いつから?「高齢出産の年齢」の基準はあるの?

高齢出産の年齢の基準なんてものはあるのでしょうか。しっかり知っておきましょう。

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 本当は何歳まで生める?

  • 「何歳まで産める?」ということを女性が今くらい気にしている時代は初めてでしょう。子供を持つかどうかの決心を先延ばしにしている人は、たいてい「35歳までには、産もう」と思っています。でも、その35という数字に何の根拠があるかと言えば、それは「35歳から高齢初産と呼ばれる」というだけの理由です。
    出典 :本当のところ何歳まで産めるの? [妊娠の基礎知識] All About
     

    高齢出産の年齢は35歳なのですね

  • 体外受精は卵子の力がストレートに反映されますが、これにより妊娠する能力は33歳くらいから下がり始めると言われています。体外受精の成功率は、33歳なら20代と同じで1回につき3割くらい妊娠しますが、40歳では1割ほどに下がります。
    出典 :本当のところ何歳まで産めるの? [妊娠の基礎知識] All About
     

    かなり確率が下がっていくのですね

  • 調査の結果では

     

    25才では3.5%ですが30代から少しずつ増え、35才では11%、40才では33%になります。不妊症の頻度のグラフですが、意外といるのがわかりますね。また、年齢も大きくかかわっているのがわかるでしょうか?

  • 高齢出産とは

  • 高齢出産とは、35歳を過ぎて初めて出産をすることを言います。高齢出産のリスクは30歳を超えた頃から徐々に高まっていくものです。加齢とともに生殖機能・内臓機能の低下、体力・筋力の低下があるため、リスクが高くなります。リスクとしては、年齢よりも個人差が関与してきます。
    出典 :高齢出産の正しい知識を身につけよう!年齢は何歳から高齢出産?-赤ちゃんの部屋
     

    個人差も激しいので、これといって基準はないようです。

  • 今の時代、5人に1人が高齢出産という時代です。 年齢にこだわり過ぎて、無用な焦りや、不安感に縛られるのではなく、自分の命より大切な宝物を授かる為、正しい知識を持ち、高齢妊娠・出産に勇気と希望を持ちましょう。
    出典 :高齢出産の正しい知識を身につけよう!年齢は何歳から高齢出産?-赤ちゃんの部屋
  • 危険!?

  • 35歳以上の妊娠・出産は、それ以前の年齢よりもトラブルが起きやすい・・・とされています。しかし、年齢問わず妊娠・出産にはトラブルがつき物。よって、一概に「高齢出産=危険」とは言えません。実際に20代でリスクを伴う出産をする人もいれば、40代以降でも若い人と同じように初産を難なくクリアする人だっています
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • かといって、油断は禁物! 高齢出産には高齢出産なりのリスク、また知っておくべき予備知識が数多くあります。それらを学び、理解することでより安全な高齢出産が臨めるでしょう。
    出典 :【どんなリスクがあるの?】 - 35歳からの高齢出産
  • 出産適齢期

  • 生物学的、肉体的適齢期は昔と変わっていません。 女性の健康を維持し、妊娠出産に不可欠な女性ホルモン分泌のピークは10代後半。とくにエストロゲン(女性ホルモン)は、17~18歳がピーク。その後、20~30歳位までは安定して分泌されていますが、30歳くらいから緩やかに下っていきます。
    出典 :高齢出産のリスク管理|プレママタウン
     

    女性ホルモンの低下は否めませんね

  • 「お産の曲がり角」でもあるのです。エストロゲンが減少すると、卵子も相応に年を重ね、デリケートになりダメージを受けやすくなります。 受精して細胞分裂していく際にエラーが起きやすくなり、流産や子供の染色体異常につながります。
    出典 :高齢出産のリスク管理|プレママタウン
  • メリット

  • 高齢で出産することはデメリットやリスクばかりではありません。 メリットもあります。高齢であるということは、若いときよりも人間的に成長しており、精神的な余裕があるからです。
    出典 :高齢出産の年齢と妊娠
  •  

    高齢になればなるほど流産や早産、妊娠合併症などのリスクが上がる傾向にはありますが、妊娠しにくくなるだけで妊娠ができないということにはならないのです。希望を捨てない。これが大切ですよ。