子供にも起きる!「急性気管支炎」に要注意!

子供にも引き起こされてしまう急性気管支炎に注意しましょう!大人も例外じゃありませんよ!

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急性気管支炎とは

  • 急性気管支炎の多くは、かぜ症候群での上気道の急性炎症が連続する気管から気管支へと波及することで発症します。
    出典 :急性気管支炎|一般社団法人日本呼吸器学会
  • 急性上気道炎が気管から気管支まで波及し、せきやたんを伴うようになったものを急性気管支炎と診断するため、その頻度は極めて高いとされています。
    出典 :急性気管支炎|一般社団法人日本呼吸器学会
  • 急性気管支炎は

     

    大人だけではなく子供にも多い疾患と言ってもよいかもしれませんね。特定の年齢の人がなるものではなく、風邪の延長線上に引き起こされる事だって少なくはないのです。

  • 原因はウイルスがほとんど

  • 感染症としての急性気管支炎の原因としては、ウイルスがほとんどです。成人の場合はライノウイルス、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルスなどが原因になります。ウイルス以外では、マイコプラズマやクラミジアが原因になります。細菌が原因になることはまれです。
    出典 :急性気管支炎<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
  • 呼吸器に慢性の病気のある人に、痰の増加や発熱が急に起こった場合の原因としては、ウイルスと細菌の両方が重要であるといわれています。この場合は、肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリスなどが主な原因細菌となります。
    出典 :急性気管支炎<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
     

    細菌の場合はこちらになりますね。

  • 多くはウイルス感染により、気道上皮の壊死、脱落などが起こり、気道が障害されると発症するといわれており、二次的に細菌感染を生じると肺炎にいたる場合もあります。
    出典 :急性気管支炎|一般社団法人日本呼吸器学会
     

    このようなメカニズムで発生する事になるのです。

  • 症状としては

  • 呼吸器症状としては、強い咳(初期には乾いた咳であり、そのあと痰の絡んだような湿性咳嗽となる)、痰があり、小さい子どもでは、もともと気管支が細いことから喘鳴ぜんめい(息を吐く時に生じるゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音)を伴うことも多くなります。
    出典 :急性気管支炎| 子どもの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • ウイルスによる場合が多いのですが、いったん解熱したあとに再び発熱する、発熱期間が長い、全身状態が悪化してくるといった症状が認められる場合は、細菌感染の合併が疑われます。
    出典 :急性気管支炎| 子どもの病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    合併すると辛いですよね。

  • 診断するには

  • 主にせき、たんといった臨床症状から診断します。発熱を伴うことも多いですが、一般には身体所見に乏しく、軽症なことが多いです。しかし、発熱などの自覚症状が長引く場合には、肺炎の合併を鑑別する必要があるため、胸部エックス線画像もしくは胸部CTで影の出現がないことを確認する必要があります。
    出典 :急性気管支炎|一般社団法人日本呼吸器学会
  • 急性気管支炎のうち、インフルエンザ、マイコプラズマ、クラミジアが原因の場合には、有効な抗菌薬治療があります。長期に続く吠(ほ)えるような咳の場合は百日咳が疑われます。激しい咳と痰とが数週間続く場合には気管支結核が重要な鑑別疾患になるので、専門の医療機関への受診が必要です。
    出典 :急性気管支炎<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
  • 治療は

     

    対処療法として、鎮咳薬、去痰薬、消炎薬などが使われるそうです。ウイルスが原因の場合はそのウイルスを除去する事も同時に行われるのです。急性気管支炎には気をつけましょう!