夏のフルーツ「バナナ」「オレンジ」「キウイフルーツ」「スイカ」はダイエット中の人にこそオススメ!

ダイエット中は何かと口寂しくなったり、甘いものが欲しくなったりするもの。暑い夏に無理な食事制限は夏バテや熱中症の元にもなる。そんな時、ダイエットの邪魔をせず体を健康に保ってくれるのが夏のフルーツ!食物繊維も豊富で新陳代謝を落とさず、しかも低カロリーでまさにダイエットにもってこいの食べものです。

view391

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フルーツがダイエットにとって、味方なのか、敵なのか。それはダイエッ法によって解釈が異なるようです。しかし、甘いものを我慢して生成された炭水化物を摂取するよりは、フルーツを摂取した方がより自然で健康的ではないでしょうか。また、夏の熱さや冷房による冷えすぎによる体調不良もフルーツのビタミンやミネラルが改善してくれるでしょう。夏こそ、栄養豊富なフルーツを摂取してダイエットを成功させましょう。

  • ダイエットの定番フルーツ、バナナ

  • バナナ

     

    一時、朝にバナナを食べるという朝バナナダイエットが流行りました。当時、いろいろな健康効果が報道され、バナナが新たに見直されました。

  • 100gのバナナ(およそ1本分)には、ビタミンCが 16mg含まれています。これはりんご100g(約1/2個分)の4倍以上。またビタミンB1やB2、ナイアシンなどのビタミンB群が豊富です。ビタミンB群は補酵素として代謝に関与するビタミンで、糖質やたんぱく質が体内で代謝され、エネルギーになるときに必要とされます。
    出典 :バナナの効能
  • β-カロテンやビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンC、カリウム、食物繊維であるペクチン、オリゴ糖、タンニンなどのポリフェノール、アミノ酸なども豊富に含まれています。オリゴ糖とは、ブドウ糖や果糖などの単糖類が結合した糖...で「おなかの調子を整える食品」...成分でもあります。
    出典 :バナナ | 成分情報 | わかさの秘密
  • タンニンなどのポリフェノールやβ-カロテン、ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持っています。抗酸化作用とは、紫外線や喫煙、ストレスなど生活の様々な場面で発生する活性酸素を除去し、体が酸化することを防ぐ働きのことです。
    出典 :バナナ | 成分情報 | わかさの秘密
  • マグネシウムにはカリウムと同様、血圧を調整する働きがあり、骨の主要な構成成分でもあります。マグネシウムは主に海草類、豆類などに多く含まれるミネラルですが、実はバナナにも多く含まれています。
    出典 :バナナの効能
  • バナナには食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維はご存知のとおり、便秘を解消し、腸をスッキリきれいにしてくれます。便秘はお肌に悪いばかりでなく、大腸ガンなど恐しい病気の原因となります。
    出典 :引用の出典元を入力バナナの効能
  • バナナに含まれるトリプトファンはセロトニンの合成材料となります。セロトニンには、脳の働きを活性化し、集中力を高め...さらに、イライラを鎮める効果があるビタミンCや、唯一脳のエネルギー源となるブドウ糖が豊富に含まれているため、バナナには集中力を高める効果が期待できます。
    出典 :バナナ | 成分情報 | わかさの秘密
  • さすがに一世を風靡したバナナだけあって、栄養価は非常に高く、また手軽に食べられるという魅力も大きいです。バナナはもともと南国の食べ物なので、夏に積極的に摂取したい果物の一つです。しかし、バナナの水分の少なさが気になる、という人も多いのではないでしょうか。そのような方の為に、次のページからは水分の多いフルーツを紹介していきます。

  • フルーツの女王、キウイフルーツ

  • キウイフルーツ

     

    いつのまにか、フルーツの女王になったキウイフルーツ。ビタミンCが豊富なことと食物繊維が豊富なことで人気があります。朝、水分の少ないバナナを食べるのが辛い人でも、キウイフルーツなら食べられるのではないでしょうか。

  • キウイ栄養価でいちばん目立つのは、なんといってもビタミンCが豊富に含まれていることです。100g中約80mgも含まれていて、これはイチゴに匹敵します。良質の食物繊維であるペクチンも多く含まれ、カリウム、ビタミンEも含有されています。
    出典 :キウイフルーツの栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物
  • 常食すれば、シミ、ソバカスなどの予防に役立ちます。毎日、数十本のタバコを吸うというヘビースモーカーは、ビタミンCが欠乏しがちなので常食することをお勧めします。疲労回復や、風邪予防、風邪をひいて熱があるときの栄養補給などにも適したフルーツです。
    出典 :キウイフルーツの栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物
  • これはキウイフルーツに含まれるタンパク質分解酵素です。...また、キウイを使ったゼリーが固まらないのも、このアクチニジンが原因です。その他には、乳製品と混ぜると苦味が発生するのは、乳タンパク質に対してアクチニジンが影響しているということが知られています。
    出典 :キウイ☆フルーツ
  • 世界で愛されるフルーツ、王者オレンジ

  • オレンジは甘い香りとジューシーな味わいが世界中で愛されている柑橘類の王様です。栄養的にはなんといってもビタミンCが抜群に多いことがよく知られていて、2個で1日のビタミンCの必要量を補えるほどです。その他、カロテンやビタミンB,カルシウムなど、大切な栄養素が多く含まれています
    出典 :オレンジの新栄養学 [コラム集] - Dole Japan, Inc.
  • オレンジはアメリカ国立がん研究所が発表した「がん予防に効果のある食品リスト」にも入っています。...抗酸化作用のあるビタミンCと並んで、このβ クリプトキサンチンも効果を発揮...β クリプトキサンチンは...加工しても損失しないので、皮も使うマーマレードなどにしてもたっぷりとることができます。
    出典 :オレンジの新栄養学 [コラム集] - Dole Japan, Inc.
  • カロテノイド色素の一つである「β クリプトキサンチン」という成分です。これはオレンジの色のもとになっている成分で、がんや生活習慣病の原因になる活性酸素をやっつけてくれる強い抗酸化作用があることで注目を集めています。ある研究ではβ クリプトキサンチンの抗酸化作用はβ カロテンの5倍の力があると報告されています。
    出典 :オレンジの新栄養学 [コラム集] - Dole Japan, Inc.
  • オレンジにはビタミンCが豊富に含まれているので、風邪予防や美容効果によいとされます。また、クエン酸も多いので疲労回復にも役立つでしょう。
    出典 :オレンジのページ
  • 平安時代から愛される日本のこころ、スイカ

  • スイカ

     

    日本では平安時代から親しまれている果物。近年、健康に有用な成分が多くあることが知られ、見直されつつあるフルーツです。

  • ウォーターメロンとも呼ばれるスイカは、その90%が水分、10%が糖分という、大変みずみずしい食べ物ですが、もちろんその中には様々な成分が含まれています。注目されている成分がリコピン、カリウム、シトルリンと三つあり、もちろんこの他にもたくさんのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。主な成分を紹介していきましょう。
    出典 :西瓜の成分と栄養 【スイカにチャレンジ!】
  • 西瓜は腎臓の薬で、結石の出来やすい人は出来るだけ食べて尿を沢山出すのがよいです。また古くからいわれている新陳代謝をよくし、利尿効果を有することをあわせて考えると、体調をととのえスタミナを補う効果が強調されます。
    出典 :スイカの栄養価、薬効
  • すいかは昔から腎臓病の妙薬として知られてきました。これはすいかに体のむくみを取り 除く作用、つまり利尿作用があるためです。むくみは腎臓病ばかりでなく、心臓病や高血 圧からくる場合があります。
    ...すいかには体内の水分を排泄する働きがあ るので、むくみには絶大な効果を発揮します。
    出典 :身体に効く栄養成分•食材•調理法