【妊娠後期の食生活】には何がいいのか

【妊娠後期の食生活】は他の時期に比べてにか注意する点があるのか?

view587

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の食事はバランスよく摂取できていれば、それほど神経質になる必要はありません。本来は、体が必要とするものを欲するはずなので、食べたいものだけを食べるのでいいはず
    出典 :妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
  • 実は、今の日本は、世界から、「先進工業国の中では、もっとも妊婦の栄養状態が悪い国」と言われているのです。妊娠中の食生活がひどくなっていて、赤ちゃんに栄養が充分に届かず、生まれたときの体重がどんどん減ってきています。
    出典 :妊娠中の貧食、体重管理|プレママタウン
  • やはり【妊娠後期の食生活】に限らず、妊娠中は食事の栄養バランスには注意したいものです。

  •  

    【妊娠後期の食生活】は何よりもまずバランスの取れた食事が大事です。

  • 妊娠後期で具体的に特に気をつけて取りたい栄養は

  • 妊娠後期では、胃が圧迫されていて一度に食べるのがきつくなるので、
    小分けに4~5回に分けて食べるのが良いです。

  • お母さんの体の鉄がお腹の赤ちゃんや胎盤へ優先的に利用されるため、妊娠後期になるとお母さんの体に蓄えられていた鉄がほとんど失われて貧血になりやすいのです。
    出典 :妊娠後期食事 赤すぐ | 妊娠後期の食事についての説明や妊婦さんの体験談
  • たくさんの血液が必要になるため、血液の中で酸素を運ぶヘモグロビンの量が増えます。ヘモグロビンを作り出すために、たくさんの鉄分が必要となります。
    出典 :【鉄分】- 妊娠to安産.com
  • 鉄分不足の貧血状態では出産時に出血が増えてしまうえに、「血液が薄く」なっているので血が止まりにくくなるという悪循環が発生してしまう恐れがあります。

  • 血液中のカルシウムの濃度は一定に保たれるようになっているので、もし不足すると骨や歯からとけだして補います。もし、カルシウム不足になっても、赤ちゃんに運ばれるカルシウムの量に影響するのは一番最後。
    出典 :妊娠中の食事と栄養(カルシウム)-*素敵ママ応援SHOP*Babyベビー
     

    ママが十分にカルシウムを摂れていないと、ママの骨に蓄えられたカルシウムを赤ちゃんにまわしてしまうので

  • 妊娠中にこれが不足すると、早産しやすくなったり、分娩の時の出血が多い、産後の回復が遅れるなどの原因にもなります。
    出典 :食生活 | お悩み解決サポート隊babysos
  • カルシウム摂取不足の場合は、赤ちゃんを優先してしまうのでお母さんの血液に影響が出たり、骨が脆くなってしまうというわけです。

  • 妊娠すると、胎盤で血糖値を上げやすいホルモンなどが産出されます。妊娠中期以後に、インスリンが効きにくい状態になる事が多く、血糖値が上昇してしまいます。
    出典 :日本糖尿病・妊娠学会-糖尿病と妊娠に関するQ&A-Q04
  • 妊娠糖尿病の予防には普段からバランスの良い食生活、適度な運動を心がけましょう。
    出典 :妊娠中、母子共にリスク大!急増する妊娠糖尿病とは | ラルーン
  • 加工食品や清涼飲料水などには砂糖が以外と多く使われているので控えたほうが良いです。栄養バランス的にも生のフルーツを摂取した方が良いとされています。

  • 臨月に入ってから。胎児が骨盤内に降りることで、圧迫から解消され、ごはんが美味しく食べられるようになります。ここで一気に体重を増やしてしまう人が多いので要注意。
    出典 :妊娠後期食事 赤すぐ | 妊娠後期の食事についての説明や妊婦さんの体験談
  •  

    バナナは妊娠中にもお勧めされる代表的な果物ですね。

  • この最後の時期に油断して、一気に体重が増えてしまうと妊娠中毒症などのトラブルが発生してしまいます。