乳腺炎白斑とはどういう状態?

乳腺炎になると白斑が出来ます。この原因は何でしょうか?乳腺炎白斑についてまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/04/12

view1410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳腺炎白斑とは?

  • 乳首に白色または透明の小さなデキモノや水泡が出来、赤ちゃんに吸われると乳首が痛いという場合、また吸われても痛くもないけど、乳首にデキモノが出来ていているという場合などがあります。このデキモノは「白斑(はくはん)」と呼ばれるものです。これは乳腺やおっぱいの出口が詰まってしまって、母乳が乳首の外に出られなくなったためにおこる現象です。
    出典 :白斑・つまり・しこり
     

    つまり詰まりの証拠と言う意味ですね。

  •  

    たまには自分の乳房を観察してみてください。

  • 脂質の塊のようなものです。この白斑が母乳の出口を塞いでしまうことが原因で、しこりができてしまいます。また、この白斑は、触るととても痛いです。
    出典 :白斑 : 乳腺炎の対処法〜症状やマッサージについて
     

    爪で引っかいたりする子ことでバイ菌が入ります。注意してください。

  • 赤ちゃんが飲んでも消えない場合

  •  

    とにかく一生懸命飲んでもらえるのが一番です。

  • 赤ちゃんが白斑部分から出てきた古い母乳を嫌がって飲まなかったりする場合もあります。そうなった時は、自分でしっかりと搾乳・マッサージをしてみてください。乳首をもみほぐしたり、乳房のいろんな部分を軽く押しながら搾乳し、白斑部分に繋がる乳腺を探してみてください。
    出典 :白斑・つまり・しこり
     

    ほとんどの場合には赤ちゃんに母乳を吸ってもらうことで改善するようですが乳腺炎の場合には厳しい
    ようです。

  •  

    赤ちゃんがおっぱいを拒否しだすと要注意です。

  • 白斑とは乳腺の出口が詰まった状態のことを言います。乳首に白、又は透明の出来物ができます。そこを赤ちゃんに吸われると激痛が走ります。そのまま放っておくと奥まで詰まって乳腺炎へと発展してしまいます
    出典 :白斑 : 乳腺炎の対処法〜症状やマッサージについて
     

    結局赤ちゃんが吸わなくなったおっぱいにはわけがあるのです。乳腺へと悪化してしまう場合がほとんどです。

  • 白斑(はくはん)とは乳首に水ほうやデキモノができる病態です。白斑には痛みのあるものと無いものがあり、乳管閉塞を起こすと乳腺炎へと移行します。
    出典 :【乳腺炎ガイド】-乳腺炎の症状・治療・対処法
     

    いずれにしても触らない方が良いのです。

  • 乳腺炎白斑の具体的な対処

  •  

    脂っこいものを控えて食生活を改善してみてください。

  • 白斑を改善しないままでいると乳腺炎に移行して、発熱や硬いしこり、膿瘍ができて切開手術をしなくてはいけなくなります。早い段階で白斑を改善するようにしましょう。
    出典 :白斑と乳腺炎-【乳腺炎ガイド】
     

    少しでも早い方が良いわけです。

  •  

    ままり無理に絞るとよくないです。

  • 乳腺炎の予防として有効なのは、体力を落とさないこと、免疫力を低下させないこと、これに尽きると思います。
    出典 :すくすく育児 なんでも情報局 | おっぱいトラブル-白斑・乳腺炎-
     

    普段から健康には留意しおっぱいを詰まらせないような食事心がけることが大事です。