何がある?「不整脈の症状 原因」知識はしっかりつけよう!

不整脈の症状 原因は何があるのでしょう!?以外と知らない原因があるかもしれない!

view167

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不整脈の原因

  • 心臓自体に病気がある場合(例えば心筋梗塞や心筋症など)、心臓の筋肉が障害を受けていることがあると、刺激伝導系にも障害が生じ、不整脈は起こりやすくなります。
    出典 :不整脈の症状と原因|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • 心臓以外の病気(例えばホルモンや血液中の電解質イオン・自律神経系活動などのバランスが崩れるような病気の場合)でも、不整脈が合併症として現われることがあります。これは心臓が、ホルモンや血液中の電解質イオン・自律神経によって心拍数や収縮力の調整を受けているためです。
    出典 :不整脈の症状と原因|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • そのほか、高血圧の人、肺に病気がある人、甲状腺に異常がある人も、不整脈が出やすいことが分かっています。また、心臓病などの治療のために服用している薬の副作用で、不整脈を生じることもありますので、心当たりのある人は主治医やかかりつけの薬剤師に相談するとよいでしょう。
    出典 :不整脈の症状と原因|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • 不整脈の症状

  • 不整脈の症状として、まず挙げられる動悸。動悸の感じ方は人それぞれで、不整脈がなくても、動悸を訴える人もいます。脈が飛ぶ感じや、胸の不快感、きゅっとする胸の痛みとして感じることも。
    出典 :不整脈の症状・検査・診断法 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • 動悸以外の症状としては、だるさ、体力低下、運動能力の低下、ふらつき、めまい、失神などが挙げられます。なかでも失神は命にかかわる危険なサインで、血圧を維持できないほど心臓の調子が悪いときに起こります。
    出典 :不整脈の症状・検査・診断法 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • ここまで

     

    簡単に症状と原因をご説明してきました。ここまで来るとびっくりな物が多いようですが、危険な症状というものもあるので注意が必要なのです!

  • 不整脈は、規則正しい心拍のリズムが乱れてくる症状です。特に病気でない人でも日中内に数回程度の不整脈を起こしている場合があります。不整脈の中には、特に心配のないもの、そして、生命の危険を伴うものがあります。急に倒れて失神したり、激しい動悸が急に起こるものには、注意が必要です。
    出典 :不整脈:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • 心室細動は、注意すべき不整脈です。突然死を招くもので、ほんの数分の時間内に生命を失う危険もあります。数分間継続して、心室細動に移行して、生命の危機に関するタイプのものもあります。不整脈を起こしていると心臓の収縮のパターンが狂ってきて、心筋細胞に負荷をかけることになり、結果、心不全につながることもあります
    出典 :不整脈:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • 注意!

  • 不整脈を起こしていると心臓の収縮のパターンが狂ってきて、心筋細胞に負荷をかけることになり、結果、心不全につながることもあります。持病で、心筋症、心臓弁膜症、心筋炎などを持っている人は、注意が必要です。
    出典 :不整脈:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
     

    気をつけてくださいね!

  • 原因が不明な事もある!

  • 不整脈と診断されて検査を受けても、はっきりした別の病気や心臓の疾患が見つからず、不整脈の原因が不明なことがあります。この場合は、生まれつき刺激伝導系に異常がある場合や加齢によって刺激伝導系の機能の低下がおこっている可能性が疑われます。
    出典 :不整脈の症状と原因|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
  • また、高血圧や喫煙、精神的なストレスなど、心臓に負担をかけるさまざまな要因が複合的に合わさって、不整脈を悪化させている可能性も考えられます。
    出典 :不整脈の症状と原因|総合南東北病院 広報誌健康倶楽部
     

    この辺は知っておきましょう!

  • 出方としては

     

    不整脈の出方には、精神的な要素も大きく関与しています。そのため、病院では現れるがご自宅では現れない、逆にご自宅でのんびりとくつろいでいるときや安静時に現れるものなど、さまざまです。「動悸」を感じ、脈が突然、乱れた場合に、疑われる病気は色々あるので気をつけてくださいね!