「動脈硬化」ってどんな症状が出るの!?

動脈硬化は早期発見が重要な病気です!
今回は動脈硬化の症状についてご紹介したいと思います。

view231

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 動脈硬化

  • 動脈硬化とは

     

    動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞の直接の原因となる血管障害です。血管も体同様、年齢と共に老化して硬く弾力を失った状態になります。しかし、この病気の原因は年齢だけとは限りません。むしろ食事や運動といった生活習慣内に要因があれば年齢に関係なく発症します。

  • 動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態をいい、動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。
    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
     

    スムーズに血液が流れなくなると血栓も出来やすくなってしまいます

  • 原因

  • 健康な状態であれば血液がスムーズに通れるように滑らかになっていますが、高血圧や高脂血症、高コレステロールといった状態になると内皮細胞に異常が起きやすくなります。ですから、生活習慣病や糖尿病メタボリックシンドロームと診断された人は、動脈硬化を起こしやすい状態ということになります。
    出典 :【動脈硬化とは】 - +心臓病
  • 動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いによって大きく影響されることがわかっています。たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。それらが血管壁に付着して血管を詰まらせたり、血管が破れたりする原因になります。
    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
  • 生活習慣

     

    思った以上に
    自分の体に負担がかかるのですね
    生活習慣を見直す事を
    しっかりと忘れないようにしたい所ですね

  • 動脈硬化は、動脈硬化の危険因子である高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコール、加齢、ストレスの有無などについて確認し、生活習慣を見直し、予防することが大切です。
    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
     

    生活習慣を見直しましょう
    出来る事からこつこつとするべきでしょうね

  • 発生する場所

  • 動脈硬化は、全身のどの場所でも同じように発症するわけではない事がわかっています。心臓や脳と言った重要機関の血管で最も異常が起こりやすい事が分かっていますが、その原因についてはハッキリと解明されていません。また、足や足の先など心臓から最も遠い場所も動脈硬化が起こりやすい場所です。
    出典 :【動脈硬化とは】 - +心臓病
  • 心疾患

  • 動脈硬化は、他の器官と連携して大変重要な役割を担っている心臓や脳といった重要な場所で起こりやすい疾患です。こういった場所で血流障害が起こると、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞等の原因になります。その為、未然に予防したり再発を防ぐためには、生活習慣の改善が欠かせません。
    出典 :【動脈硬化とは】 - +心臓病
  • 症状

  • 動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。
    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
  • 動脈硬化は動脈硬化だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで動脈硬化を早期発見することは難しい。しかし、動脈硬化を放っておくと、心臓病や脳血管障害、閉塞性動脈硬化症など重大な病気を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での検査(健康診断)を行なうこと
    出典 :動脈硬化|動脈硬化の症状・予防・原因・改善 - 病気・症状 チェック
  • 治療法

  • (1)運動 (2)食事療法 (3)薬物治療 動脈硬化の薬物治療としては、コレステロールを低下させる薬剤が最も重要です。最近は、HMG‐CoA還元酵素阻害薬のような、確実にコレステロールを低下させる薬剤が広く使われています。また、血管が詰まるのを防ぐために、抗血小板薬も用いられます。
    出典 :動脈硬化 - goo ヘルスケア
  • (4)外科的治療
    粥腫で血管内腔が狭くなっている場合には、バイパス手術やカテーテルによる血管拡張療法で血流を回復する治療も行われます。
    出典 :動脈硬化 - goo ヘルスケア