大丈夫?「精巣腫瘍の転移」様々な部分に転移する!

精巣腫瘍の転移は起きてしまうのです。リンパ節に転移すると全身に転移してしまうのです。

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 精巣腫瘍とは

  • 精巣にある細胞から発生する腫瘍を、精巣腫瘍と呼びます。精巣腫瘍の多く(約95%)は、精母細胞から発生します。精母細胞のように生殖に直接関係のある細胞を生殖細胞あるいは胚(はい)細胞と呼ぶため、精巣腫瘍は胚細胞腫瘍とも呼ばれます。
    出典 :精巣(睾丸)腫瘍 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    精巣腫瘍はこのようなものになるのですね。

  • 精巣腫瘍にかかる割合(罹患(りかん)率用語集アイコン)は10万人に1人程度とされ、比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳代後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多い腫瘍用語集アイコンであることが大きな特徴となります。
    出典 :精巣(睾丸)腫瘍 基礎知識:[がん情報サービス]
     

    意外と確率は無いですが、確率がないわけではないのです。

  • 場合によっては

     

    このようなテニスボール大ぐらいの大きさになる事もあるのです。この精巣腫瘍が転移してしまう事があるのです。怖い事ですよね。リンパ節は全身にとおっているのでここからどんどん広がってしまうという事にもなりかねないのです。

  • 症状として

  • 局所の症状・痛みを伴わない陰嚢内(精巣部分)のしこり・痛みを伴わない陰嚢内容(精巣)の腫大(痛みを伴うことも有りますが殆どの場合は軽度です。)
    出典 :精巣腫瘍|その他腫瘍|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • 全身症状・転移を起こすと様々な全身症状がでます。・腹部リンパ節(後腹膜リンパ節)→大きくなると腹部にしこりを感じることが有ります。そして腰痛を感じることもあります。・頚部リンパ節→首にしこりを感じることがあります。・肺→咳、息が苦しい、血痰など
    出典 :精巣腫瘍|その他腫瘍|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
     

    女性化乳房になったりする事だってあるのです。

  • 精巣腫瘍の転移

  • 病期II:腹部のリンパ節に転移がある。セミノーマ:   (1)小さなリンパ節転移の場合は精巣摘除術後、体外放射線照射を行う。   (2)大きなリンパ節転移の場合は精巣摘除術後、全身化学療法あるいは体外放射線照射を行う。
    出典 :精巣腫瘍(泌尿器科)
  • 病期III:腹部のリンパ節を越えて(肺や肝臓など)転移がある。 セミノーマ: 精巣摘除術後、全身化学療法。
    出典 :精巣腫瘍(泌尿器科)
  • 転移で病気の進行度が分かる?

  • I:転移を認めず II:横隔膜以下のリンパ節にのみ転移を認める III:遠隔転移をみとめる IIIA:縦隔または鎖骨上リンパ節に転移を認める IIIB:肺に転移を認める IIIC:肺以外の臓器にも転移を認める
    出典 :精巣腫瘍|その他腫瘍|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • 精巣腫瘍は癌ですが

  • もともと転移のない症例でも15-20%に再発が起こるとされています。また、多くの再発は2年以内に起こりますが、何年もたってから再発が起こる事も知られています。転移が無かった場合、治療が奏効し腫瘍が消失してしまった場合でも、定期的に外来に通って頂き血液検査やCTなどで再発の有無を確認する事が治療と同じく重要になります。
    出典 :精巣腫瘍|泌尿器の病気|愛媛大学医学部?泌尿器科
  • はっきりとした

     

    原因は分かっていませんが、転移の可能性はしっかりとあり全身に転移する事だってあるのです。