なぜスイーツは別腹できるのか?

おなかいっぱい食べたのに、デザートに甘いものを別腹で食べる。どうして、別腹ができるのでしょうか?

view32

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • エール大学のニスベット氏は女性が甘いものが好きなのは、赤ちゃんの頃に既に形成されていると報告しています。
    普通のミルクに砂糖を入れて甘くして飲ませたところ、男の赤ちゃんより、女の赤ちゃんのほうが甘いミルクを好んでよく飲んだそうです。

    また生まれたてのメスのラットに男性ホルモンを投与すると、思春期以降甘いものが好きではなくなるそうです。
    逆に生まれたてのオスのラットの精巣を摘出して男性ホルモンの分泌を止めると、思春期以降、甘い物好きになるそうです。

    卵巣ホルモンから分泌されるエストロゲンとプロゲステロンがバランスよく働いていると、甘いものへの思考が強まります。

    女性がスイーツ好きなのは女性ホルモンの作用によると考えられます。

    また、米山公啓氏は、女性は出産・育児という使命があるから、飢餓に備えて皮下脂肪をつけておく必要があった。それが現在も続いている。と述べています。

    さてさて、ついついスイーツに手が伸びる女性諸君!これで納得できましたか?!