捻挫(ねんざ)や骨折ではない足首の痛みと腫れ?!原因は関節リウマチかも知れません!

捻挫(ねんざ)や骨折をした覚えがないのに、足首の痛みと腫れがある場合は関節リウマチかも知れません。関節リウマチは高齢者がなるという印象がありますが、実は若い人でもなる病気です。病気に気が付くきっかけは朝の関節のこわばりが多いそうです。

view227

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足首が痛い、捻挫?骨折?

  • 足首の痛み、捻挫?骨折?

     

    足首が痛くなる場合、もっとも多いのは捻挫や骨折です。ひねったり、ぶつけたり、じゃんぷしたりしたときに、瞬間的に強い負荷を足首周辺のすじや骨にかけてしまうことで痛みが発生します。

  • ひねったり、じゃんぷしたあとに足首が痛くなったり、腫れたりした場合には、捻挫(ねんざ)や骨折のことが多いようです。このように、明らかに足首が痛くなる原因がわかっている場合は比較的処置も簡単です。基本的には捻挫も骨折の場合も痛めた箇所を固定して、すじや骨が治るのを待ちます。その後、足首の痛みと腫れが引いたら、固定して衰えた筋肉を鍛えたり、関節を少しずつ動かしていきます。
    軽い捻挫だからと放置してしまう人が多いようですが、捻挫の場合も骨折と同様にできれば整形外科などにいって、きちんと固定してもらうことをおすすめします。なぜなら、正しい位置で固定して治さないと、その後、捻挫が癖ついてしまったり、正座をするときに足首に痛みが出たりする場合があるからです。

  • ひねったあと...ジャンプしたあと痛い、腫れた
    出典 :どこが痛いの?症状チェック|整形外科はせべ医院
  • 捻挫...骨と骨をつなぐすじが切れ内出血し、腫れや痛みが出現します。...固定をし、すじが治るのを待ちます。
    出典 :どこが痛いの?症状チェック|整形外科はせべ医院
  • 足関節の捻挫にはいろいろな程度があります。...受傷直後は、...冷やしたり、固定をしたりして安静をたもちますが、ある程度時間がたってくると、少し腫れが残っていても、少しずつ足関節を動かす練習をしたり、足関節の回りの筋肉を鍛えたりします。
    出典 :よくある質問 | のだ整形外科クリニック
  • 骨折...骨が折れ、激しい痛みや強い腫れが出現します。シーネ、ギブス固定をし、レントゲンを撮りながら骨がつくのを待ちます。
    出典 :どこが痛いの?症状チェック|整形外科はせべ医院
  • 覚えなのない関節の腫れや痛み

  • 朝から、手足の関節が動かしにくい?

     

    とくに、ぶつけたり、ひねったわけでもないのに、朝から関節が動かしにくいと感じたり、痛みがある場合は注意が必要です。そのような症状が数週間も続く場合、関節リウマチを疑いましょう。

  • ひねったり、ぶつけた覚えがないにも関わらず、朝から手首や足首にこわばりを感じたり、痛みを感じたら注意が必要です。一度や二度、そのような症状が出ても問題はないでしょう。しかし、毎朝、手足の動かしにくさを感じるようなら、日常生活に支障はなくても、整形外科などに相談した方がよいかも知れません。そのような症状は関節リウマチという病気の初期症状である場合が多いからです。
    自覚症状として、手足の関節に痛みを感じたり、腫れてくることがあります。また、痛みの発生は左右同時にでることもあれば、片方にだけ出ることもあります。そのとき、痛みの程度が変化したり、発生する部位が変わり、症状が固定しないために病院に行くのが遅れがちになるようです。しかしながら、多くの病気がそうであるように、関節リウマチの場合も初期に対処すれば早めに治る可能性が高くなります。

  • 朝、起きた時に手の指が動かしにくくて、こわばることはありませんか?
    出典 :関節リウマチは早期治療がポイント。「朝のこわばり」は要注意!|広島リウマチ・内科クリニック|山西裕司 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
  • 「朝のこわばり」から、関節リウマチに気付くことが多いと言います。
    出典 :関節リウマチは早期治療がポイント。「朝のこわばり」は要注意!|広島リウマチ・内科クリニック|山西裕司 先生|広島ドクターズ(広島の先生に聞いた病気や症状 治療・予防・病院情報)
  • 初期症状としては、手首・手指の腫れや痛み、足首・足趾の腫れや痛みです。両方に起きることもあれば、片方だけのこともあります。
    出典 :リウマチクリニック | ひがしはら整形外科リウマチクリニック|泉佐野市・貝塚市
  • さらに、関節リウマチを高齢者がなる病気だと思っている人も多いそうですが、実は若い人にもみられる病気です。とくに、女性の場合は、20代から発症する人も多いそうです。我慢出来る痛みだからと我慢していると症状が進んでしまい、病気がわかった頃には、症状がよくなるまでに長い期間が必要になる可能性もあります。
    この関節リウマチは、発症することですぐに亡くなるということはありませんが、徐々に日常生活に支障をきたしたり、関節の変形や内臓疾患となる場合もあります。すぐに生命の危険がありませんが、長い時間をかけて、徐々に悪化する病気という性質から死ぬよりも辛いと思う時期が長く続くこともあるようです。

  • 関節リウマチ(RA)は、多発性関節炎のため、手の指や手首、肘、膝、足首、足の指などいくつもの関節が腫れて痛む病気です。
    出典 :宇都宮の関節痛専門医院 | でいリウマチ科内科クリニックです
  • 関節リウマチは身近な難病で...全身の関節に炎症をきたし、進行性の関節破壊により日常生活ができなくなり、内臓病変を合併すれば生命予後の悪化につながります。
    出典 :世田谷区 祖師ヶ谷大蔵 つかもと整形外科医院 | リウマチ科
  • 難病、関節リウマチの治療方法は?

  • 鍼灸や温熱療法で改善例

     

    関節リウマチの患者さんが、鍼灸治療や温熱療法を受けることで、免疫機能が向上し、症状が改善する場合があるそうです。

  • 関節リウマチは難病とされています。その理由は現在までに、その原因や病気のメカニズムなどが完全にはわかっておらず、そのため、有効な治療法も確立されていないからです。
    しかし、病気について何もわかっていないというとはなく、自己免疫疾患である可能性が高いことは指摘されています。そのため、アレルギーに効果的な代替治療によって症状が改善する人もいるようです。例えば、特定の食品の摂取をやめたり、あるいは逆に摂取したり、また鍼灸治療や温熱治療によって免疫力を高めたりすることで症状がほとんと出なくなったという症例も少なくないようです。

  • 関節リウマチは、...原因については現在のところ、完全な解明には至っておりません...
    出典 :宇都宮の関節痛専門医院 | でいリウマチ科内科クリニックです
  • しかし長年による研究の結果、原因の一旦として、...免疫機構が異常をきたすことによって、自身の組織を「異物」と誤って認識してしまい、...炎症反応が表れることが分っています。
    出典 :宇都宮の関節痛専門医院 | でいリウマチ科内科クリニックです