働くママ必見!! 託児所と保育所の違いって何?

託児所と保育所の違いはいったい何が違うのでしょうか。
これから子供を預けてお仕事をされるママは是非ご覧ください。

view46

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 託児所と保育所の違いはいったい何?

  • 託児所と保育所の違いは、いったいどこが違うのでしょうか。
    これから子供を預けて働くお母さんは是非ご覧ください。

    はじめて子供を預けて働くことは、お母さんにとっても、子供にとってもいろいろな不安がつきものです。
    子供が生まれてから、はじめて母子が離れ離れになるという方も中にはいるのではないでしょうか。
    さまざまな不安がつきものですが、子供が預かられる環境について、あらかじめ知識を得ておくことは必要なことではないでしょうか。
    託児所とはどういうところなのか、保育所とはどういうところなのか、その違いについてご紹介したいと思います。

  • 託児所と保育園の違いについて詳しく知ってる方教えてください。
    出典 :託児所と保育園の違いについて詳しく知ってる方教えてください。 - Yahoo!知恵袋
  • 親が働きにでている間など、乳幼児を預かって子供の世話をする所をまとめて「保育所」と呼びます。
    その中で、行政が認可した「認可保育所」を「保育園」と呼び、行政が認可していない「無認可保育所」を「託児所」と呼びます。
    出典 :託児所と保育園の違いについて詳しく知ってる方教えてください。 - Yahoo!知恵袋
  • すごく簡単に言うと、託児所は子どもを預ける。保育園は保育を委ねる。の違いです。
    出典 :託児所と保育園の違いってなんでしょうか? - まず 料金が 違いますよね。... - Yahoo!知恵袋
  • 託児所は家庭の都合で預けられるのもメリットの一つですね。
    看護師さんや医師など、深夜働かなければならない方などに利用者が多いそうですよ。

  • 託児所とは、乳幼児をあずかってお世話をしてくれる施設で、国の定めた「児童福祉施設最低基準」を満たした認可保育所には該当しない、認可外保育所にあたります。
    出典 :託児所の仕組みについて | はじめての託児所
  • 認可保育所は預ける人が仕事をしているなど、何らかの理由によって十分な保育が受けられないことが条件となっていますが、託児所にはその規制はなく、仕事をしていなくても預けることができます。
    出典 :託児所の仕組みについて | はじめての託児所
  • なるほど。
    託児所は、親が働いていない状態でも子供を預けることができるのですね。
    最近では子供を預かってくれる時間帯も様々あり、夜預かってくれることもできます。
    兄弟の出産時や、ママの息抜きなどにも利用することができるので、うまく活用される方も多いそうです。
    施設もプレイスペースや運動場の遊具など、いろいろとそろっているところがあります。
    また最近では英会話や音楽などのお勉強を取り入れているところもあるので、利用される前にいろいろな施設を見学して、実際に自分の目で見て決めることも大切ではないでしょうか。

  • 児所は、忙しいママにかわって、食事やオムツ替え、お昼寝など、乳幼児に必要な身の回りのお世話をしてくれます。
    出典 :託児所の仕組みについて | はじめての託児所
  • 託児所には、月極め保育と一時保育があります。
    出典 :託児所の仕組みについて | はじめての託児所
  • 月締め保育だと、利用料金が安くなります。
    一時保育だと、自分の利用したいときだけ利用することができます。
    病院への通院やママのリフレッシュなどに利用することもできます。

  • では保育所の定義についてみてみましょう。

  • 保育所は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育に欠ける児童を預り保育することを目的とする通所の施設。
    出典 :保育所 - Wikipedia
  • 保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育が欠ける子供を1日ごとに預り養育することを目的とする施設。厚生労働省が管轄し児童福祉法に規定される児童福祉施設である。
    出典 :保育所とは - はてなキーワード
  • 保育施設は、大きく三つ(認可保育所・認証保育所・認可外の保育施設)に分類できます。
    出典 :認可・認証・認可外保育所の違い
  • 託児所と保育所の違いは、保護者の勤務形態によっても入所できるかどうかが決まってきます。
    託児所の場合だと、働いていなくても利用することができますが、保育所の場合には、保育に欠けるという要件が必要になってきます。

    では保育所に入るための要件についてはどうなのかをご紹介します。

  • 保育園は誰でも利用できるわけではありません.「保育に欠ける」要件がある場合に利用可能となります.
    出典 :保育園に入園できる条件|保育園情報BOX
  • 保護者の居宅外就労 保護者の居宅内労働(自営・内職など) 産前産後(※) 保護者の傷病または心身障害 同居親族の介護 災害の復旧
    出典 :保育園に入園できる条件|保育園情報BOX
  • 気になる保育園費用について☆

    保育園費用は所得に準じて決まります。
    認可保育園の場合も公立の保育園と同じ費用なので安心ですね。

    ちなみに兄弟がいる場合だと、二人目が半額になり、三人目が無料となることもあります。
    保育園に入る兄弟の年齢が近いと助成制度の恩恵を受けやすくなりますが、年の離れた兄弟の場合だと恩恵を受けられない場合もありますので、ちょっと残念だなと思われる方も出てくるのではないでしょうか。

  • 託児所の場合だと、誰もが利用できる環境にあるけれど、保育所の場合だと要件を満たしていないと入るのが難しいでしょう。

    入所予定の市町村で細かい要件があるので、詳しくはお住まいの地域の役所で調べておきましょう。

    また入所するのが、保育所激戦区の場合かなり厳しいこともあります。
    その場合入所できない場合には、託児所を利用しなければならないこともあります。
    託児所の場合、費用が高額になってしまうこともありますが、保育所の場合だと所得に合わせた保育料が発生するので、保育所の方が利用者にとっては費用面でも安心して利用することができるのではないでしょうか。
    また保育所は、住んでいる地域の自治体でしか入所できないので、保育所激戦区では保育園に入所することができない待機児童という問題も出てきます。

    出産後、職場に復帰する予定があるママは妊娠中から保育所活動を始めている方もいるそうです。
    公立の保育所と私立の認可保育所をいくつか当たってみるのもいいですね。

    今の時代、保育所活動は、早めに行うのが大切でしょう。