「唇に口内炎」が起きた?ヘルペスじゃない?

「唇に口内炎」がおきたら疑うのはヘルペスですが、大丈夫なのでしょうか

view869

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 唇に口内炎は厄介

  • ほおやくちびるの内側、舌の縁などを噛(か)んでしまったり、とがった食べ物で口の中や歯肉を傷つけたり、やけどや辛い食べ物などの刺激からできることもありますが、かぜや疲れなどで免疫力が落ちているとできやすくなります。また、ビタミン不足やストレスも原因に。
    出典 :口内炎は「疲れ」のサイン - goo ヘルスケア
     

    色々な原因で引き起こされます

  • 唇に口内炎が出来てしまうと

     

    食べるものがついたりしたときにとても痛いですよね。場合によっては、日常生活に支障が出る事も・・・そんな口内炎は治しておきたいものだと思います

  • 唇の口内炎?

  • 唇にできる口内炎は、唇の端があれたり、ただれたりするものが多く見られます。唇の口内炎で、ヘルペス性口内炎は、特徴的な現れ方をします。ヘルペスに初めて感染すると、唇や口の中に小さな水ぶくれがたくさんできます。
    出典 :唇の口内炎 | 口内炎の原因と治療ガイド
     

    この辺が違いというか特徴ですね

  • 1歳~3歳くらいに発症することが多く、発熱や不快感を伴い、歯肉が赤く腫れ、出血しやすい状態になります。2回目以降のヘルペス性口内炎は、再感染ヘルペスといわれますが、再び感染したわけではなく、最初に感染したヘルペスが再活性することで起こります。
    出典 :唇の口内炎 | 口内炎の原因と治療ガイド
     

    ヘルペスを疑った方が良いかもしれませんね

  • ちなみに口唇ヘルペスは

  • 原因となるヘルペスウィルスに感染すると、接触後3~7日の潜伏期間を経てくちびるや口の周りに水ぶくれが現われます。風邪を引いたり、熱がでたり、紫外線を浴びたりすることが誘因となって生じるため「熱の華」や「風邪の華」と呼ばれることも。
    出典 :【口唇ヘルペス】 - 口内炎なび
     

    幼少期に家族間で感染する事もすくなくはないそうです

  • 口唇ヘルペスは幼少期に家族間で感染・潜伏していることも多く、免疫機能の低下によってウィルスが暴れ出し、再発を繰り返すのが特徴です。なお、日本では10人中1人が感染しているとされ20~30代では約半数、60代以上になるとほとんどの人が感染しているとか。
    出典 :【口唇ヘルペス】 - 口内炎なび
     

    多いですね

  • 引き金になるのはストレスや過労

  • 睡眠不足や過労、ストレス、不規則な食事など、心と体の疲れが引き金になることがよくあります。
    出典 :口内炎は「疲れ」のサイン - goo ヘルスケア
  • 現代医学において、潜伏するヘルペスウィルスを退治することはできません。しかし、暴れているウィルスの増殖を抑えたり、症状を和らげたりすることは可能です。適切な処置をするのが早ければ早いほど効果があり、また回復も早まります
    出典 :【口唇ヘルペス】 - 口内炎なび
     

    早期発見早期治療ですよ

  • 予防は

  • (1)まず口の中を清潔に。毎食後に歯磨きやうがいで常に清潔にする。また口の中が乾かないようにする。(2)疲労・ストレス・睡眠不足に気をつけて。ゆっくりと休養をとって、睡眠を十分に。
    出典 :口内炎は「疲れ」のサイン - goo ヘルスケア
  • ほかにも

     

    バランスの良い食生活に禁煙とアルコールを控える事も予防には効果的だと思います!気をつけましょうね!