30分以下が鉄則!【正しい昼寝】のススメ

経験ありませんか?仕事中や授業中の居眠り。
特にランチのあとは睡魔が襲ってきがちです。
睡魔に耐えながらもうろうと過ごすよりも、短い昼寝をする方が効果的だということをご存知でしょうか?

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼寝には驚きの効果が!

  • ランチ後の睡魔に勝てません…

     

    怠け者の象徴とも思われがちな
    「居眠り」に意外な効果が!

  • お昼寝の与える効果は、大きく分けて2つあります。
    1つ目は、体力回復効果です。風邪をひいたら寝るのが一番と言われるほど、私たちの体は寝ている間に体力を回復させているので、お昼寝をすることで午前中の疲労を取ることが出来ると言われており、その回復力は通常睡眠の3倍とも言われています。
    出典 :お昼寝のススメ!短時間睡眠が与える効果とは? | 美容ブログ [女性の美学]
  • 2つ目は、情報整理効果です。寝ている間も脳は活動を続けており、日々の情報を整理することで記憶力を高めると言われています。
    出典 :お昼寝のススメ!短時間睡眠が与える効果とは? | 美容ブログ [女性の美学]
  • ・注意力が増して生産性が上がる
    ・事故や間違いが減る
    ・ナルコレプシー(睡眠発作)の症状が改善する
    ・気分が高まり、元気が回復してリラックスした気分になる
    出典 :昼寝の効果 海外ニュース【健康美容EXPO】
  • 正しい昼寝は、日中の眠気や疲労を軽減し、作業成績を改善維持し、夕方の活動水準を上昇させ、夜間の睡眠効果を高める。
    出典 :正しい昼寝
  • 様々な効果がある、良い事尽くめの「昼寝」。
    でも、上記のような効果を得るためには【正しい昼寝】をしなくてはなりません。
    では、正しい昼寝とは?

  • 【正しい昼寝】とは?

  • 昼寝に正解、不正解があるの…?

     

    正しい昼寝をしないと、逆効果になってしまうことも!

  • 昼寝をするなら午後3時前の20~30分と言われている。12時から15時までの時間帯における30分未満の昼寝は夜の睡眠に影響しない。
    人が眠りにつくと、最初の15~20分は浅い眠り、それ以上になると深い眠りになる。浅い眠りは脳をリフレッシュさせるが、深い睡眠は夜眠れなくする。
    出典 :正しい昼寝
     

    深い眠りに入るまでに起きましょう!

  • 昼寝で最も大切なのは浅い睡眠にとどめることです。深く眠ってしまうと起きた時に頭がボーっとして、覚醒レベルが下がってしまいます。
    出典 :放送内容詳細・とっても健康らんど|KBC九州朝日放送
  • 30分以上の仮眠は逆にマイナスです。理由は「睡眠慣性」が働き、起きた後もしばらくの間は眠気が継続していまうからです。20分の睡眠だとノンレム睡眠の第二段階で覚醒することになり、覚醒後は最大のパフォーマンスが出しやすいそう!
    出典 :知っていましたか?集中力をあげる正しい昼寝の仕方! | LIFE+ONE
  • これぞ正しい昼寝の仕方!

  • 昼寝を浅い睡眠にとどめるには、まずは姿勢が大きなポイントになります。イスに座って、机にうつ伏せになった姿勢で昼寝をしましょう。
    出典 :放送内容詳細・とっても健康らんど|KBC九州朝日放送
     

    熟睡するのを避けるために、あえて横たわらないようにしましょう!

  • 昼寝をする前にカフェインを摂取しておけば、目覚めを良さを感じることができます。カフェインは摂取してから30分後くらいに覚醒作用が働くと言われていますので、昼寝の前に摂取しておくと、ちょうど目覚めたときに効果があらわれるでしょう。
    出典 :短時間の昼寝で快眠に
     

    カフェインを時間差で利用するわけですね!