つらい、ヒビ・あかぎれにハンドクリーム!即効性のあるおすすめハンドクリームは?

ヒビ・あかぎれって痛くてつらいですよね。そんなヒビやあかぎれにハンドクリームを塗って、早く治療したいという方へ、即効性のあるおすすめハンドクリームをご紹介します。また、あかぎれにならないための対策についても勉強しましょう。

  • green 更新日:2014/10/27

view131

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 秋から冬にかけて気温が下がるとつらくなるのが水仕事。食器を洗うときや洗濯物を干すときなどに、手先に冷たさを感じますよね。そしてできてしまう、ひびやあかぎれ。ひびやあかぎれにハンドクリームを塗って少しでも早く痛さから解放されたいですよね。

    即効性のあるおすすめハンドクリームを紹介する前に、あかぎれができる原因について勉強しましょう。

  • どうしてヒビやあかぎれってできるの?

  • ヒビやあかぎれってどうしてできるの?

     

    あかぎれができる理由は、気温が下がって指先が血行不良になることが発端となり、血の巡りが悪くなることによって指先まで十分な栄養が行き届かなくなるからです。

    正常な皮膚であれば、自分自身で修復する力を持っているのですが、栄養不足の皮膚となると話は別。弱り切った細胞は修復力が低下するため、あかぎれとなり皮膚がきれてしまいます。

    あかぎれが指先やかかとなどの部分に多いのは、血行不良になりやすい部分だからです。

  • 修復力が低下したひびやあかぎれができた指先は、ハンドクリームを塗って治すのが一番!ハンドクリームを選ぶときには、早く治すことができるものを選びたいですよね。即効性のあるハンドクリームをご紹介しましょう。

  • ヒビ・あかぎれにハンドクリーム

  • ヒビ・あかぎれにハンドクリーム【ヒビケア】

     

    ぱっくりと割れてしまったヒビやあかぎれにおすすめなのが、ヒビケア軟膏のハンドクリーム!このハンドクリームは、アラントインという成分が入っており、割れてしまった部分をしっかりと修復してくれます。

    ヒビケアを使うことによって、修復力の低下している細胞を活性化させ、新陳代謝をよくしてくれるので、即効性があり本来の肌の状態に戻してくれます。何度もヒビ・あかぎれを繰り返している肌にも良いので、ヒビケア軟膏を使ってみてはいかがでしょうか?

    こちらのヒビケア軟膏はジフェンヒドラミンというかゆみ止めの成分も入っています。ヒビ・あかぎれを起こして、指先やかかとが痒いという方にもおすすめのハンドクリームです。

  • あかぎれにハンドクリーム【ヒビケア軟膏】

     

    あかぎれにハンドクリームを塗るときに気になるのが、ハンドクリームのにおい。こちらのヒビケア軟膏は、無香料なのでハンドクリーム独特のにおいがそれほど気になりませんよ。

    痛いあかぎれにもしみにくく、あかぎれにハンドクリームを塗ってもべたべたしないのが特徴。乾燥した指先をしっとりと保湿してくれるハンドクリームです。

  • ヒビ・あかぎれにハンドクリーム【ユースキンA】

     

    ヒビ・あかぎれにハンドクリームを塗るなら、ユースキンA!

    こちらのハンドクリームは、健康な肌へと修復するための4つの成分と、保湿やうるおい力を高める2つの成分が配合されています。べたつかず、肌にすぅーっとなじんでくれるので、塗り心地の良いハンドクリームです。カサカサした乾燥を保湿してくれ、かゆみを抑える効果もあるハンドクリームですよ。

  • ヒビ・あかぎれをつくらないためのケア

  • できてしまったヒビ・あかぎれにはハンドクリームで対処しますが、ヒビ・あかぎれをつくらないようにするために、日々の対策が大切!日常の対処法についてご紹介します。

  • ヒビ・あかぎれにハンドクリーム【水仕事は手袋をはめて!】

     

    毎日の水仕事をするときに、素手でされている方いらっしゃいませんか?ヒビ・あかぎれは血行不良からやってきます。寒い冬につめたい水を素手で触っては、ヒビ・あかぎれをつくってしまいやすくなるため、水仕事は必ず手袋を履いて行いましょう。