見た目がぐっと若返る【たるみケア】についてのまとめ

13歳近くは若返るというたるみのケアをしっかりしてみませんか?
たるみが減るだけで驚く程若くみられますよ

view218

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • たるみ対策を始めよう

  • コラーゲンやエラスチンの生成を促す。
    コラーゲンやエラスチンの生成に効果的な化粧品を活用し、肌の弾力をアップさせましょう。紫外線によってコラーゲンやエラスチンが破壊されるので、UVケアもしっかり行ってくださいね。コラーゲン生成の材料になるタンパク質や、コラーゲンの合成や新陳代謝を促進させるビタミンやミネラルをしっかり摂るといった、内側からのサポートもおすすめです。
    出典 :エステティシャンの『美の裏技』(20) 老け顔改善!たるみケア後編 | 美的.com
     

    コラーゲンは一番知っている人が多いですよね

  • 紫外線はダメ

  •  

    たるみの最大の原因となるのは紫外線です。紫外線を長時間浴びると、真皮層に含まれるエラスチンやコラーゲンがダメージを受け、細胞のDNAを傷つけることで細胞の老化スピードが加速してしまいます。外出時は必ず日焼け対策を心がけることが重要です。

  • エクササイズも効果的

  • 表情筋の衰えもたるみにつながるので、顔の表情筋を鍛えることが大切です。トレーニング方法は、大きな口を開けて「あ・え・い・お・う」と発音するのが大切。さらに、口を発音した状態で5秒前後そのままにするのがポイント。1日に5~10回してみてください。また、よく話し、よく笑う方は大頬筋が鍛えられるのでたるみにくいようです。
    出典 :たるみのメカニズムと改善方法 | スキンケア大学
     

    普段からこのような事が出来ますよね

  • 表情筋を鍛えると、たるみにも効果的ですし、表情が豊かになります。また、表情筋の周りの活性化や新陳代謝を促し、真皮の成分であるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞にも働きかけます。
    出典 :たるみのメカニズム
     

    相乗効果を狙いましょうね

  • 糖分を摂りすぎない!

  • 「たるみ」を気にする方は、糖分の摂りすぎには注意です。糖とタンパク質が結合する「糖化」の影響で、コラーゲンの弾力性が低下しやすくなります。揚げたり、焼いたりしたお菓子は大好きな人も多いと思いますが、調理の製造過程で「糖化」が起こり、糖化最終産物AGEsが含まれるので、食べ過ぎには気をつけてください。
    出典 :エステティシャンの『美の裏技』(20) 老け顔改善!たるみケア後編 | 美的.com
     

    今注目されている糖化もたるみの原因となりますね

  • 無理なダイエットは厳禁

  • 皮下脂肪が急激に減ると、余った分の皮膚は たるみになるのです。また、リバウンドで太ると、皮下脂肪が増え、それを覆う皮膚が伸びて、元に戻りにくくなります。太ったりやせたりの繰り返しは皮膚を老化させ、たるみを加速するので要注意です。
    出典 :肌の『たるみ』!その原因とメカニズムを解明 美容情報コンテンツ【健康美容EXPO】
  • サプリメントも有効活用

  • 実は、コラーゲンは、口から摂取してもすべて皮膚に行き着くことはありません。とはいえ、お肌の元となる成分であることは確かなので巡りめぐってお肌に行き着くということは考えられます。ドリンクを飲むと肌がプルっとした感じがしたり、肌にハリが出たように感じるのは、栄養が全体的に行き渡ったということだと思います。
    出典 :たるみのメカニズムと改善方法 | スキンケア大学
  • 乾燥対策をする

  •  

    肌が乾燥すると皮膚の新陳代謝が悪化し、古くなった角質がはがれ落ちにくくなります。 エラスチンやコラーゲンをつくる細胞の活動も鈍り、皮膚の弾力性が失われます。保湿を心がけ、冷暖房による乾燥にも注意が必要です。