覚えておこう!カンガルーケアの危険性☆

良いと聞くカンガルーケアにももちろん
危険性はあるのです!!!

view351

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カンガルーケア

  • カンガルーケアとは、直接肌と肌を合わせて赤ちゃんを縦抱きにし、上から掛け物をする方法。もともとは伝統的な育児方法ですが、南米はコロンビアのボゴダという町の病院で保育器不足を補うために導入され、注目されました。
    出典 :カンガルーケアって危ないの? [出産の基礎知識] All About
     

    良し悪しですね!

  • 「カンガルーケア」とは、生まれたばかりの裸のままの赤ちゃんを母親の乳房の間に抱いて肌を合わせて体温を感じる時間をつくる保育法です。おなかの中に赤ちゃんを入れて育てるカンガルーの親子を連想することからこの名がつきました。
    出典 :カンガルーケア [チビタスキーワード] All About
  • 事故が相次いでいる

  • 生まれたばかりの赤ちゃんを母親が胸元で抱っこする「カンガルーケア」の最中に赤ちゃんが低体温状態に陥り、けいれんをおこしたり呼吸が止まったりする事故が相次いでいる。母乳育児の促進などに有効とされ、多くの医療機関で導入されているが、施設によっては事前説明もせず、実施中の見守り態勢がずさんなところもある。
    出典 :生まれて1時間前後のカンガルーケアーは実は危険|日本のお姉さん
  • 同市の男性会社員(44)と主婦(45)が授かった初めての男の子(3156グラム)。2人とも無事の出産に胸をなでおろし、喜びをかみしめた。助産師は手際よく男児の身長や体重の計測を終え、主婦に「体に密着させて」と抱かせた。
    出典 :生まれて1時間前後のカンガルーケアーは実は危険|日本のお姉さん
     

    その後どんどん状態が悪くなって命を落としたという事件があったのです

  • 他の件も

  • 倉敷中央病院では、カンガルーケアを導入するときに勉強会を重ね、危険防止についての申し合わせをしました。その際、カンガルーケアの最中にはお母さんと赤ちゃんから目を離さないようにしなければ、とみんなで話したそうです。
    出典 :2/5 カンガルーケアって危ないの? [出産の基礎知識] All About
  • しかし、最初に搬送されてきた赤ちゃんの場合、異変に最初に気づいたのはお母さんでした。その時、助産師さんは赤ちゃんのそばを離れていたそうです。この赤ちゃんは、命は助かりました。しかし、呼びかけても反応がない状態が続いているといいます。
    出典 :2/5 カンガルーケアって危ないの? [出産の基礎知識] All About
  • 赤ちゃんがうつぶせ寝になるから

  • 「問題のひとつは姿勢かもしれない」と渡部医師は言います。カンガルーケアは本来お母さんが上半身を起こしておこなうもので、NICUではお母さんはリクライニングチェアを使っています。ところが、日本の分娩室でおこなわれているカンガルーケアは、お母さんが分娩台上で水平に(真っ平らに)寝ていることが多いのです。
    出典 :4/5 カンガルーケアって危ないの? [出産の基礎知識] All About
  • 引用:http://allabout.co.jp/gm/gc/188783/4/

     

    お母さんが水平に寝てカンガルーケアをすると
    赤ちゃんが「うつぶせ寝」になってしまいます
    うつ伏せ寝は、赤ちゃんが理由もわからず
    突然に亡くなる乳幼児突然死症候群を起こしやすい
    という事がわかっているそうなのです!

  • しかし確率は同じという話もある

  • 以前の記事の繰り返しになりますが、誤解しないでいただきたいのは、生まれて間もない新生児は呼吸や血液がめぐる臓器の順番が大きく変化するので、もともと不安定なのです。早期母子接触をしてもしなくても新生児のその後の状態は同じで、つまり早期母子接触をしなくても同じ確率で新生児の急変が起こっているのです
    出典 :カンガルーケア、誤解しないで
  • 出産後24時間は特に注意

     

    とにかく、出産は産まれて終わりではなく
    母体も赤ちゃんも直後から24時間くらいは
    急変することが十分あり得るということを
    知っておきましょうね!