妊婦の腰痛対策を知っておこう!

妊婦の腰痛には理由があります。腰痛の原因と改善法を知って、少しでも痛みをやわらげ、妊婦生活を楽しみましょう!

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の腰痛の原因

  • 原因の1つには、ホルモンの影響があります。

  • 妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりません。骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように作用するのが、このリラキシンというホルモンです。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • 靭帯が緩むと関節が不安定になり、普段以上に負担がかかってしまいますので、腰痛を引き起こしてしまいます。

  • リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があるということになります。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • もう1つは、お腹が大きくなって重心が前に傾くため、姿勢が変化することから腰痛が引き起こされます。

  • 妊娠中の体重増加により腰への負担が増えます。また、お腹が出てくることで身体のバランスは前方に重みがかかり、前に倒れそうになる・つんのめりそうになる姿勢を身体は自然にバランスをとって守ろうとするため背骨がくの字に湾曲します。このため、椎間板などに負担がかかって神経を圧迫し腰痛を引き起こします。
    出典 :【腰痛】- 妊娠to安産.com
  • 妊娠中の腰痛

     

    妊婦の多くが悩まされます。

  • 妊婦の腰痛の改善法

  • 腰痛解消法としては、まず運動が挙げられます。
    ウォーキング、水泳、マタニティヨガ、ストレッチなどを行います。
    呼吸をしながら、ゆっくり体を動かすのが基本です。
    出典 :妊婦必見!妊娠時の腰痛の改善方法と注意点
  • 腰痛を予防するには腰や背中の筋肉を鍛え、赤ちゃんの重みにも耐えられるようにすることです。痛みが軽い時に運動や体操などで筋力をつけましょう。すでに痛みがひどい時は、無理に運動することは止めましょう。
    出典 :妊娠中の腰痛対策と恥骨痛対策-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 腰痛予防に運動を

     

    運動不足で背中や腰の筋力が弱り、腰痛が悪化してしまうこともあります。動けるなら、適度な運動をしましょう。

  • 病院で推奨しているような、妊婦さん用のサポートベルト・帯などもあります。そういったアイテムを利用することで、関節の不安定性をサポートし、腰痛予防や痛みが緩和するケースもあります。
    出典 :妊娠中の腰痛の原因と改善法 [腰痛] All About
  • 腰痛で夜も眠れないという人は、楽な姿勢を見つけるようにしましょう。

  • 腰痛の時に、腰に負担がかからず楽に眠れる姿勢として、横向きや足を高くして眠る方法があります。
    丸めたバスタオルやクッションを太ももの間に挟んで横向きに寝たり、あお向け寝の場合は、膝の下にクッションや丸めたバスタオルを置いて足を高くして眠ると楽です。
    出典 :【腰痛】- 妊娠to安産.com
  • 多くの妊婦が腰痛に悩まされますが、もともと腰痛ではなかった人なら、ほとんどが出産後に治るそうです。