脂肪燃焼ビタミン!ビタミンB2を摂ろう☆

脂肪をエネルギーとして利用する時には
不可欠なビタミンなのです☆

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミンB2

  • ビタミンB2とは、リボフラビンとも呼ばれる水溶性ビタミンである。脂肪をエネルギーとして利用するときに不可欠であるため、「脂肪燃焼ビタミン」とも呼ばれている。ビタミンB2は、体内に入るとフラビンモノヌクレオチド・フラビンアデニンジヌクレオチドに変わり、補酵素として代謝に関与する。
    出典 :【ビタミンB2】 働きや推奨量と多く含む食品 | ダイエットSlism
  • ビタミンB2の働き

     

    皮膚や髪の毛、つめの健康維持
    成長促進
    脂質代謝を促進する
    片頭痛の改善
    血液循環を促進する
    などの働きがあります!

  • ビタミンB2欠乏症

  • ビタミンB2が不足すると、脂質の代謝がうまくいかず、脂質をエネルギーとして利用しにくくなります。また、肌荒れや髪のトラブルなどが起こり、口の端が腫れて切れる口角炎、唇が腫れて赤くなる口唇炎、舌が腫れて痛みを伴う舌炎など、特に口の周りの粘膜に症状が現れます。
    出典 :ビタミンB2 | 成分情報 | わかさの秘密
  • 皮膚の場合は、ベタベタとした脂性の肌になったり、ニキビや小鼻の脇などにブツブツができ、激しいかゆみを伴う脂漏性皮膚炎がみられます。 目にも症状がみられることがあり、眼精疲労や結膜炎、目の充血、まぶしさを感じる、涙が出るなどの症状が現れます。
    出典 :ビタミンB2 | 成分情報 | わかさの秘密
  • 成長促進に脂質の分解

  • 成長の促進に関与
    ビタミンB2は成長に必要なエネルギーの代謝に関わっているため、正常な成長の促進には欠かせない栄養素の1つです。成長期の子供や妊婦は特に十分な摂取がもとめられます。
    出典 :ビタミンB2の効能
  • 過酸化脂質の分解

     

    ビタミンB2は過酸化脂質を分解するグルタチオンやグルタチオンペルオキシターゼの働きを助ける酵素であるグルタチオン還元酵素の補酵素として過酸化脂質の分解に関わります
    過酸化脂質とは細胞膜内の不飽和脂肪酸が活性酸素により酸化して出来るもので、これにより細胞膜は傷つけられ、さらに隣り合う細胞膜へと連鎖的に酸化が続いていくのです!
    過酸化脂質は動脈硬化や心筋梗塞などの原因のひとつとしても問題視されている物質です・・・

  • 不足と過敏

  • ビタミンB2が不足すると、口唇炎や口角炎、皮膚炎、咽頭炎などを起こす可能性がある。
    また、皮膚の新陳代謝が悪くなる。ビタミンB2は、脂質代謝や糖質代謝に必要な補酵素に変換されるため、不足すると脂質・糖質代謝が阻害される。
    出典 :【ビタミンB2】 働きや推奨量と多く含む食品 | ダイエットSlism
  • ビタミンB2を過剰に(1日に400mg程度)摂取すると、下痢などの症状を起こす可能性があるとも言われているが、日本人の食事摂取基準によると3か月間の投与実験においても副作用は確認できず、耐容上限量は設定されていない。
    出典 :【ビタミンB2】 働きや推奨量と多く含む食品 | ダイエットSlism
     

    過剰にとっても尿で排出されるようです!

  • ダイエット

  • ビタミンB2は、脂肪酸の分解の際に補酵素として働く。脂質代謝には、さまざまなビタミンが関与しているが、ビタミンB2は特に重要な役割を果たしており、脂質代謝に必要不可欠な成分であるため、「脂質代謝のビタミン(脂肪燃焼ビタミン)」と呼ばれているのである。
    出典 :【ビタミンB2】 働きや推奨量と多く含む食品 | ダイエットSlism
  • ビタミンB2を多く含む食品の例
    内蔵に多いビタミンB2 レバー  ビタミンB2を多く含む主な食品は次の通り。
    レバーなどの内臓に多く含まれている。
    出典 :【ビタミンB2】 働きや推奨量と多く含む食品 | ダイエットSlism