肘の外側に痛みがあって辛い!それは一体何故?

肘の外側に痛みがあったりしませんか?

肘の外側って割とぶつけやすい場所ですし、痛めやすい場所だと思いますが、ぶつけたりしていないのに肘の外側が痛む場合は一体なんでなんでしょうか?

今回はその理由を紹介していきましょう!

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肘の外側が痛い

  •  

    肘の外側だけが痛いという場合は、実は考えられる原因はとても少ないんです。

  •  

    肘の外側が痛くなる原因として挙げられるのは主にスポーツによるものです。

  • では、どのようなスポーツでどのように痛めてしまうのでしょうか?

  • スポーツと肘の外側の痛み

  •  

    まず、運動で肘を痛めてしまう原因として挙げられるスポーツがテニスです。

  • テニス肘(テニスひじ)は、テニスなどのラケットを使用するスポーツをする人にみられる疾患です。

    正式には、上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎といいます。

    上腕骨外側上顆炎はバックハンドストロークで発生するため、バックハンドテニス肘とも言われています。
    出典 :テニス肘の原因 | その他 | 交通事故治療は渋谷区初台の整体師・マッサージ師も勧める「0塾鍼灸接骨院」
  •  

    そして野球でボールを投げることによっても肘の外側を痛めてしまうことがあります。

  • 成長期にボールを投げすぎることによって起こる肘の障害を野球肘と呼びます。
    投球時や投球後に肘が痛くなります。
    肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。
    出典 :野球肘 症状
  •  

    そして、ゴルフでも肘の外側を痛めてしまうことがあります。

  • 上腕内側上顆炎のことを、通称ゴルフ肘と言います。
    良く聞くテニス肘も、ゴルフ肘と同じスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは逆で、外側上顆に炎症を起こした状態です。
    出典 :肘の痛み ゴルフ肘|ゴルフ障害
  •  

    というように、肘の外側が痛いことで考えられる原因はスポーツが原因なことが多いんです。

  •  

    いずれも、スポーツによって腕などを酷使した結果、肘を痛めるというケースなんです。

    そのためスポーツで腕を酷使する際は注意が必要なんです。

  •  

    スポーツによる肘の痛みを予防するためには、疲労回復の為にストレッチやマッサージなどを行い肘をケアしましょう。

  •  

    また、運動後はアイシングをして肘を冷やすのも効果的です。

    冷やし過ぎると逆効果になるため注意しましょう。

  • テニス、野球、ゴルフなどのスポーツを頻繁に行う人は肘の外側を痛めてしまう可能性が高いため、こういったケアをきちんと行うことが大切なので習慣にしていきたいですね。

    そうすることで肘の外側の痛みを予防することができますよ!