最も繰り返しやすいのがふくらはぎの筋断裂!再発予防のためには?

ふくらはぎの筋断裂は、最も再発しやすいと言われています。
筋断裂を繰り返さないためには、どんな方法が有効なのでしょうか?

view191

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ふくらはぎの筋断裂

  • 肉離れを多く発症する部位のひとつに、「ふくらはぎの筋肉」があげられます。
    出典 :肉離れの治療法【ふくらはぎの肉離れの症状】
     

    ふくらはぎは、肉離れや筋断裂になりやすい部位なのです。
    そのため、スポーツ時には他の部位以上に注意が必要です。

  • ふくらはぎの筋肉が肉離れを発症しやすい原因としては、
    ・柔軟性の不足
    ・筋肉の疲労
    などが主な原因として考えられます。
    出典 :肉離れの治療法【ふくらはぎの肉離れの症状】
     

    スポーツ時のウォーミングアップは必ず行いましょう。

  •  

    ふくらはぎの筋断裂は、特に腓腹筋に起こりやすいようです。

  • ふくらはぎの筋断裂の症状は?

  • ・ダッシュやストレッチの後から、ふくらはぎが痛い
    ・安静時にもふくらはぎに痛みがある
    ・ふくらはぎのところを押すと激痛が走る
    出典 :病名・疾患名一覧 すね・ふくらはぎ 腓腹筋断裂
  • ・ふくらはぎにへこんでいる箇所があり、左右差がある
    ・歩行時にふくらはぎに痛みがある
    ・ふくらはぎに皮下出血が存在する
    出典 :病名・疾患名一覧 すね・ふくらはぎ 腓腹筋断裂
  • 特に足の背屈動作は治療開始時期には厳禁である為、可能であればギプス固定をし松葉杖などの装具を利用しながら足関節の背屈運動に完全に制限を加えることが理想です。
    出典 :肉離れの治療法【ふくらはぎの肉離れの症状】
     

    ふくらはぎの筋断裂は、足に負担をかけないことが早期回復のポイントとなります。

  • ふくらはぎの筋断裂を再発しないために

  • ふくらはぎの肉離れは、肉離れの中でも最も再発の可能性が高い部位でもあります。
    出典 :肉離れの治療法【ふくらはぎの肉離れの症状】
     

    1度ふくらはぎの筋断裂を経験しているなら、再発防止を徹底しましょう。

  • 再発予防のテーピング
    リハビリから完全な競技復帰をする前に、患部に不安がある場合や、再受傷のリスクの高い動きを行う場合などに再発予防を目的とした患部へのテーピングで補強を行います。
    出典 :テーピングのページです。
     

    筋断裂の再発防止には、テーピングが効果的です。
    正しい巻き方をマスターしましょう。

  • 運動時の痛みが治まったら、再発予防を目的とした肉体改造が必要です。常に断裂部やその周辺の関節の可動域、筋肉の柔軟性獲得と維持のためのストレッチングや、軽い筋力トレーニングを行ってください。
    出典 :肉ばなれ | ザムスト(ZAMST)
     

    リハビリは、必ず痛みが治まってから開始しましょう。

  •  

    痛みが完全に治まらないうちに運動を再開してしまうと、筋断裂は再発します。

  • 十分なウォームアップで身体が温まると、患部の違和感がなくなります。ストレッチングによって筋肉や関節の柔軟性が増すと、肉ばなれを起こした局所周辺の負担も軽くなりますし、筋肉がストレッチされることによって血行もよくなります。
    出典 :肉ばなれ | ザムスト(ZAMST)
  • 練習後は罹患部位に熱感が発生しますので、局所のアイシング(約15分)は徹底してください。
    出典 :肉ばなれ | ザムスト(ZAMST)
     

    スポーツの後のアフターケアも欠かせません。