やった!妊娠したかも!妊娠超初期症状のまとめ

最近では妊娠したばかりの超初期であっても、手軽に薬局などで手に入る妊娠検査薬を使う事で妊娠している可能性があることを知ることが出来てしまいます。妊娠を望んでいる人にとっては、このような、妊娠したかもしれない超初期の状態が気になって落ち着いていられません!体験をもとに様々な症状をまとめてみました!

view82

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに。

  • 妊娠や出産に関しての体験談はたくさんありますが、それらがご自信にあてはまるかどうかは実際そのようになってみないと分からないものです。ここにまとめた内容は、あくまでも先輩ママの体験談なので、参考にされる程度に留めておいてくださいね!

  • 高温期が続いていたら期待したい!!

  •  

    妊娠を希望されている人の多くが、基礎体温を測定されています。この基礎体温というのは、朝起きて体を動かす前に、横になったまま口内(舌の付け根あたり)で測定する体温のことです。女性ホルモンの分泌によって、排卵をした後から体温が上昇し、14日以上続くと妊娠した可能性が高くなると言われています。(ただし、ホルモンバランスなどによっては、数値に誤差が生じる場合もありますので、あくまでも目安で利用するといいでしょう。)

  • 妊娠した時は高温期が二段階に上昇する基礎体温グラフになる場合が多いようですね。そして、生理予定日あたりになっても、高温の体温を維持し続けるグラフになります。

  • いつから感じる?妊娠初期の体の違和感。

  • 基本的には4週目くらいから始まるそうですが、中には、全く症状が出ずに、生理の遅れで気づく人もいます。
    出典 :妊娠初期症状
     

    仕事などで忙しくされていると気付かないこともあるくらい、ささいな症状ではありますが、妊娠を望んでいる場合は自分の体をチェックしていることが多いので、気付く場合も多くなりますね。

  • 妊娠の初期症状と生理前の症状はとても似ています。乳房の張り、倦怠感、体のこり、頭痛、眠気、下痢など妊娠初期にも生理前にもこのような症状が出ます。
    出典 :妊娠初期症状
     

    生理前になるといつも体に不調を感じる人は多く居ますが、やはり妊娠されたみなさんにも、生理予定日のこの時期、何らかの症状が現れてくることがよくあります。ただし、妊娠している場合には、始めはいつもと同じの生理前と思っていても、徐々に生理前とは違う「何か」を感じられると思います。例えば、胸の張りがいつもとは違って固く感じられたり、痛みを伴ったりする場合や、きりきりとした下腹部の痛みが何度も感じられることなどがある場合は、期待できそうですね。

  • 超初期症状が知りたい!

  •  

    オセロの松嶋さんも、妊娠の体調不良のために妊娠初期から公表していましたのが記憶に新しいですね。妊娠がわかったらあまり無理をされないようにしましょう。妊娠超初期の症状は一般的にはどんなことがあるのか、代表的な症状を調べてみました。

  • とにかく眠い・・気付くと眠ってしまっている!!

  • •なぜ眠くなるのか心当たりがない
    •前触れなく突然眠くなる
    •通常とは比較にならないほど眠い
    出典 :妊娠の初期症状6〜急な眠気、異常に眠い
     

    あれ?今寝てた?ってくらい、急に目が開けてられなくなって、所構わずに眠くなってしまうことが多くなります。風邪をひいた時のように体がだるくて、すぐに疲れてしまうこともありますよ。妊娠を望まれている場合、きちんと調べるまで薬は控えてくださいね。

  • 痛いと感じることが増える!

  • •乳房が張って痛む
    •乳首が敏感になる
    →乳首が立ってきたり、衣服に擦れただけでチクチクと傷むことも
    •胸や乳首がかゆくなる
    •乳輪に白っぽいプツプツした発疹ができる
    出典 :妊娠の初期症状4〜胸の違和感(張り、痛み、かゆみ、発疹、敏感になる)
     

    女性ホルモンのバランスが増えて、胸の張りが気になってきます。衣服で擦れるなんてこと、普通に生活していただけではあまり考えられませんよね。実際に妊娠すると、シャワーが当たっただけでも痛いと感じる場合もあるくらい、敏感になってきます。

  • •下腹部が張る
    •下腹部の痛み
    →子宮や恥骨のあたりにチクチクした痛みや鈍痛を感じる
    •トイレが近くなる「頻尿(ひんにょう)」
    •便がたまる「便秘(べんぴ)」
    →逆に下痢になることも
    •胃痛、腰痛
    出典 :妊娠の初期症状5〜頻尿・便秘・下腹部の痛みなど
     

    いつもは平気な人が、つわりの初期症状とも言える胃腸に不快な症状が出てきておなかを下しやすくなったり、受精卵の着床が進んでいくと下腹部の子宮のあたりが突っ張ったり、チクチクやキリキリと痛むことがあります。結構痛いと感じる割合が多く、不安に感じることもありますが、通常はずっと続くわけではなく、時々痛むくらいなのでそんなに心配しなくても大丈夫です。ただし、冷や汗をかく位の強烈な痛みや、出血が見られる場合は、迷いを捨ててすぐに産婦人科の医師へ相談するべきです。

  •  

    少しでも体調に違和感を感じる場合、妊娠の有無に関わらず、ストレスを感じないようにゆったりと過ごすことが大切です。