気になるそれ!「骨肉腫の痛み」かも知れませんよ!?知識をつけよう!

膝の痛みは骨肉腫の痛みかもしれません。どんな痛みかしって治療しましょう!

view1578

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨肉腫とは

  • 骨肉腫とは 骨組織に原発する悪性腫瘍で、直接型骨(骨組織の組成要因で基質とファイバーからなるもの)、あるいは骨組織(骨組織の結成要素でリン酸カルシウムで作られている一つ)を生成する悪性腫瘍です。骨原発性悪性腫瘍のなかでは最も頻度数が高い腫瘍です。
    出典 :骨肉腫 初期症状 膝
     

    意外と頻度が高いのです!

  • この骨肉腫の

     

    発生部位のほとんどが膝と言われています。これは大体の割合ですが60%位が膝に出来る骨肉腫だと言われているのです。腫瘍が出現する部位の腫れものと苦痛が伴う結果となってしまうのです。

  • 骨肉腫の痛みは

  • 症状としては、骨肉腫患者のほとんどが骨の痛みが症状として現れます。骨の痛みといっても強い痛みではなく、運動中や運動後になんとなくかすかに痛む程度の軽いものです。ある程度進行してくると、ズキズキと痛むようになり、患部が腫れたり熱を持ったりすることもあります。
    出典 :骨肉腫とは・骨肉腫の基礎知識を解説!
     

    熱をもっているため湿布だけですませてしまう人も・・・

  • 膝の痛みや、それに関連する症状として、以下のような特徴が見られる場合は骨肉腫が発症している可能性があります。•運動時に膝に軽い痛みを感じる•膝が腫れる。熱感を持つこともある
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『骨肉腫(こつにくしゅ)』について
  • 骨肉腫が発生した初期はほとんど痛みもなく、やや症状が進むと跳んだり走ったりした時に軽い痛みや腫れが見られ、安静にすると治まります。症状が悪化するにつれて痛みが大きくなり、安静時でも痛むようになります。
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『骨肉腫(こつにくしゅ)』について
     

    最初に痛みが無いので注意しましょう。

  • 年齢で変わる?

  • 人口100万人あたり、1年間に3人の頻度で発生する非常に珍しい悪性腫瘍です。あらゆる年齢に発生することが知られています。10歳代が60%で、20歳代が15%を占め大部分が若年者です。しかしながら高齢者にも発生することがあり、注意が必要です。女性より男性の発生が若干多い腫瘍です。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
     

    女性より多いのですね。

  • 水道水に加えられているフッ素が原因とする説がありますが、日本ではフッ素は加えられていないため無関係です。それ以外は原因不明の悪性腫瘍です。
    出典 :骨肉腫の症状・診断・治療・予後 [骨・筋肉・関節の病気] All About
  • 進行すると

  • 腫瘍が出現する部位のはれ物と苦痛です。通常痛みは伴いませんが、腫瘍が膨脹し外辺の臓器、神経を強圧するようになると軽いの痛みが突発します。進行したケース、激痛となります。
    出典 :骨肉腫 初期症状 膝
  • 多数のケースは立ち上がり動作や段段昇降など、膝を曲げて体重がかかった時に痛みが生じます。時に発赤が生じ、いわゆる「水が蓄積」様態に為る事があります。これを関節水腫と言います。「水を抜き出す事クセになる」とか言われていますがそんな事はありません
    出典 :骨肉腫 初期症状 膝
  • 骨肉腫の予後は

     

    基本的に生存率は30%~40%程度と言われていました。今では50%以上にまで上がっており諦めるのは早いと言われています。しっかりと治療はするべきでしょう。

  • 手術を行った人の5年後の生存率は、他の臓器への転移が見られなかった人で約50%、腕や脚を切断しなかった人では約70%となっています。病気の進行前に治療することができれば生存率は大分高くなります。
    出典 :膝の痛みの原因 〜 『骨肉腫(こつにくしゅ)』について
  • 以前は骨肉腫患者のほとんどが、1~2年で死亡していた不治の病であるといわれていましたが、現在では抗がん剤など医学の進歩により、発見時に転移を起こしていなければ、約半数以上の患者が治すことができています
    出典 :骨肉腫とは・骨肉腫の基礎知識を解説!
  • 人工骨や骨の移植といった再建技術の進歩により、骨肉腫患者の大半が、腕や脚などを切断せず四肢を温存できるようにもなってきました
    出典 :骨肉腫とは・骨肉腫の基礎知識を解説!