注意点は意外とある!「ささくれの治療」にチャレンジしてみよう!

ささくれの治療は意外と注意点だらけなのです。そんなささくれの治療にチャレンジしてみませんか?しっかりと知識を付ければ簡単に治るかもしれませんよ。まずは知る事。そこから解決方法を見つけて改善していく事にしましょう♪

view142

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ささくれを知ろう☆

  • 爪の周辺や指先の皮膚や甘皮が乾燥などによって裂けたり、切れた状態になる皮膚の病気です。また、切れている部分から細菌が入って炎症を起こすことも多く、ひどくなると化膿してしまい膿のようなものが出てきて見た目だけでなく、場合によっては臭くもなるので早めの処置が必要です。(私の体験談です)
    出典 :ささくれの原因と治療法!指先のめくれた皮が引っかかる場合のケア
     

    なんだかささくれになっていると親不孝者なんて言われた時期もありましたが、そのささくれは以外にも意外、しっかり処置が必要なものと言えるのかもしれませんね。ささくれが出来ていると水はしみるし、綺麗な手に見られなくなるし。。。あまり良い事がないのではないでしょうか。

  • ささくれは

     

    本来の役目がうまくいかなくなっている状態と言っても良いかもしれませんね。そして、その一番の原因とされているのが乾燥ですね。本来は潤っているものですが、消毒液や洗剤の効果によってどんどんと乾燥してしまうのです。そうなってくると・・・ささくれが起きてしまうといったメカニズムがあるそうです。冬の乾燥した空気も手がかさかさになってしまって同じ事が起きると思います。

  • ささくれの治療は

  • 近頃は、液体絆創膏なるものが市販されています。「サカムケア」「コロスキン」「エキバン」などがポピュラーです。液体絆創膏を、ささくれの部分に塗布し、乾燥させておくことで悪化を防ぐことが出来ます。病院に行く時間がないという人にはお勧めですが、既に化膿してしまっている場合や出血が見られる場合には使用出来ません。
    出典 :ささくれの治療 | ささくれ・さかむけ 原因と解消法
     

    このようにささくれ専用の治療薬は市販に売られています。それを用いるのも良いかもしれませんね。しかし、出来る事ならば初期の段階なら良いにせよ、重度になってくると医師に相談するのがベターというものになるでしょう。しっかりとした治療をするようにしたいですね。もちろん治った後は予防が大事ですよ。

  • 薬局に行く事で、市販薬を購入出来ますよね。市販薬ならいつでも使う事が出来便利ですよね。しかし、しっかりと治すためにはそれなりの根気と努力がいる事になってしまいます。また、場合によっては悪化をしてしまう事もあるので出来るだけ医師に相談という形が良いかもしれませんね。

  • ①ささくれの根元を、小さいハサミなどで切る②消毒や薬をつけ、絆創膏をはっておくこれで、ストッキングなどに引っかかったりすることは、くなります。まれに悪化してしまい、赤く腫れたり、熱を持ったりしてしまった場合、菌が入って炎症をおこしているので、必ず皮膚科や専門医のところに、治療に行きましょう。
    出典 :ささくれの治し方は?さかむけとの違いは?
     

    ここで、注意してほしい事なのですが!ささくれは切るとかかれていますよね。もぎ取ろうとする事で皮余計にむけてしまい悪化してしまう場合があるのです。炎症を起こしている場合は特にこのような事は避けるように心掛けましょう!何事も時と場合があるといえるでしょう。だからこそしっかりと治療という概念を覚えていないといけないのです。

  • 栄養不足も原因のひとつ

     

    基本的には栄養不足にならないはずですが、無理なダイエットを繰り返していたりする女性が多くなってきている世の中なので、栄養不足によってささくれが起きてしまうといった事もあるそうなのです。また、以外にも甘皮も結構重要な役割をしていて、感染や刺激から爪を守っています。これがなくなる事によってもささくれが起きてしまうと考えるのが先決でしょう。

  • 正しいケアをしよう

  • 予防という観点からもハンドクリームをこまめに塗って保湿するのが一番です。オススメなのが保湿力の高いセラミドやビタミンC、Eを含むものです。尿素の入っているものは、皮膚を柔らかくするので硬くなったかかとなどに向きますが、指先は皮膚が薄いのであまりオススメしません。すでに荒れている場合には、悪化させる場合もあります。
    出典 :治療の際の注意点とコツ | ささくれ・さかむけのことを知り、解消しよう!
     

    この時に大事なのは、しっかりと塗り込んであげる事です。簡単に表面に塗っただけでは効果を十分に得る事が出来ません。それならば、保湿クリームでもしっかりと塗り込んであげる事で手の皮を保護するように塗るのが大事なのです。忘れないようにしましょうね。

  • このはさみを知っていますよね

     

    鼻毛処理用の小さなはさみです。このはさみでささくれをちょっとずつ切るという方法もあるそうです。これは盲点ですよね。これならばいつでも行う事は出来ます。しかし、何度も言うようですが化膿等をしている場合は素直に病院にいくようにしましょう。無理やりはがすというのも駄目ですよ。

  • いかがでしたでしょうか?ささくれの治療は意外と大変なようですね。また、乾燥などもとても厄介になります。冬などの乾燥する時期は気をつけておきたいですね。ここでは簡単な対処を多く紹介していますが、他にもタンパク質やビタミンを摂るようにする事で内側から修復をすすめる事が出来るのです。赤く腫れたり、熱をもったりしている場合は我慢や自分で治そうとせずにしっかりと病院で見てもらうようにしてください。