女性ならだれでも起こりうる「子宮外妊娠」

「子宮外妊娠」という言葉を耳にした事があるでしょうか。全妊娠数の約1~2%くらいの発症のため、言葉は聞いた事があっても、詳しい事までは知らないという方が多いと思います。しかし、子宮外妊娠は女性なら誰にでも起こりうる事です。

view141

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮外妊娠って?

  • 子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)とは子宮腔以外の部分への受精卵の着床をいう。全妊娠の1%に認められ、反復を20%に認められる。妊娠可能年齢の女性の急性腹症では常に鑑別にいれておかなければならない疾患のひとつである。問診では妊娠の可能性はないという患者でも検査をしてみれば、子宮外妊娠であるということはよくあり、聞き方・検査の同意の取り方の重要性を考えさせられる疾患である。
    出典 :子宮外妊娠 - Wikipedia
  • 子宮外妊娠/ミルメディカル 家庭の医学 動画版

  • まずは妊娠の仕組みから理解しましょう!

  • 卵巣から卵子が放出され、通常卵管の中で精子と合体(受精)します。
    受精した卵(受精卵)は細胞分裂を繰り返し発育しながら、卵管内を約1週間かけて移動して赤ちゃんのベットである子宮体部へとたどり着き、子宮の内腔で着床します。そして、植物の根のような突起を出して子宮内膜に侵入し、やっと受精卵はお母さんから栄養を吸収できるようになります。これをいわゆる「妊娠した」と言います。

  • 妊娠とは『受精卵がお母さんの身体の中で生命的な結合を要する状態=赤ちゃんのモトがお母さんから栄養をもらえる状態』のことなのです!
    出典 :子宮外妊娠の症状と治療法、手術 [婦人病・女性の病気] All About
  • 次に子宮外妊娠を理解しましょう!

  • 子宮外妊娠とは受精卵が本来の赤ちゃんのベットである子宮内膜以外に根をはってしまうことなのです。ですから、受精卵の移動の過程のどこにでもおこります。
    出典 :子宮外妊娠の症状と治療法、手術 [婦人病・女性の病気] All About
     

    つまり、お母さんの身体から栄養を吸収する場所が通常と違った場合を「子宮外妊娠」といいます。

  • どんな場所で子宮外妊娠が起こるの?

  • 卵管、卵巣、腹腔(ふくくう)、子宮頸管(しきゅうけいかん)などがありますが、そのほとんどが(98%以上)が卵管に着床します。
    出典 :子宮外妊娠-子宮内膜以外に着床すること
     

    受精卵が子宮体部に移動する過程で起こることが多いということです。

  • 原因はなに?

  • 卵管内に炎症が起こって卵管の通過が悪くなったり、受精卵を子宮内に運ぶ機能が低下すると、受精卵が卵管内にとどまって卵管妊娠になると考えられます。
    出典 :子宮外妊娠 - goo ヘルスケア
  • 卵管やその周辺を手術した経験がある方や頻回の人工妊娠中絶の経験がある方。卵管や周辺を手術した傷跡が受精卵の移動を妨げてしまい、子宮外をひき起こす可能性があります。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
  • 子宮外妊娠の検査・診断法は?

  • 尿の妊娠反応が陽性にもかかわらず、超音波検査では子宮内に妊娠の部位が見つからない場合に、子宮外妊娠が疑われます。
    出典 :子宮外妊娠| 女性の病気と妊娠・出産 - Yahoo!ヘルスケア
  • 「子宮外妊娠」といっても「妊娠」に変わりはないので、自覚症状は通常の妊娠とあまり変わりません。
    出典 :子宮外妊娠の症状と治療法、手術 [婦人病・女性の病気] All About
  • 正常な妊娠と同じように見えるので慎重に判断する必要があります。

  • どうやって治療するの?

  • 子宮外妊娠がわかった時は卵管部分を切除するのが一般的です。
    出典 :子宮外妊娠-子宮内膜以外に着床すること
     

    部位によって手術ができない場合は薬物療法なども用います。