記憶力を高めたいと思ってる人必見!!!普段の生活で記憶力を高めてみよう!!記憶力を高める方法☆☆

普段の生活を改善するだけど記憶力を高められるって知ってましたか???
誰にでも簡単に出来る記憶力を高める方法についてまとめてみました!!!
受験生や最近記憶力が低下してる人におすすめです!!!

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 記憶力をアップさせる方法まとめ☆☆

  • ストレスを減らす

     

    慢性的なストレスは、脳にダメージを与えることがわかっています。
    当然脳の機能は低下して、記憶力にも悪い影響を与えます。

  • 例えば、日常生活で以下のようなことに注意します。

    1.リラックスする時間を持つようにしましょう。定期的なエクササイズ(とくにヨガは有効です)をしたり、好きな音楽を聴いたり、趣味を楽しんだりしましょう
    2.毎日少なくとも15分は瞑想をしましょう。瞑想によってあなたの呼吸はゆっくり大きくなりますので、ストレスのレベルを下げるのに非常に有効です。
    3.カフェインの摂取量に注意しましょう。適度なカフェインは頭を活性化させるのに有効ですが、取りすぎは不安や抑圧を加速する危険があります。
    4.身体を緩めるマッサージを習得しましょう。セルフマッサージでも十分です。
    5.友人ともっと語らいましょう。友達との会話は、ストレスを減らすだけでなく、脳を刺激して記憶力アップにも役立ちます。
    6.もっと笑いましょう。笑いはストレスを軽減するとともに、新しいことに対する感受性を高めてくれます。
    出典 :記憶力アップのための生活術1 | 記憶力アップの方法
     

    ストレスは記憶力を低下させてしまうようです!!!

  • 毎日の運動

     

    勉強ばかりしてないで運動をするのもおすすめです!!!
    体を動かして記憶力をアップさせましょう!!!

  • 定期的な有酸素運動が脳の血流を良くし、機能を高めます。
    (とくに加齢による記憶の衰えには有効だということはよく知られています)
    また、運動は注意力を高め、リラックス効果もあるので、その意味でも記憶力アップに役立ちます
    出典 :記憶力アップのための生活術1 | 記憶力アップの方法
     

    ウォーキングなどから始めるのもおすすめです!!!

  • 睡眠時間はしっかりと取る

     

    睡眠は、最低でも6時間以上は、しっかり寝ましょう。

  • 短すぎると脳によくありませんが、長すぎるのも脳に悪影響を与えるという報告があります。
    理想は、7時間以上・9時間以下です。十分な睡眠時間は、記憶力に重要な意味を持ちます。
    さて、そんな睡眠ですが、なぜ記憶のために有効なのでしょうか。
    理由は2つあります。
    1.脳をしっかり休ませるため
    2.記憶を定着させるため
    出典 :睡眠時間は、最低でも6時間以上。 | 記憶力を高める30の方法 | HappyLifeStyle
     

    脳を使う人はしっかりと休ませることも大切なのです!!!

  • 記憶力は朝食後に高まります!!!

     

    1日24時間とはいえ「記憶力が高まる時間帯」と「記憶力が弱くなる時間帯」があります。
    記憶力が最もよくなる時間帯は、朝食後です。

  • 睡眠中は食事をしないため、脳は栄養不足になっています。

    朝食を食べてブドウ糖を吸収すれば、しばらくして、記憶力は最も高くなります。

    十分に睡眠を取ったおかげで、脳の疲れが取れている状態です。

    朝食によってブドウ糖が補給されれば、脳は最高の仕事を発揮します。

    ゆえに、勉強ができる人ほど、朝に勉強をしているのです。
    出典 :記憶力は、朝食後に高まる。 | 記憶力を高める30の方法 | HappyLifeStyle
     

    勉強したい人は朝食後に行うのがおすすめです!!!

  • 寝る前に覚えたことは記憶に残りやすい!!!

     

    寝る前に勉強すると、勉強したことが頭に残りやすいと言われます。

  • 「記憶の衝突」に関係しています。

    睡眠中は新しいインプットがないので、すでに入っている記憶同士が衝突することはありません
    出典 :寝る前に覚えたことは、記憶に残りやすい。 | 記憶力を高める30の方法 | HappyLifeStyle
  • 呼吸パターンを切り替える

     

    自分の呼吸法を見直してみましょう!!!

  • 何かを覚えたいとき、または、なにかを思い出したいときは、呼吸パターンをスイッチして、ゆっくり大きな呼吸を繰り返しながら行うようにします。

    ゆっくり大きな呼吸で脳への酸素供給量が増え、脳波もアルファ波やシータ波が増加するので、脳が活性化して、記憶の引き出しに簡単に入れたり出したりできるようになります。
    出典 :記憶力アップのかんたんな8つの方法 | 記憶力アップの方法
  • 覚えておきたいことは大声で言ってみる

     

    記憶したいことは身体の器官をフルに使った方が覚えやすいことはよく知られています。

  • 大きな声で言うことで、目だけでなく口や耳も使いますので、読むだけよりずっと記憶に残ります。
    (さらに紙に書きながら手を使って覚えても良いですね)

    これを習慣にして、たとえば初対面の人に対して、名前を大きな声で読んで挨拶をしたり、部下に指示を大声で復唱させたりするのは、ビジネスマンや経営者がよく行っているテクニックです。
    出典 :記憶力アップのかんたんな8つの方法 | 記憶力アップの方法
     

    忘れたくないことは大声で叫んでみましょう!!!