自閉症と診断される原因は?

自閉症と診断する判断ポイントとはなにか、その原因を解説します。

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自閉症ってどんな障害?

  • 「自閉症」というその名前から、 "他人に対して心を閉ざし、自分の殻に閉じこもってしまう病気"と思う方もいるかもしれませんが、これは違います。自閉症は心の病気ではありません。
    出典 :自閉症について|よこはま発達クリニック
  • 脳の特性によって起こる障害です

  • 自閉症は親の育て方や環境が原因ではない、脳の特性によって起こる発達障害です。
    出典 :自閉症について|よこはま発達クリニック
  • 自閉症では脳の特性のために、目や耳から入ってきた情報を整理し、それらを意味のあるまとまったこととして認知することが難しくなってしまうのです。
    出典 :自閉症について|よこはま発達クリニック
  • 自閉症と診断される子供の数は?

  • アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は3月28日(米国時間)、2010年時点で、アメリカに住む子供の68人に1人が自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断されたと発表した。
    出典 :「自閉症の子供」が急増している理由とは?
  • 自閉症の判断基準

  • 自閉症の診断基準としてよく用いられるのは、アメリカ精神医学会が刊行した”Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(DSM-Ⅳ-TR)”
    出典 :自閉症について | ADDS
  • ①対人的相互反応の質的な障がい

  • ②意志伝達の質的な障がい

  • ③限定された活動や興味

  • 以上の3つに分けられます。

  • 自閉症の診断には、この3つのカテゴリーから合計で6つ以上、そのうち少なくとも①から2つ、②、③から1つずつの基準を満たしていることが必要です(DSM-Ⅳ-TR; American Psychiatric Association,2000)。
    出典 :自閉症について | ADDS
  • 自閉症スペクトラム障がい

     

    知的な障がいや自閉症の重症度によって、呼び方が異なりますが、自閉症とアスペルガー症候群、非定型自閉症を併せて、自閉症スペクトラム障がいと呼びます。

  • 1.対人的相互反応の質的な障がい

  •  

    自閉症児は、アイコンタクト、表情理解、身振りなどの非言語性行動の理解が苦手で、遊びのスキルが低く、年齢相応の社会的な関わりを築くことも困難です。

  • 2.意志伝達の質的な障がい

  • 自閉症児は、質的にも量的にも話し言葉の障がいがあります。 自閉症児のうち約40%は、適切な支援が得られない場合、言語がまったく発達せず、それをジェスチャーや他のコミュニケーション手段で補おうともしません。
    出典 :自閉症について | ADDS
  • 3.限定された活動や興味

  • 自閉症児には常同行動や同一性保持の傾向が見られます。 常同行動の例としては、手をひらひらさせる、身体を揺らす、顔をしかめる、手で何かを叩き続ける、奇声をあげる、などが挙げられます。
    出典 :自閉症について | ADDS
  • 以上の3つのような症状が見られると、自閉症と診断される。