新たな国民病といわれている慢性腎臓病の治療についてみてみましょう。

生活習慣病やメタボリックシンドロームとも関連が深いので、腎機能の低下をほおっておくとさまざまなリスクが発生します。そうならないためにも、慢性腎臓病の治療について紐解いてみましょう。

view103

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性腎臓病は、慢性に進行するすべての腎臓病をさします。新たな国民病といわれ、生活習慣病ともかかわりが深く、機能の低下は命の危険が及ぶこともあります。ぜひ気を付けたいですね。

  • 慢性腎臓病の初期症状は?

  • 慢性腎臓病(CKD)は初期には自覚症状がほとんどありません。それが、慢性腎臓病(CKD)の怖いところで、患者を増加させている原因でもあります。そして腎臓は一度あるレベルまで悪くなってしまうと、自然に治ることはありません。放っておくと、どんどん進行して取り返しのつかないことになるおそれがあります。
    出典 :慢性腎臓病(CKD)って?|知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)
  • 進行すると現れてくる症状は?

  • 慢性腎臓病(CKD)が進行すると、夜間尿、むくみ、貧血、倦怠感、息切れなどの症状が現れてきます。
    これらの症状が自覚されるときは、すでに慢性腎臓病(CKD)がかなり進行している場合が多いといわれています。つまり、体調の変化に気をつけているだけでは早期発見は難しいといえます。
    出典 :慢性腎臓病(CKD)って?|知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)
  • 早く見つけるには・・・?

  • 定期的に健康診断を受け、尿や血圧の検査をすることが早期発見につながります。特に尿たんぱく陽性の方は要注意ですので、病院でくわしい検査を受けるようにしましょう。
    出典 :慢性腎臓病(CKD)って?|知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)
  • 慢性腎臓病

     

    こんな症状がありませんか?

  • 腎臓の働きについて知ろう。

  • 腎臓の働き

     

    1.体から老廃物を追い出す
    2.塩分と水分の排出量をコントロールし血圧を調整する
    3.赤血球は腎臓から出るホルモンの刺激を受けてつくられます
    4.体液量・イオンバランスの調節をする
    5.強い骨をつくります

  • では、どんな治療があるのでしょう?まずは、原因となる疾患を治療が大切!

  • 一般療法(生活習慣病・メタボリックシンドロームの是正、感染予防、運動など)、食事療法(減塩・低蛋白食、エネルギーコントロール食など)、薬物療法(レニン・アンジオテンシン系阻害薬、カルシウム拮抗薬、副腎皮質ステロイド薬、免疫抑制薬、血糖降下薬など)、手術のなかから選択されます。
    出典 :慢性腎臓病(CKD)| 腎臓と尿路の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 慢性腎臓病では、日常的な腎臓の負担をできるだけ少なくするよう、食事などの生活習慣を管理した上で、薬を使ってコントロールします。また、慢性腎臓病は心臓病や脳血管病などの合併症を引き起こしやすいので、その予防や治療も同時に行います。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|透析|7.慢性腎臓病の治療
  • 薬物治療

     

    薬によって腎臓の負担を軽減。
    病気の進行を遅らせる。
    合併症を予防する。
    症状を緩和させる対処療法もある。

  • それでも機能が低下する場合は、「人工透析」と「腎蔵移植」ということになるので、そうならないためにも、生活習慣病の予防や、食事療法など自己管理が大切です。