歯ぎしりの原因を見つけて、質の良い睡眠を!!歯ぎしり治療について

歯ぎしり治療はないと言われています。しかし、原因がストレスや不安などで起こっている場合はそれを改善することで、歯ぎしりも改善されます。大事なのは原因を見つけてそれに合わせた治療をすることです。

view372

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯ぎしりの原因を見つけて、質の良い睡眠を

  • 歯ぎしりをするのは何かしら原因があるものです。歯ぎしり治療においてはまず原因を見つけることが必要です。

  •  

    歯ぎしりの原因にはストレスや不安感、などがあります。それらを和らげて快眠をすることが歯ぎしりの改善につながると言われています。

  • 医者はなんでもかんでも原因はストレスで片付けるからな(´・ω・`)歯ぎしり治す方法として寝る前に楽しいことを考えましょうとか言われるけど私毎日楽しいことしか考えてない<><>
     

    寝る前に楽しい気持ちになることは安眠にも歯ぎしりにもいいことですね。

  • 俺は当然自覚がないんだが、家族に聞くところによると歯ぎしりがひどいらしい。

    テレビを見てたら、歯ぎしりが多いのは寝る前にスマホなどの発光体を見て脳を活性化させているからだと言っていた。

    これだな。普段布団入ってから寝るまでに2~3時間かかるので(笑)
     

    寝る前にスマホやパソコンはやめた方がいいようです。

  • 過度のストレスが溜まると、人は不安な気持ちになったり、憂鬱になったりします。このような精神的な不安を寝ている最中に、歯ぎしりという形で発散させているわけです。歯ぎしりが引き起こされないようにするには、ストレスを定期的に発散させることが重要です。そこで、自分なりにリラックスできる方法を探してみてください
    出典 :歯ぎしりとストレス
  •  

    枕を低くする、横向きで寝ない、といったことも歯ぎしり治療につながると言われています。

  • @takatounoriki 。゜(。´□`)ウワァァァン!!歯ぎしり恐るべし・・・!
    とりあえずストレス溜めないようにして、枕の高さを低くして、仰向けに寝なさいって言われた(´・ω・`)
     

    仰向けに寝た方が歯ぎしりはしないようです。

  • 歯ぎしりには入眠前の対策が大事らしい。1、お風呂は38℃前後のお湯に30分程つかる。2、寝る前に明るい光を見ない。スマホ禁止。3、合っていない高い枕はダメ。首の付け根が高くて真ん中が薄い枕が良い。あとは認知行動療法で、寝る前に「歯ぎしりをしない」と何度も唱える。…だって。
     

    高すぎたり低すぎる枕だとかえって首が凝ってしまうので、自分に合った枕選びが必要ですね。

  • 寝る直前、布団の中で「唇は閉じて、歯は離す。」と声に出して20回唱えてから寝る。効果は1ヶ月以内に現れ、歯ぎしりの回数と強さは半分以上に軽減する。
    出典 :医療法人社団 歯友会 赤羽歯科/戸田診療所
     

    暗示をかけるという方法もあるのですね。

  •  

    猫背などの悪姿勢を改善すること、アルコールを摂りすぎないこと、禁煙するなどといった日常生活の改善も歯ぎしり治療に役立つと言われています。

  • @seiya_0317 要因は「歯ぎしりや噛みしめの習慣、頬杖、猫背などの姿勢、精神的ストレス、あごの酷使、暴力的な大開口、歯の治療などにおける長時間の開口、急激な咬み合わせの変化、打撲などです。」だとよ こっから見なおそう
     

    頬杖も習慣になっている人は改善しましょう。

  • 姿勢の悪さが噛み合わせに影響するのはしってるけど最近悪化してきたらしくて前までと顎の位置が違くてかみ合わせ気持ち悪すぎて歯ぎしりしてしまう
     

    悪化する前に改善していきたいですね。

  • アルコールやニコチンが歯ぎしりの原因となっていることも考えられるので、お酒やタバコが好きな人は、できるだけ量を控えるように気をつけてみましょう。それだけで、歯ぎしりが減る可能性があります。
    出典 :睡眠中の歯ぎしりの原因と改善方法を教えます | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    飲み過ぎた夜には、歯ぎしりをしている可能性大ですよ。

  • 歯ぎしり治療としては、寝る前に快眠できるよう、リラックスした状態を作ることや、猫背を改善することなど日常生活で原因と考えられる習慣を見直すことが必要です。