副作用が多い中用量ピルの避妊効果とは?

副作用が多い中用量ピルの避妊効果とは?

一言で「ピル」と言っても、用量の違いで分けられたりしていますが、
中用量ピルってどんなものか知ってますか?
最近は低用量タイプが主流のようですが・・・
今回はこの中用量ピルの効果についてまとめてみました!

view785

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも「ピル」って?

  • 女性ホルモンのはたらきを利用した避妊薬

     

    妊娠時と同じホルモン状態にする薬だそうです。

  • ピル(経口避妊薬)は、女性の卵巣でつくられるホルモン「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2つが主成分。これら女性ホルモンの作用を利用して、妊娠を防ぐ薬です。女性ホルモンは、脳の司令を受けて卵巣から一定のリズムで分泌されます。ところが、ピルを服用して体外から女性ホルモンを取り入れると、脳が、すでに必要なホルモンが分泌されているものと勘違いして、卵巣にホルモン分泌の指令を出さなくなります。すると、卵巣は“うたた寝”をした状態に。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
     

    そして、排卵が起こらなくなり、妊娠しなくなるということだそうです。脳を騙すって感じ?

  • 低用量ピル(OC)との違いは?

  • 低用量ピルは日本では1999年に認可されました。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストーゲン(黄体ホルモン)のごく低量の低用量ピルが現在、最も一般的で、副作用やリスクも中用量ピルよりも半分くらい少ないとされています。ピルの服用による身体への影響は、妊娠中に起こりうるリスクよりもずっと低いものです。しかしピルの服用は模擬妊娠状態と考えていただければお分かりの通り「つわり」の様な吐き気などが服用初期に起こる事があります。
    出典 :ピルについて | 千葉クリニック性病科
     

    低用量ピルが認可されて、まださほど時間は経っていないんですね。やはり倍の用量だと、それなりの副作用もあるようです。

  • かつては、日本では避妊目的でのピルが認可されていませんでした。そのため、月経不順や無月経など、月経トラブルの治療薬として使われている「中・高用量ピル」を、必要に応じて避妊用に転用していたのです。中・高用量ピルは、含まれているホルモン量がより多いものです。そのために、気分が悪くなったり、むくみなどの不快な症状の副作用が多く見られます。一方、「低用量ピル」は、避妊だけを目的に開発された薬で、避妊効果を維持しながらホルモン量をぎりぎりまで少なくしたものです。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
     

    中用量ピルは元々は治療用に使われていたもの。

  • ピルは、含まれる卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラムを越えるものを「高用量ピル」、50マイクログラムのものを「中用量ピル」、50マイクログラム未満のものを「低用量ピル」といいます。
    出典 :【ピルってどんなもの?】 花王 ロリエ
  • 以前は、低用量ピルは保険適用外となっていて、価格的にも中用量を選択する人がいたそうですが、最近一部のものが保険適用になったそうです。

  • 中用量ピルの“効果”って?

     

    避妊効果、副作用とかってどうなのかな?

  • ■避妊効果
    ①中用量ピルも低用量ピルも排卵を抑制する働きがあり、効果は同等です。また仮に排卵があってもエストローゲンが卵巣内のホルモン分泌量を抑えるので卵子が生き続けることができません。②子宮頚管粘液の粘度を増加させ、精子が入ってくるのをさまたげるため受精を防ぐことができます。③子宮内膜が薄く変化するので、卵子が着床しにくくなります。
    出典 :ピルについて | 千葉クリニック性病科
     

    用量の違いはあっても、適切に服用していれば、効果は同等とのこと。

  • 服用していれば、ピルを服用しわすれたというケースを含んだとしても避妊効果は95%以上と高く、毎日同じ時間に決められた通り服用している場合には、99.9%程度までの避妊効果が期待できます。服用し忘れなどがなければ1/1000しか妊娠しないという高い避妊成功率となります。
    出典 :中用量ピル 避妊効果
     

    ほとんど、妊娠することはなくなります。

  • 中用量ピルの避妊効果は、初めて飲む場合は服用開始して1週間後から効果がでるようになります。その後も服用を続ける限り避妊効果は続きますが、治療や避妊のため長い期間継続的に服用するのであれば、副作用や体への負担を考え低用量を使うことをおすすめします。
    出典 :中用量ピル 避妊効果
     

    効果は高いようですが・・・やはり、副作用は気になりますね。

  • 副作用にも注意が必要です。

     

    ホルモン含有量が多い分、
    副作用も強くなることが多いそうです。

  • •吐き気、吐く、食欲不振、下痢、便秘、腹痛
    •乳房が張る、乳房痛、下腹部痛、帯下、予定外の性器出血(点状出血、破綻出血)
    •むくみ、体重増加、にきび
    •頭痛、眠気、だるい
    •肝機能の異常、発疹
    出典 :ノルゲストレル,エチニルエストラジオール:プラノバール
  • 吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、予定外の出血などです。これらは、2~3カ月して体が慣れてくるとたいてい軽快しますので、それほど心配いりません。不正出血は、飲み忘れでもよく起こりますから注意してください。重い副作用はまずありませんが、念のため注意が必要なのは「血栓症」です。血液の固まりで血管が詰まることで起こります。生じる所はいろいろです。手足、とくにふくらはぎの痛みやシビレ、激しい頭痛、突然の息切れ、急に視力が落ちるといった症状が前触れとなります。
    出典 :ノルゲストレル,エチニルエストラジオール:プラノバール
  • 緊急避妊薬としての中用量ピル

     

    「モーニングアフターピル」と言って、
    妊娠の心配があって、緊急に対処しなければ
    いけない時に飲む薬として、使われているそうです。

  • アフターピルは、性行為で避妊に失敗した場合、やむを得ず緊急避妊を行うためのピルです。一般的に避妊には低用量ピルが使われていますが、アフターピルでは中用量ピルを使用したり、低用量ピルを一度に通常の数倍摂取するといった方法が取られています。多量の女性ホルモン剤を摂取し、強制的に体を妊娠しない状態にします。医学的に見て、妊娠は、受精卵が子宮内膜に着床した時点から判断されます。アフターピルは、受精卵の子宮内膜への着床を防ぎ、排卵を遅延させるなどして、妊娠を回避させます。
    出典 :2つのアフターピルとその効果
     

    ホルモンバランスを強制的に変えて、妊娠を回避する方法なんですね。性行為から72時間以内に服用する必要があるなどの条件もあるとのこと。

  • 一つが、「ヤッペ法」と呼ばれているプラノバール錠を使用した緊急避妊です。このヤッペ法に使われるプラノバール錠は、もともと緊急避妊を目的とした薬剤ではなく、中用量ピルを転用したものでした。摂取する女性ホルモンの量も多くなってしまうため、副作用も多く見られます。
    出典 :2つのアフターピルとその効果
     

    プラノバールは中用量ピルのこと。