頭痛持ちの人必見!こめかみの圧迫感は何が原因?

慢性的な頭痛に悩まされている人の多くが、こめかみの圧迫感を感じているようです。
このように多くの人が苦痛に感じているこめかみの圧迫感は、何が原因として考えられるのでしょうか?
考えられる原因と、圧迫感をなくすための対処法をまとめました。

view41

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • こめかみの圧迫感は緊張型頭痛!

  • 一般的にこめかみ周りの圧迫感やそれにともなう頭痛は緊張型頭痛といいます。
    出典 :こめかみの不快な圧迫感の3つの予防方法とは?
     

    こめかみの圧迫感を感じている人は、緊張型頭痛の可能性があります。
    一般的に頭痛と言えば偏頭痛を想像する人が多いのではないでしょうか。
    しかし、実際は偏頭痛よりも緊張型頭痛の方が患者さんが多いようです。
    慢性的な頭痛に悩まされている人の約70%はこの緊張型頭痛が原因となっているようです。
    まさに、緊張型頭痛は現代の病気と言えるでしょう。
    偏頭痛の場合、激しい頭痛のせいで日常生活に支障が出てしまいます。
    しかし、緊張型頭痛の痛みはそれほど激しくは無く、締めつけられるような痛みが特徴です。
    我慢すれば日常生活を送ることはできますが、大きなストレスとなることは間違いありません。

  •  

    緊張型頭痛では、こめかみの圧迫感が特徴的な症状です。
    また、緊張型頭痛の場合は肩こりが頭痛に影響していると考えられます。
    肩や首の筋肉の凝りを感じませんか?
    更に、疲れ目のような目の痛みを伴うこともあります。
    このような症状から、緊張型頭痛は体が疲れているだけと軽く判断されがちなのです。
    しかし、毎日のようにこのような症状が起こる場合には、病院でしっかりと治療をする必要があると言えるでしょう。

  • 緊張型頭痛の原因と対処法

  •  

    緊張型頭痛は、医師の診察を受け薬を服用することで痛みが治まります。
    しかし、症状が悪化すると徐々に鎮痛薬が効かなくなっていきます。
    鎮痛薬は、あくまでも痛みを和らげるもので治療を行うものではありません。
    そのため、鎮痛薬を服用するとともに日常生活の中にある緊張型頭痛の原因を解消していくことが大切なのです。
    緊張型頭痛の大きな原因となっているのが、ストレスです。
    ストレスと言っても、身体的ストレスと精神的ストレスに分けられます。

  • 精神的ストレス
    仕事のトラブル、人間関係、家庭内の問題などの精神的ストレスも、筋肉や神経の緊張を高め、頭痛を誘発します。
    出典 :こめかみの不快な圧迫感の3つの予防方法とは?
     

    日常生活の中で、ストレスを感じていない人はほとんどいないのではないでしょうか。
    それほど、ストレスは私たちの生活に身近なものなのです。
    このような精神的ストレスが緊張型頭痛を引き起こす前に、ストレス解消を心がけましょう。
    精神的ストレスを解消するために効果的なのは、やはり休むことではないでしょうか。
    仕事で忙しく、ストレス発散の時間が取れない人ほど緊張型頭痛になりやすいようです。
    そのため、仕事の合間を縫ってでも自分の好きなことをしてみましょう。
    精神的なストレスが解消され、仕事に対するやる気も違ってくるはずですよ。

  • 身体的ストレスも原因です。
    無理な姿勢が続くと首筋や肩、後頭部の筋肉が収縮し、筋肉がこってしまいます。
    出典 :こめかみの圧迫
     

    精神的ストレスとは違い、体の疲れを指します。
    長時間パソコン操作をしたり、長時間立った状態で作業をしていたり、長時間車の運転をしている人は身体的ストレスが溜まっているはずです。
    このように同じ体勢を続けていると、体の痛みに繋がってしまいます。
    対処法としては、こまめな休憩をはさむことが効果的です。
    休憩がてら肩や首を回すだけでも身体的ストレスは解消されますので、試してみてください。
    また、日常的に運動を行うことで身体的ストレスは溜まりにくくなります。
    しかし、仕事で忙しい人にとって運動をする余裕はありませんよね。
    そんな人は、通勤方法を替えてみると良いでしょう。
    自転車や歩きで通勤すれば、それだけで十分な運動になりますよ。

  •  

    体の冷えは緊張型頭痛を悪化させると言われています。
    これは、体が冷えると血流が悪くなるからです。
    そのため、日常生活の中でなるべく体を冷やさないように心がけましょう。
    特に、女性に多い冷え症の人は要注意ですよ。