ヘルペスウイルスの治療のまとめ

ヘルペスウイルスの治療方法についてまとめました。一度症状が出てしまうと、何度も発症しやすいともいいますが、治療は簡単にできるのか調べてみました。

view265

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヘルペスウイルスとは?

  • 私達が一般的にヘルペスと呼んでいるのは、口唇ヘルペスになる単純ヘルペスウイルス1型または性器ヘルペスの単純ヘルペスウイルス2型のことです。

  • ヘルペスウイルスはとても身近なもの

  • ヘルペスは良く見られるウイルスで日本人でも多くの方が感染しているといわれています。症状が出る人は少なく、普段は何も無ければ治療する必要はありません。

  • 「ヘルペス」は誰もが感染している一般的なウイルスです。たとえば、水ぼうそうはほとんどの人が子供のころにかかったことがあるでしょう。
    ヘルペスウイルスは、感染していても普段は症状が出ない人も多いのです。
    出典 :ヘルペスウイルスの基本|ヘルペス情報サイト
     

    こんなにもウイルスを保有しているんですね。

  • ヘルペスウイルスの治療

  • 抗ヘルペス薬

     

    症状が出たら抗ヘルペス薬で治療します。薬には塗り薬や飲み薬があります。

  • ヘルペスの飲み薬

     

    ヘルペスウイルスは体内に潜伏しているため、増殖を防ぐためには飲み薬で体内から防ぐことが重要だといわれています。

  • 口唇ヘルペスなら市販薬が利用できる

     

    市販薬には口唇ヘルペス用の塗り薬が出ています。病院に行く暇が無いときには利用してみるのもよいですね。

  • ウイルスの増殖の条件からみると単純ヘルペスと水痘・帯状疱疹ウイルスは似ているので、同じ抗ウイルス剤が有効。抗ウイルス剤は内服、点滴、外用薬の剤型があります。内服の抗ヘルペス剤は病院の受診が必要な処方薬。口唇ヘルペスに対しては、抗ウイルス剤を含む外用薬が市販されています。
    出典 :ヘルペスの特徴・症状・治療法 [感染症] All About
     

    症状がひどい時には点滴も利用されます。

  • 再発を防ぐには免疫力を下げない

  • ヘルペスの再発は免疫力が低下したときに

     

    普段から免疫力が下がらない工夫も有効です。

  • アルギニンはヘルペスウイルスの増殖を促進する働き、リジンはアルギニンに拮抗して増殖を抑制する働きがあると推定されます。アルギニンは肝臓での尿素の代謝に関係しているため、体内に大量にあり、ヘルペスを増殖させるからと言って、この量を減らすことはできません。
    出典 :ヘルペスの特徴・症状・治療法 [感染症] All About
     

    アミノ酸のリジンという成分が関係している可能性もあるわけですね。

  • ビダラビン

     

    ヘルペスの外用薬として使われている薬です。初期の頃に塗ると効果的です。

  • 口唇ヘルペスは神経細胞内にもウイルスが増殖しているため、外用薬で皮膚や粘膜の病変だけを抑えることに加え、内服薬で神経節のウイルスの増殖を抑えます。内服薬は予兆が出た段階で服用すると回復が早いだけでなく、神経節に戻るウイルス量が減って再発しにくくなります。
    出典 :ヘルペス | 口唇ヘルペスの治療法は? : 病気・症状- セルフドクターネット
     

    早めに治療を開始することで治癒しやすくなります。