赤ちゃんのアトピー性皮膚炎対策 慢性化させずに成長過程で治す!

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の対策についてまとめます
アトピー性皮膚炎はほとんどの人は成長とともに治ると言われていますが、慢性化させないためには早めの対処と対策が必要だそうです

view305

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんのアトピーの症状

  • 乳幼児のアトピー性皮膚炎とは、痒みのある赤い湿疹でジクジクした感じのものが2ヶ月以上続く・再発を繰り返す・湿疹のできる部分が首、背中、お腹、ほう、ひたい、関節部分、目の周り・耳切れなど・体にひっかき傷が残る等が特徴です。
    出典 :アトピー性皮膚炎の特徴・原因・皮膚のトラブル-赤ちゃんの部屋
     

    生後1カ月前後からほぼすべての赤ちゃんに見られる『乳児湿疹』は皮脂の分泌過剰が原因なので、スキンケアだけで治ることが多いですが、アトピーはスキンケアだけでは治らないことが多いようです

  • 「アトピー」は顔や首、胸、ひじやひざなどに多く見られます。汗をかきやすく、皮膚のバリアが弱いのに肌と肌がこすれて、刺激をうけて湿疹が出ます。
    出典 :アトピーの症状とその原因は? 乳児湿疹とはどう違うの? | ベビカム
     

    原則として、ひどくなったり良くなったりを繰り返すようです
    早くて生後2~4か月ごろから症状がみられるそうで、発症時期が遅いほど慢性化する傾向があるようです

  • 赤ちゃんのアトピーは自然に治る?

  • 赤ちゃんのアトピーは大半が成長とともに治る

     

    乳幼児の場合、大半は成長と共に自然に治り、
    思春期を迎える頃にはたいてい完治していますが、
    最近では、大人になっても完治しない人や再発する人、
    大人になってから発症する人が増えてきたのだそうです
    中年以降は自然治癒するようですね

  • 子供は肌が弱く、体力や免疫力も低いため、アトピーになりやすいと考えられます。
    成長により体力がつき、肌も丈夫になり、免疫力が確かなものになることで、アトピーが改善されます。「成長=体質改善」が、アトピー性皮膚炎の根治治療になるんですね。
    出典 :なぜ子供のアトピーは治るのか--大人アトピーの治し方
     

    アトピーの原因ははっきりとは解明されていませんが、免疫機能の低下や、肌が弱くなることが発症の引き金になるそうです

  • 赤ちゃんのアトピー対策

  • 赤ちゃん(乳児)アトピーの原因については、さまざまな要因が指摘されていますが、これらを大きく分けると、「遺伝的要因」、「環境的要因」、そして「食事的要因」があります。
    出典 :赤ちゃん(乳児)のアトピーは必ず治る!
     

    環境的要因は、ダニやハウスダスト、動物のふん、皮膚に付着する細菌などがあるそうです
    食事的要因は、食物アレルギーの原因として多い、大豆や牛乳、卵、小麦、魚介類などがアトピーにも悪影響を及ぼすことがあるようです

  • 日常生活上の注意点として、毎日の入浴、長時間の紫外線の回避、症状増悪時の砂遊び・プ-ルの回避、爪をまめに切る事、夏場の汗は早くシャワーで流す事、冬場は保湿剤塗布でスキンケアする事等があげられます。
    出典 :いのうえ小児科アレルギー科クリニック <小児アトピー性皮膚炎について>
     

    治療としては対症療法になるので、環境的要因を排除すれば好転する場合も

  • ・ママの食事を油・肉・乳製品・タマゴ抜きにする
    ・朝・晩の2回、どくだみ化粧水とシウンコウを塗る
    ・絶対にストレスを溜めさせないようにして、規則正しい生活を送る
    出典 :赤ちゃんのアトピー、自力で治した!実践記
     

    この方は自力で赤ちゃんのアトピーを治されたとのことなので参考になりますね
    母乳の頃から食事に気を付けている人は発症しにくいのかもしれません
    シウンコウ(紫雲膏)というのは漢方薬の軟膏ですが、これについては個人によって合う合わないもあると思うので慎重にしましょう

  • 赤ちゃんのアトピーを慢性化させないためには

  • 炎症や痒みの症状がでたらすぐに処方されたステロイド外用薬などで症状を抑え込むこと。そしてそれと並行して、根本的に免疫バランスを改善し、お肌のバリア機能を回復させてあげることです。
    出典 :赤ちゃんのアレルギー疾患、慢性化させない重要なポイント - 病院 - アトピーおしえて!アトピちゃんママの知恵袋
     

    ステロイドは悪と思われがちですが、正しく使えば症状が改善でき、昨今では表面的な炎症が治癒したあとも定期的に患部に塗ることで症状が改善すると言われています
    ステロイドは使わない!とこだわり過ぎることで悪化させてしまい、結果慢性アトピーになることも

  • 冷えは体の機能を低下させ、消化不良や、排泄不良など、アトピーが悪化してしまう原因になります。
    お母さんが意識して、タオルケットをかけてあげたり、マッサージをして温めるようにしてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんアトピー【免疫力を高める方法】 - アトピー治療には何もいらない―
     

    眉間やおでこ、二の腕や太ももなどを指の腹でやさしくなでて温めてあげるといいようです

  • 赤ちゃんのアトピー予防に役立つアイテム

  • お茶や化粧水、軟膏など色々効果があると言われているものがありますが、個人によって合う合わないなどがあるので、ここでは悪化の心配がなく、一定の効果があったと言われるアイテムだけをピックアップしました

  • 赤ちゃんのアトピーにクオーレアモーレの服が◎

     

    臨床試験でもアトピー患者さんに5割以上の改善効果が見られたというバイオメディカルニット肌ケアコットン
    肌が弱いうちは、ちょっと奮発して試してみては?
    赤ちゃんのアトピーに改善効果が見られるかも◎

  • レイコップ布団専用ダニクリーナー

     

    ダニ退治に最強!と話題のクリーナー
    天日干しや布団乾燥機よりもっと効果があるそうです
    私も欲しい~~~

  • アラミック イオニックプラス ビタミンCシャワー

     

    水道水に含まれる塩素をビタミンCで除去できるシャワーヘッド
    肌荒れ防止効果もある上に、節水もできるそうです