,精神的・肉体的疾患などと犯罪との関係や,犯行の心理,犯行の類型,犯罪の原因などを明らかにし,犯罪そのものの因果法則を確立しようとする。
    出典 :犯罪心理学 とは - コトバンク
     

    プロファイリング等に使われているのです

  • 「殺人などの重大な犯罪を犯す人間は生まれた時には既に決まっている」という「犯罪予定説」(みたいな感じの説)と「生まれてきた人間が殺人をし得るかどうかは、その人間が生まれてからの環境に依る」という「犯罪後天説」(あくまでも”みたいな感じの名前”)があるというんですね・・・。
    出典 :犯罪心理学 - Makky_Love_Addict - Yahoo!ブログ
     

    色々な説があるのですね

  • 難しいですが

     

    犯罪心理学では色々な種類があり
    色々なケースが考えられて
    役立てられているのです

  • 心理学の歴史とは

  • 犯罪心理学を捜査に役立てる基礎を作ったのは、イタリアの精神科医、チェーザレ・ロンブーゾ(1835~1909年)です。彼は軍医の経験を持ち、精神科医としては、主に犯罪者の遺伝的要因について探っていました。彼が解剖した頭骸骨の数は800以上、容姿研究の対象とした受刑者は、8,000人以上にもなります
    出典 :犯罪心理研究の歴史 | 犯罪心理学の基礎知識
     

    これが歴史になっています

  • ちなみに色々な情報があるので

  • ちまたに流れる(YAHOO!知恵袋的な)情報があまりにも適当で、間違った情報が多いので、実際のところはどうなのかについて、お答えします。これは法政大学や法政大学心理学科、心理学専攻の公式見解でなく、越智の私見ですのでよろしく!
    出典 :法政大学犯罪心理学研究室
  • 犯罪捜査に使われます

  • 犯罪心理学というと,多くは矯正関係(法務省)を想像する人が多いし,その関係の研究者人口の方が多いです.だから,科学的な捜査に関するこの種の本は,まだ少ないかもしれません.でも,これからもっと増えていくと思います.注目!
    出典 :犯罪捜査関係
  • 心理学をつかって

     

    捜査をする事があるようです
    このように、心理学は色々な所で
    使われています
    上手く利用すれば防犯にも使えますよ