女の子って男の子と違って育てやすいの?女の子の育て方(幼少~思春期)

男の子は育てるのが難しいってよくいいますが、女の子だって同姓であるがゆえに大変な事もあるのではないでしょうか?
女の子の育て方についてまとめてみました。

view360

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 性別の違いはいつから?

  • いつから男女にわかれるの?

     

    かなりさかのぼりますが…まだお腹の中に居る時の事。
    まず性別っていつ決まるのでしょう?

  • 実は、妊娠約2か月までの男女の胎児の体には、違いがありません。 胎児の体は、特別な指示がない限り女性の体になるようにプログラムされています。 つまり、人の体は女性が基本形であり、脳も女の脳が基本形なのです。
    出典 :内田麻理香:カソウケン(家庭科学総合研究所) - 003男の子は成長が遅い?-男女の脳-
  • 胎児が胎児が男の遺伝子を持つ場合は、テストステロンという男性ホルモンが大量に作られて、シャワーのように全身に降り注ぐのです。 この男性ホルモンシャワーの働きで、女の生殖器の代わりに男の生殖器が作られるようになります。そして、その男性ホルモンシャワーにより、胎児の脳が男性型に傾き始めるのです。
    出典 :内田麻理香:カソウケン(家庭科学総合研究所) - 003男の子は成長が遅い?-男女の脳-
  • 女の子の特徴

  •  

    早咲きタイプの女の子。どのような特徴があるのでしょうか?

  • 女の子と男の子は、歩き始める1年目の頃から少しずつ差が出始めます。 女の子の場合、ぬいぐるみやお人形を好み、ままごと遊びをするようになります。お人形の髪を『キレイキレイしようね』と言葉をかけながらとかしたり、食事をさせる真似をしたりし始めます。自分が母親であるかのようなしぐさをするようになっていきます。
    出典 :女の子の育児は楽しみがたくさん:パパママ育児
  • 小学生位までの男の子と女の子を比べると総じて成長が早いのは女の子。男の子より体の大きな女の子の割合も多く、体力面や運動面でも男の子を上まわる女の子はざらにいます。学習面やコミュニケーション能力、社会性の面でも女の子の方が理解力や適応力が高く、学校でを握る女の子も少なくありません。
    出典 :☆男の子よりもませている、女の子の育て方とは?|ママノート
  • 女の子は算数では計算、理科なら花、植物、絵は人物や草花などを好んで描きます。女の子は一般に言語の能力が高く文章読解、作文が好きで得意になります。学習態度も違います。コツコツ真面目にきちんと学習できて着実なのは、女の子。
    出典 :男の子のほめ方、女の子のほめ方 - Pickup!教育のヒント - 教育のまぐまぐ!
  • 小学生4年生頃から腹の立つ口ごたえや理解不能なませた行動が目立つようになってくる
    出典 :女の子の育て方 | 家庭教育 | 実用・教育 | 書籍 | 小学館
  • 女の子と母親の関係

  • 母と娘の関係は?

     

    母親にとって女の子は同姓。女の子にとって、母親はどのような関係であるべきなのでしょうか?

  • 女の子は、ヨシヨシして育てなさいと教わりました。女の子は頭をヨシヨシして可愛がってもらうと脳が喜ぶのだそうです。女脳は大切にされたい、愛された実感がほしい、大好きだといわれたいという欲求がとても強いのです。小さい頃に大好きだよ、といって抱きしめられたり、ヨシヨシされたりしたことのない女の子は「慢性の欲求不満」になっています。
    出典 :encourage・station 女の子の育て方
  • 女の子も個性が様々です。大切なのは子どもを信じて承認する事だと思います。私は娘達には幸せな人生を送ってくれたらいいなと思っています。そのために私ができることは将来を見据えた子育てです。大切だと思うことは伝え、愛情深く、時には厳しく、温かく、幸せな人生を切り開ける人に育ってくれたらいいなと思っています。
    出典 :encourage・station 女の子の育て方
  • 育児とは親から子へ代々伝わっていく心の伝承だと思います。娘は母親を映す鏡。それは小さい頃からはっきりとわかります。とげとげしい、きつい叱り方をする母親の子供が弟やお友達に、そっくりの口調で注意をしているのを聞く事があります。母親は女の子のお手本として自分をしっかりと省みる必要があるといえます。
    出典 :母親にとって女の子とは:女の子の子育てで重要なこと
  • 女の子のしつけ

  •  

    男の子とは違ったしつけが必要になってきますね。どのようなしつけをしたらいいのでしょうか?

  • 女の子に育んでいきたい力は人を愛し、人から愛され、幸せな恋愛・結婚をして幸せな家庭を築ける力。結婚してもしなくても、充分に自分で生活でき、生きがいを持って日々の仕事に取り組んでいけるキャリア力。
    出典 :女の子の育て方【WAVE出版】
  • つまり「恋愛・結婚力」+「賢明に生きるキャリア力」=「女の子の幸福力」この「幸福力」を育てるための最初の土台は乳幼児期のラブとハッピーに満ちた子育てなのです。
    出典 :女の子の育て方【WAVE出版】
  • 女の子は攻撃性が少なく物事を素直に聞き、周囲の人の真似をする習性があります。その結果女の子の方が何でも早くできるようになるのです。女の子はコツコツと何かを積み重ねることも好きだそうです。どちらかと言えば長期継続型と言えます。子供のしつけには男女の脳の働きの違いを理解する事で、より正しく効果の高いしつけができるのです。
    出典 :しつけ方法に男女の違いはあるのか
  • 女の子だからというよりも、しつけの厳しさには性差をつけないことがポイントです。女の子については、あまり自分の意見を主張せず周囲に同調することを要求されがちです。ある程度の協調性は必要ですが、これからは女の子に対しても自分の意見をもち、伝えていくことの大切さを教えていくべきです。
    出典 :☆女の子に必要なしつけとは? |ママノート
  • 「ラブラブ夫婦でいること」が幸せな恋愛・結婚観醸成につながる。「女の子に普通の幸せな結婚をしてもらい、幸せな人生を歩んでほしいと思うなら、乳幼児期のラブラブ期+思春期の“見守り期”における親の接し方がとても大切です」と諸富さん。
    出典 :男の子と女の子、育て方の違いって? 教育の専門家に聞いてみた(ウートピ) - エキサイトニュース(2/2)
  • 乳幼児期は男の子と同様、子育ての土台ともいえる時期で、愛情をたっぷりと注ぐことで「お母さんから愛されている」と自己肯定感を持たせることにつながります。
    出典 :男の子と女の子、育て方の違いって? 教育の専門家に聞いてみた(ウートピ) - エキサイトニュース(2/2)
  • 女の子の育て方

     

    私は男の子しか育てていませんので、女の子は育てやすいんだろうなって思っていました。実際お友達の女の子をみていても、しっかりしているし、大人しい…。激しさがないんですよね。女の子ママさんに聞いてみると、女の子も難しいと男の子とは違った悩みを持っていました。このまとめをした事で、さらに女の子の育て方も難しいことを感じました。
    子育ては男女の接し方の違いはありますが、親の愛情と子供といかに向き合っていくか?なのではないかと思います。