美肌を作り、維持するために習慣づけたい4つのこと

美肌づくりには努力が欠かせませんが、習慣にしてしまえば苦になりません。美肌づくりに欠かせない習慣を紹介します。

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日焼け止めの成分に気をつける

  • サンスクリーン剤の性能は、SPF(Sun protection Factor)とPA(protection Grade of UVA)という値が用いられています。SPFは紫外線B波(UVB)を浴びて出来る肌の赤みを基準にして決め、紫外線B波に対する効果を表しています。2~50まで表されています。
    出典 :日焼け止め 徳島のエステ 赤池クリニック
  • SPF値が高いほど紫外線B波(UVB) の防止効果が高くなります。例えばSPF50というと、何も塗らない状態に比べて50倍日焼けしにくいということで、イメージ的にはほとんど日焼けしまいと思ってしまいます。
    しかし、SPF値を決めるときの塗り方は、実は実際に女性が塗る量(顔にパール2個程度)の5倍くらいと言われています。
    出典 :日焼け止め 徳島のエステ 赤池クリニック
  • ポイントは、日焼け止めの使い分けです。海や山へ行くときには強いものが必要ですが、日常生活で光老化を避けるためならSPF15程度で充分です。
    ・日常生活では、肌に優しいSPF低め15までで充分
    ・プールや海、山登りの時はSPF高めの30~50のものをその時だけ使用
    出典 :日焼け止め 徳島のエステ 赤池クリニック
  •  

    日焼け止めは使い分けることで肌への負担を減らすことが出来ます。

  • 食生活に気をつける

  • 日光浴によるダメージを少なくするためには、食物の栄養成分を利用する方法があります。 よく知られているように、ビタミンCやベータカロチンには、肌のダメージを修復してシミを予防する力があります。日光浴の後のメラニン色素の過剰な増加を抑制する働きもあるので、ぜひ摂るように心がけましょう。
    出典 :紫外線から肌を守る食事
  •  

    日焼けを減らす効果がある食べ物を意図的に食べることで、美肌維持に役立つんだそうです。特にビタミンCとカロチンが含まれている野菜を意識して食べると効果的。

  • また、タンパク質とビタミンB群を豊富に含む食べ物をコンスタントに摂ることも大切です。具体的には、牛肉やレバー、腎臓などのモツ類が有効。これらがあまり得意じゃなくて…という人には、手軽に服用できるタブレットも強い味方になってくれます。ビタミンB2はじめ、ニコチン酸を主としたビタミンB群を常用タブレットとして愛用すると皮膚の抵抗力が格段にアップします。
    出典 :紫外線から肌を守る食事
  •  

    野菜ばかり食べるのではなく、少しは肉を食べましょう。週に1回レバーを食べると栄養素が不足することがないです。

  • ストレスを溜め込まない

  • ストレスが肌に悪影響を与える原因は複雑ですが、よく指摘されるのが活性酸素(フリーラジカル)との関係です。活性酸素は強い酸化力を持つ物質で細胞を酸化させて老化を加速させたり、細胞の炎症を引き起こしたりするため肌トラブルとの関連が指摘されています。そしてストレスは体内に大量の活性酸素を発生させるのです。
    出典 :ストレスとお肌の関係 | スキンケア大学
  •  

    ストレスを溜め込まないように、自分に適したストレス発散法を見つけておくと良いでしょう。カラオケやジムでのトレーニングなどがいいですね。

  • 睡眠時間を確保する

  • 元気なうちは体力があって、睡眠不足も乗り越えられるでしょう。しかし、体力面で乗り越えられても、健康面の影響は、確実に体の中で起きています。
    特に、肌が影響します。睡眠をたっぷり取れば、必ず肌がきれいになります。十分な睡眠を取ることで血液循環もスムーズになり、影響が肌に行き渡るのです。同時にストレス解消にもつながり、気持ちのいい朝が迎えられます。
    出典 :睡眠時間は、美肌生成の時間。 | 透明感のある美白美人になる30の方法 | HappyLifeStyle
  •  

    夜更かしせずに睡眠時間を確保することが大切。生活サイクルを2時間早めることで簡単に早寝早起きができるようになります。