日本人の40%が感染している「水虫」の治療法について

水虫は日本人の国民病と言われていますが、その水虫の治療法について、まとめてみました。

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水虫は日本人の国民病?

  • 日本人の5人に1人が水虫を患っています。そのうちほぼ半数の患者に爪水虫が見つかり、まさに水虫は国民病といえます。なぜ、こんなに水虫が多いのでしょうか。
    出典 :水虫は1カ月で治せます!-QLife
  •  

    日本には300万人の水虫患者がいると言われています。

  • 「ひとつは水虫なのに、水虫とは夢にも思っていない人が少なくないからです」と、指摘するのは、水虫の診断と治療では、わが国を代表するエキスパートである仲弥院長(仲皮フ科クリニック)です。
    出典 :水虫は1カ月で治せます!-QLife
  • お年を召した方のなかには、足の裏の皮膚がカサカサして硬くなっていたり、爪が厚くなっていたり白や黄色に濁っていたりする人がいます。
    仲弥院長「実は、それが水虫の可能性が高いのです」
    出典 :水虫は1カ月で治せます!-QLife
  • かゆみがないこともあるので、水虫とは思わない人が多いのです。
    「単なる老化現象のひとつではないのか?」こんなふうに軽く考え、そのまま放置して水虫菌をばらまき続けているのです。
    出典 :水虫は1カ月で治せます!-QLife
  • 水虫の原因とは?

  • 水虫とは、皮膚に水虫菌(かびの一種、白癬菌)が生え、かゆみなどの症状を起こす病気のことです。

  •  

    白癬菌(はくせんきん)とは、皮膚の角質層を住処とするカビの一種です。

  • 水虫になりやすいかどうかは体質(汗っかき・脂性など)も多少は関係しますが、もっとも大きな原因は、長時間靴を履いているかどうかです。水虫の菌は人が素足で歩く場所ではほとんどに存在しますが、菌が皮膚に付いてもすぐに感染するわけではありません。
    出典 :水虫の悩むあなたに、水虫の正しい知識【はつらつライフ】
  • 職場で1日中、革靴を履いている男性はもちろん、最近ではかかとの高いブーツを履く若い女性や塾などで帰りが遅く靴を履く時間が長くなった子供たちにも水虫の人が増えています。
    出典 :水虫の悩むあなたに、水虫の正しい知識【はつらつライフ】
  •  

    水虫菌は湿度が高いと感染しやすくなります。
    出来る限り靴を履いている時間を短くする、または風通しの良い靴を履くなどして、足を乾かすようにしましょう。

  • 水虫の治療法

  • 治療薬を塗っていれば、家庭内に菌をばら撒くことは避けられます。水虫の菌が多い場所は掃除や洗濯を十分に行い、履物などは共有しないようにします。症状が改善しても毎日根気よく塗ることが大切です「水虫は治りにくい」と悩む人のほとんどは、症状が消えると薬を塗るのを止めてしまうケースです。
    出典 :水虫の悩むあなたに、水虫の正しい知識【はつらつライフ】
  • 水虫を治療する薬を「抗真菌剤」といい、外用剤(塗り薬)と内服剤の2種類があります。
    このなかで、もっとも広く使われているのは外用剤です。
    出典 :水虫の悩むあなたに、水虫の正しい知識【はつらつライフ】
  •  

    水虫には市販薬も多くありますが、水虫のタイプにより薬の種類が異なります。
    わからない場合には、薬剤師さんに相談をしてみましょう。

  • 爪水虫については飲み薬が第一選択となります。理由は塗り薬では爪の中まで有効成分が届きにくいからです。飲み薬だと、有効成分が効果的に爪に届くので、塗り薬の場合と比べ、治療期間がかなり短くなります。
    出典 :佐久総合病院薬剤部・水虫の治療と治療薬について
  • 【 主な水虫の塗り薬 】
    クロトリマゾール、硝酸ミコナゾール、硝酸イソコナゾール、ケトコナゾール、ビホナゾール、ラノコナゾール、塩酸テルビナフィン など

  • 特に症状が重い水虫、爪水虫などの場合には自宅だけでの治療をするよりも皮膚科に行って適切な治療を受けた方が良いです。 病院に行くときはどの病院にしたらよいのかと迷う場合もあるかもしれません。 まず、どの病院であっても皮膚科に行くことは大前提です。
    出典 :水虫はどこの病院に行くべきか|水虫の治療法
  • 水虫の治療は皮膚科で行っていますし、万一水虫ではなかったとしても皮膚のただれなどは皮膚科の分野だからです。
    出典 :水虫はどこの病院に行くべきか|水虫の治療法
  • 最後に

  • 水虫の治療はどの病院で行ってもそれなりに時間や手間がかかります。
    ただし病院に行くことのメリットも大きいです。 例えば病院に行くことでこの症状が水虫かどうかということが正確にわかります。
    出典 :水虫はどこの病院に行くべきか|水虫の治療法
  • 水虫でなかった場合の治療の選択肢も提示してもらえるというのも病院ならではのメリットです。
    男女、年代を問わず水虫で治療している方も皮膚科には多いので一度足を運んでみるのもよいと考えられます。
    出典 :水虫はどこの病院に行くべきか|水虫の治療法