皮膚の色素沈着が治らない?慢性色素性紫斑とは

慢性色素性紫斑とは、皮膚の病気で主に下肢に出来ることが多く、後に慢性化していくうちに褐色の色素斑となります。多くは中年以上の人に見られます。原因は未だ確実ではありません。一体どんな病気なのでしょうか?

view977

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 一年ぐらい前から下肢に発赤?ができて環状の紫斑(丸い紫斑・・血液が血管から漏れた状態)出血班なので押しても痕が消えない痛くも痒くもないし~その後、ちょっと離れた違う場所に環状の紫斑・・他の人から見たら、何かをぶつけて内出血を起こしている感じだと思います。よく、『痛そう~~』と言われました。
    出典 :特発性色素性紫斑になっちゃったっ | mikann room ハーブ日記。 - 楽天ブログ
     

    こんな症状が出たら慢性色素性紫斑を疑って??

  • 慢性色素性紫斑とは?

  • 両方のスネに、内出血による細かい発疹が出ます。多くの場合で、静脈瘤も一緒にあるようです。原因は足の血流不全によるもので、このため血管から血液が漏れてきます。
    出典 :保険診療 慢性色素性紫斑
  • 多くの場合中年以降にみられる下肢の点状出血、毛細血管拡張、褐色調の色素沈着で慢性の経過をたどります。やや男性に多くみられます。臨床症状によりシャンバーグ病、マヨッキー(血管拡張性環状紫斑(かんじょうしはん))、紫斑性色素性苔癬様(たいせんよう)皮膚炎の3型に分けられています。
    出典 :[Q&A] 慢性色素性紫斑 【OKWave】
  •  

    慢性色素性紫斑は皮膚の色素沈着が、多くは下肢に生じる慢性の原因不明の皮膚病です。 かゆみを伴う場合もあります。 内臓に異常が生じることはなく、予後は良好です。

  • 慢性色素性紫斑の原因

  • 何らかの血流障害が引き金になると言われていますが詳しい原因はまだ不明です。特に基礎疾患との関連はありません。
    出典 :慢性色素性紫斑 of 戸畑 土井皮ふ科クリニック
  • 真の原因は不明ですが、微小循環障害と血管壁の弱さが関係するようです。時に高血圧や静脈瘤(じょうみゃくりゅう)を合併し、これらは静脈圧の亢進が要因と推定されます。
    出典 :慢性色素性紫斑の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 慢性色素性紫斑の症状

  • 主に下腿を中心に紫色から茶褐色の点状や斑状の皮疹が広がる慢性の皮膚疾患です。高齢者に多く自覚症状はほとんどありません。
    出典 :慢性色素性紫斑 of 戸畑 土井皮ふ科クリニック
  • 基本的には下腿に多数の点状紫斑が生じ、徐々に進行して大小の紅褐色の色素斑になります。繰り返すうち、下腿、大腿、腰臀部(ようでんぶ)へと拡大していきます。全身症状は伴わず、かゆみはないことが多いようです。 シャンバーグ病では、斑と斑の間に拡張した静脈あるいは静脈瘤の存在が認められることがあります。
    出典 :慢性色素性紫斑の症状や原因など - goo ヘルスケア
  •  

    慢性色素性紫斑は別名をシャンバーグ病とも言います。

  • 慢性色素性紫斑の検査と診断

  • 出血性素因のスクリーニングテストではとくに異常をみることはありません。毛細血管の抵抗力が弱まっているのが認められますが、年齢的条件を加味する必要があります。病変部は明らかな色素の沈着を残すので、診断は比較的容易です。
    出典 :慢性色素性紫斑の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 慢性色素性紫斑の治療

  • 根治的な治療法は今のところありません。対症療法的に血管強化薬、止血薬、抗プラスミン薬などが使われます。副腎皮質ステロイド薬の外用が有効なことがあります。
    出典 :慢性色素性紫斑の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 治療は塗り薬と飲み薬です。日常の注意としては、長時間の歩行を控えてください。枕の上に足を挙げて寝ることもいいでしょう。
    出典 :保険診療 慢性色素性紫斑
  • 症状の程度に応じて非ステロイド外用、止血剤、血管強化剤等の内服を使用します。
    出典 :慢性色素性紫斑 of 戸畑 土井皮ふ科クリニック
  •  

    特に誘因なく広がることも多く慢性的な経過をたどる場合もありますので根気よく治療することが大切です。即効性のある治療はありませんが根気よく治療すれば少しずつ軽快して来ることも期待できます。