健康的にダイエットをおこなわないと、逆に太ってしまう現実!

健康的にダイエットをおこなわない、太りやすい体質になってしますのはご存知でしょうか?
そもそもダイエットは余分な脂肪を落として、健康的な肉体を得るためにおこなうものなのですから、そのダイエットで健康を損なうようなことをしてしまったら、本末転倒もいいところです。
健康的に痩せる方法をまとめました。

view74

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康的に痩せるには?

  • 個人差はあるものの食事の基本は3食とることです。
    1食抜いてしまうと、空腹時間が長くなり、次にとる食事でエネルギー吸収が必要以上に高まってしまうばかりか、その反動で食べ過ぎてしまい、肥満の原因を作ってしまいます。
    出典 :リバウンドなしで健康的に痩せるための「ダイエット特集」 | びんちょうたんコム
     

    毎日3食の食事を摂る習慣の方が、ダイエットのために1食を抜くような生活をしますのは身体のサイクルがおかしくなるので、逆に肥満の原因となってしまうようですね。
    食事を抜くというダイエット方法は、短期的な効果はありますが長期的な視点に立ち効果を考えますと、あまり良さそうではないと考えられます。
    逆に、毎日3食以上食べている方は、少し節制をした方がいいかもしれません。

  • 自分にあったダイエット法を見つけるには、巷でうわさのダイエット方法で、気になったものを試すのも一つです。ただし、1食抜きや、ある1つだけを食べるといった、偏りがあるダイエット法だと、どうしても後でしわ寄せがくるので気を付けましょう。
    出典 :リバウンドなしで健康的に痩せるための「ダイエット特集」 | びんちょうたんコム
     

    1食抜きの他に、リンゴのみを食べて痩せるという「リンゴダイエット」のようなものも、過去にはやったダイエット法にはありました。
    このように、1つの食品だけ食べ続けるのは栄養のバランスが崩れますので、なるべくバランスのとれた食事をとるようにしましょう。
    このようなダイエット方法をしていて、健康にいいわけがありません。

  • 早く食べると満腹感が現れる前にたくさんの量を食べてしまうので過食気味になります。
    一度口に入れたら最低でも30回は噛む。噛むと唾液が出る。唾液には抗菌物質が含まれているため、食道や胃内の細菌や真菌の繁殖さえ抑えることができます。
    出典 :食べ方を見直して健康的に痩せる9つの方法 - NAVER まとめ
     

    よく噛んで食事を摂るようにしましょう。
    よく噛めば、食道や胃の中で菌が繁殖するのを防ぐことができます。
    また、噛むことによって食べ物を細かく噛み潰すこともできますから、消化吸収の効率が良くなります。
    たくさん噛むことによって、満腹感も得られますので、多く噛むことは簡単にダイエットを成功させるためのコツの1つであるといえます。
    ちなみに、口臭の予防にもなりますので、多く噛むことはメリットばかりの行為であると思います。

  • バランスのとれた食事をとることが、実はダイエットの近道?

     

    健康的に痩せるとは、リバウンドをしない痩せ方です。
    例えば、食事を抜いて痩せるというのは、リバウンドをする痩せ方である上に、身体が飢えている状態になります。
    飢えている状態になりますと、次に栄養がいつくるのかわからないので身体が栄養を脂肪として蓄えてしまいます。
    食事は抜かず、バランスのとれた食生活をすることが大切です。

  • 健康的に痩せるためのダイエット

  • 有酸素運動がダイエットに有効かというと、体内に取り込まれた酸素が、体脂肪と糖質を燃焼させるからです。
    出典 :リバウンドなしで健康的に痩せるための「ダイエット特集」 | びんちょうたんコム
     

    有酸素運動は、マラソンやスイミングのような激しいものから、ウォーキングのような簡単にできるものまで幅広くありあます。
    マラソンをするにせよ、スイミングをするにせよ、基本的な運動能力や体力が必要になってきます。
    だから、マラソンやスイミングを将来的にしたいという方でも、まずはウォーキングで体力をつけてから、ハードなマラソンやスイミングをするように、段階づけておこなうのが大切です。
    短い期間では思った程の効果を実感することはできませんが、長い期間、毎日おこなえば確実に痩せますし、太りにくくなる生活習慣を手に入れたことになります。

  • 停滞期に入ってしまったと感じたら、まず焦らずに、今までと同じ食事、そして運動を続けることが重要になります。ここで食事量を極端に減らしたり運動量を極端に増やすのは、飢餓モードを助長してしまうため逆効果。のちのちリバウンドを呼び込む原因にもなりかねないのでオススメできません。
    出典 :ダイエットの停滞期を早く脱出する6つの方法 - ヘルシーダイエット特集 | やせるコツやエクササイズを紹介 - AllAbout
     

    ダイエットには必ず、停滞期というのがあります。
    停滞期になるまで、順調に体重が落ちていたのに、この停滞期に入ってしまうと全然体重が落ちてきません。
    このような時に、焦って必要以上の節制や運動をしてしまうと逆効果になってしますのです。
    停滞期は2週間から1ヶ月程度の期間続きます。
    ダイエット中の難所の1つですが、これを乗り切ってしまえば、またすぐに体重が落ちてきます。
    ですから、焦らずに、そして痩せないことをストレスに感じないことが重要です。

  • 健康的に痩せるためには、運動をするのが近道?

     

    運動をおこなう時の注意点として、水分を摂取するようにしましょう。
    水分をとらなければ、激しい運動で劇的に痩せますが、水分を摂取したら元の体重に簡単に戻ってしまうのです。
    さらに水分を失いすぎれば脱水症状で死ぬ可能性があります。
    健康のためのダイエットで死んでしまっては、笑えません。
    そして、運動も激しい運動をすればいいわけではありません。
    激しい運動を毎日おこなうのはストレスになりますから、ダイエットは長続きしなくなります。
    散歩程度でもいいので、毎日継続しておこなうということが大切なのです。