母乳で育てたい!新生児の授乳間隔

母乳で育てる場合の、新生児の授乳間隔は?また、全部母乳でと気を張りすぎないこともポイント。

view308

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 基本の間隔は?

  • 母乳には「催乳感覚(さいにゅうかんかく)」というものがあり、2時間~3時間ごとに新鮮な母乳が湧き出る仕組みになっているそうです。
    出典 :催乳間隔を知ろう
     

    赤ちゃんはこの催乳感覚を感じ取り、新鮮な母乳が湧き出る2時間~3時間ごとに母乳を欲しがる本能があるそうです。
    もちろん、これは赤ちゃんの体内時計が整っている場合の基本パターン。

  •  

    2~3時間おきに母乳を出しておくと、ママの乳管も詰まらず、新鮮な母乳が出て安心です。

  • 1カ月~2カ月:ママの乳房の張り方は毎回違い、赤ちゃんが次に空腹を感じる時間もまちまち。
    3カ月~4カ月:飲み溜めする赤ちゃんだと、授乳間隔は4時間、深夜はなしで済む場合もあります。
    出典 :母乳の授乳間隔 - ママの森
     

    授乳間隔が5時間あくと、乳管が詰まりやすくなると言われます。

  •  

    あくまでも、「こういう場合が多いです」という目安です。

  • 母乳も赤ちゃんも、ひとそれぞれ

  • 新生児の授乳間隔、母乳で育てる場合には「正解」はありません

  • 毎回一定の量を飲ませてあげられるミルクの場合とは違い、おっぱいの場合は毎回出る量も違うし赤ちゃんが飲む量も違います。
    おっぱいを欲しがる理由も、お腹が空いた以外にも喉精神安定剤的理由で飲むことも多いです。
    出典 :リズム(授乳間隔の調整)は必要!? | 魔法のおっぱい - 楽天ブログ
     

    ミルクの場合には消化に時間がかかるため、おのずと授乳間隔はあきます。

  • 生まれてすぐの赤ちゃんは1時間も経たないうちにおっぱいを欲しがることがあります。
    赤ちゃんにとって、外の世界は、今までママと一身同体で守られていたお腹の中と違い、ママをすぐそばで感じられない、未知の世界なので、不安で泣くのは当たり前なんです。
    出典 :催乳間隔を知ろう
     

    生まれたばかりの小さな赤ちゃんは一度にたくさんの母乳を飲む力がないので、1日に何度もママのおっぱいを飲み、お腹を満たし、飲む力をつけていくのです。
    ここでミルクを足してしまうと、赤ちゃんは飲む練習ができず、またママから安心をもらう回数が減ってしまいます。

  • 授乳回数は多くていい

  • 母乳は授乳回数が多いほど出が良くなって減らすと出が悪くなってしまうので
    月齢が上がるにつれて1回の飲む量が増え授乳回数は減っていくミルクとは矛盾が出てきます。
    出典 :リズム(授乳間隔の調整)は必要!? | 魔法のおっぱい - 楽天ブログ
  • いざというときはミルクでお助けも

  •  

    何かと忙しい子育てママ。どうしても用事があるのに泣き止まない、というときは、時々ミルクに頼るのも手です。

  • 赤ちゃんにとってミルクは、母乳よりずっと消化しにくい食物なので、ミルクを飲んだ後は胃に血液が集中して、長く深く眠ります。
    出典 :ミルクだと、どうして眠りが深い(長く寝てくれる)のでしょう? - Yahoo!知恵袋
     

    大人でも、沢山食べた後は眠くなりますね。

  • ミルク必要なら足してもらって構わない派。だって3人目ですもの、母乳だけで1年乗り切れると思ってないもんw
    可能なら最初の1ヶ月くらいは完母で頑張りたいけど、それはあくまで希望ゆえ。
    とりあえず、順調かどうかは微妙なとこだけど、吸ってはくれてるから明日以降の母乳の出方次第だねー。
     

    このくらいのバランスが、うまくいくコツになりそうです。