産み分けで男の子を授かる方法について

どうしても男の子が欲しい!産み分けで男の子を授かる方法についてまとめてみました。

view615

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 自分に男兄弟がいない、跡継ぎが欲しいから次は男の子を...
    出典 :男の子を産む方法~5つのポイント
  • やっぱり1人は男の子!……、パパがどうしても!
    出典 :男の子の産み分けにチャレンジ!みごとに成功しちゃいました編 - gooベビー
  • どうしても跡継ぎの男の子を産みたい
    出典 :実践済み!男の子と女の子を産み分ける極意
  • 男の子を授かるメリットとしてよく言われているのが・服飾代が女の子ほどかからない・わずらわしい友人関係に悩まなくて済む・ケンカをしても後を引かないなどがよく言われています
    出典 :男の子が欲しい【男の子を産む方法~5つのポイント】
  •  

    今は圧倒的に「女の子を産みたい」というのがブームですが、それでも男の子を望むカップルも少なくありません。跡取りの問題や、「女の子を産んだので次は男の子が欲しい」というようなこともあります。産み分けで男の子を授かる方法はあるのでしょうか?

  • 産み分けとは何だろうか?

  • 産み分け(うみわけ)は、男女どちらかの性別の子供を希望する夫婦が、それを実現するための科学的な根拠を持つ技術、またはその技術を用いること。
    出典 :産み分け - Wikipedia
  • 産み分けとは、改めてご説明するまでもなく、「男女の産み分け」を指す言葉です。子供が授かれば、その子が男児か、女児かは、親ならずとも気になるところです。
    出典 :産み分けとは何か? -【男女の産み分け法@情報館】-
  •  

    あの有名セレブ、ビクトリア・ベッカムも4人目は女の子を生むために、「女の子を妊娠する可能性が高くなるさまざまなことにチャレンジした」とウワサされていました。夫のデビット・ベッカムさんと様々な産み分け方法を試したようです。・・でも、産み分けって、本当に可能なのでしょうか。

  • 産み分けで男の子を授かる方法

  •  

    どんな男の子に育ってほしいですか?
    元気な子、活発でスポーツが得意な子、思いやりがあって優しい男の子、頼りがいのある男の子・・。
    産み分けで男の子を授かる方法についてチェックしてみましょう♪

  • 意外に思われるかもしれませんが、ヒトの性別は受精の瞬間に決定します。つまりママが妊娠に気づく前からすでに赤ちゃんは胎内で男の子、もしくは女の子として成長し始めているのです。
    出典 :男の子を産む方法~5つのポイント
     

    その瞬間が、大事です。

  • 300年ほど前までは、卵子が性別を決定するといわれていましたが、ここ30年ほどで、実は決定権が精子のほうにあることがわかりました。
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
  • 精子にある染色体のもう1種類は、YY染色体を持つ「Y精子」。こちらと受精すると男の子、と精子によって性別が決定します。
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
  • 男の子の産み分けは、排卵日を予測する事が最も大切になります。これは、男の子の産み分けにチャレンジする日が、排卵日であるためです。基礎体温や、その他の方法で排卵日を特定できるようになるまで、最低3ヶ月期間が必要になります。
    出典 :男の子の産み分け【産み分け基礎知識】
  • 産み分けをチャレンジする日

     

    男の子の産み分けチャレンジ日は、図のように排卵予測日(D)となります。これはY精子の寿命が1日と短い為と、Y精子とX精子を比較した場合、スピードが速く量の多いY精子の方が、同じ条件下では有利であるからです。また、男の子の産み分けは、女の子よりも少し行いやすいです。これは、女の子の産み分けが排卵日2日前なのに対し、男の子は当日で良いからです。

  • アルカリ性に強く、寿命は24時間と短め。でも精子中の数はX精子の約2倍で、運動量も多いのが特徴です。腟内がアルカリ性に傾く排卵日ちょうどのセックスでは有利に。
    出典 :性別が決まる仕組み - gooベビー
     

    Y精子について!

  • 卵子に到達した精子がX染色体を持つものであった場合はその赤ちゃんは女の子、Y染色体をもつものであった場合その赤ちゃんは男の子ということになります。また、統計的には男のほうが女よりも出生率は若干高いという結果がでているようです。
    出典 :男女の産み分け法 - オモシロくらしの情報源
  •  

    男女を決定する比率は105(男):100(女)と言われており、理由としては男を決定するY染色体が女を決定するX染色体より小さいため運動量が多く、結果卵子に辿り着く確率が上がるためと言われています。

  • 膣内がアルカリ性に傾いていく排卵日でのセックスすると男の子産み分けの可能性がアップします。
    出典 :男女の産み分け法 - オモシロくらしの情報源
  • むむ、なんだか難しい。妊娠する前にはどんなことをすればいい?

  • 産み分けで男の子を授かる方法:具体策

  • 正確な排卵日を知って男女を産み分ける

     

    ますは基礎体温をきちんとつけることで、正確な排卵日を知る可能性はあがります。体温が急に下がりその後急上昇する日が排卵日です。男女の産み分けをしたいのであれば、3ヶ月以上基礎体温をつけて、なるべく正確な情報を得るようにするのがいいでしょう。

  • 男の子を産みたいときは、Y精子の寿命が1日しかないことから、精子と卵子が最短時間で出会えるようにする、つまり排卵日当日の受精を狙ってセックスをする、ということになります。
    出典 :男女産み分けの方法|産み分け|「妊娠したいママ応援」|すくパラ倶楽部
  • 精子の数を調整して男女を産み分ける

     

    男の子がほしい場合はY染色体を増やすために、「受精決行日(排卵日当日)」の5日前から禁欲生活をします。何故ならお父さんの精子を濃くしておく必要があるからです。逆に女の子がほしい場合は、生理が終わってから「受精決行日(排卵日2日前)」までに2回以上セックスをしてY染色体の数を減らすようにします。

  • 男の子になるY精子は、もともと、女の子になるX精子の2倍近くいます。 射精後1週間で精子を貯蔵するタンクは満タンになるのですが、 満タン後は、命尽きた分の精子しか補充しなくなります。補充は、Y精子が優先されるので、禁欲すると、Y精子の割合が高くなります。
    出典 :禁欲期間|男の子の産み分け|体験談|成功例|リンカル|排卵日
  • 膣内の状態を変えて男女を産み分ける

     

    女性がオルガスムスを感じれば感じるほど膣内はアルカリ性への傾いていき、結果Y染色体の活動が活発になっていきます。なので、男の子がほしい場合はセックスに時間をかけて女性が深く感じるようにします。また、寿命の短いY染色体のためにも膣の深いところ射精し、卵子と結合しやすくしてあげることも必要です。

  • 男の子を受精するY精子は、酸性に弱くアルカリ性に強い性格を持つので、膣内が最もアルカリ性になっている排卵日にセックスを行うと、着床しやすいのです。
    出典 :谷口医院 男女産み分け/脱ステロイド
  • 産み分けで男の子を授かる方法をぜひ試してみてね♪元気な赤ちゃんを産んでくださいね!