「バージャー病」それどんな病気!?

「バージャー病」・・・実はとても怖い病気なのです!
今回は「バージャー病」についてご紹介したいと思います。

view232

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バージャー病

  • バージャー病とは

     

    画像は症状が現れたときの
    手なのですが

    このようになってしまうのです
    怖いですよね

  • バージャー病は閉塞性血栓血管炎とも言われ、四肢血管に炎症が見られる原因不明の病気です。30代~50代の男性に多く、異常が起きる血管は手足の小静脈に多いです。
    出典 :閉塞性動脈硬化症・バージャー病(症状/治療)
     

    やはり手足に集中してしまう傾向が多いようですね
    人間の性質上仕方がないのでしょうか

  • 四肢(主として下肢)の末梢動脈の内膜の炎症により動脈の閉塞を来し、血流障害が生じる病気で、閉塞性血栓血管炎(へいそくせいけっせんけっかんえん)とも呼ばれます。最初の報告者の名前からバージャー病(英語読み)、あるいはビュルガー病(ドイツ語読み)とも呼ばれています。
    出典 :バージャー病 - goo ヘルスケア
     

    男性の方がとても多いという話もあるので
    注意が必要でしょう

  • 特定疾患であり、医療費は公費負担助成の対象です。
    出典 :バージャー病 - goo ヘルスケア
  • 四肢の末梢血管に閉塞をきたす疾患で、その結果、四肢や指趾の虚血症状(血液が十 分供給されないためにおこる組織の低酸素症状)が起こる病気です。
    出典 :難病情報センター | ビュルガー病(バージャー病)(公費対象)
  • 原因

  • 原因は不明ですが、発症には喫煙が深く関係しています。患者の9割に喫煙歴が認められ、受動喫煙(周囲の喫煙者によって間接的に喫煙状態になること)を含めると、ほぼ全例が喫煙と関係があると考えられています。
    出典 :バージャー病 - goo ヘルスケア
     

    喫煙と関係があるのですね

  • 症状

  • バージャー病の症状には歩行時の筋肉痛や安静時の疼痛、潰瘍、壊疽などがみられます。
    出典 :閉塞性動脈硬化症・バージャー病(症状/治療)
  • 症状

     

    どのような症状があるでしょうか
    しっかりみて知っておきましょう
    重篤な症状も少なくはないのです

  • 血流障害が軽度のときは、下肢の冷感やしびれが認められ、高度になるにしたがって間欠性跛行(かんけつせいはこう)(長い距離を歩くと足が痛くなり、ひと休みするとおさまって再び歩くことができる)や安静時の痛みが現れます。血流障害がさらに高度になると、難治性の潰瘍を生じ、壊死(えし)に至ります。
    出典 :バージャー病 - goo ヘルスケア
     

    手足に痛みが走る事がありますので注意しましょうね

  • 検査方法

  • 閉塞した部位より先の動脈の拍動が触れなくなります。足関節と上腕の血圧比の計測(足関節上腕血圧比)が、下肢虚血(きょけつ)の重症度の判定に役立ちます。確定診断には血管造影検査が必要になります。血液検査では特徴的な所見はありません。
    出典 :バージャー病 - goo ヘルスケア
  • 治療法

  • まずは禁煙を厳守することが大切です。そして手足はいつも清潔にして、寒い時期には保温に注意を払うことも大切です。薬物療法としては、血液の循環を改善して血栓を予防するために、血管拡張薬や抗血小板薬が用いられます。重症例に対しては、可能であればバイパス手術などの血行再建を行います。
    出典 :バージャー病 - goo ヘルスケア
     

    怖いですね・・・
    場合によっては切断してしまう事もあるでしょう
    これは本当に重篤だと思います

  • 壊死が進行して各種の治療も無効な場合には、指趾や四肢の切断となることもあります。
    出典 :難病情報センター | ビュルガー病(バージャー病)(公費対象)