時間をかけて確実に「青魚ダイエット」とは!?苦手な人も是非みてみて!

青魚ダイエットというものがあるのです。EPAやDHAなど有効成分がつまっているのですよ!

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 青魚ダイエットとは

  • 青魚は脂肪の燃焼を促進するEPAやDHAが豊富で、満腹感を得やすくしてくれるヒスチジンという成分を多く含んでいます。青魚ダイエットは、青魚に含まれる栄養素により、自然に食事の量を減らし、太りにくい体を作れるダイエット法です。
    出典 :【青魚ダイエット】 | 肉・魚・卵 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    有効成分が多そうですね!

  • 青魚ダイエットは

     

    お金はかけたくない人や、時間をかけて確実にダイエットしたい人にとっても向いているダイエットと言われています。肉食中心の人は是非試してみて!

  • 本当に痩せる?

  • ヒスチジンという必須アミノ酸があります。これはなんと、脳の関門をくぐりぬけて脳内に到達することができます。脳内に入ったヒスチジンは、酵素によってヒスタミンになります。5%のヒスチジンを含んだ食事を肥満のラットに与えたところ、食べる量や体重が明らかに減ったという実験結果もあります。
    出典 :青魚を食べるとやせるってホント? [食と健康] All About
     

    このような実験結果が得られています。

  • ヒスチジンはイワシ、サンマ、マグロなどの青魚に多く含まれています。ただし、鮮度が落ちた魚では、魚の中で、ヒスチジンはヒスタミンに変わってしまいます。そして、この変化したヒスタミンは、食中毒の原因になってしまうこともありますので、新鮮なお魚を選んで食べるようにしてくださいね。
    出典 :青魚を食べるとやせるってホント? [食と健康] All About
     

    新鮮な魚は味も全然違いますよね

  • 健康にもとっても良い!

  • 青魚は、肉よりも脂肪分がすくなく、体に良い栄養がたくさん含まれています。代表的なものが、不飽和脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)です。EPAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。また、血液をさらさらにして動脈硬化を防止する効果があります。
    出典 :�‹��_�C�G�b�g�Ƃ́H
  • DHAは、頭が良くなる成分といわれています。お肉にふくまれているのは飽和脂肪酸といって、生活習慣病の原因となる血中コレステロールを増やすといわれています。青魚は、GI値も低いので血糖値の上昇が抑えられます。そのため、インシュリンの分泌も少なくなり太りにくくなります。
    出典 :�‹��_�C�G�b�g�Ƃ́H
  • まだまだメリットがある

  • たくさんの食べ物を摂取すると、胃の壁が拡張され、脳に刺激が送られます。脳の満腹中枢が刺激されることで満腹感が得られるのですが、食事の量が少なくても、脳の満腹中枢に刺激が伝われば満腹感が得られます。
    出典 :【青魚ダイエット】 | 肉・魚・卵 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    ヒスタミンが同じ効果を持っているのです。

  • 「満腹物質」であるヒスタミンの分泌とも大きく関係しています。よく噛むことで、ヒスタミンの分泌が促進され、満腹感を得やすくなるのです。また、よく噛むことは血糖値の上昇を緩やかにして脂肪の蓄積を防ぐ効果もあり、ダイエットにはとても大切なことです。
    出典 :【青魚ダイエット】 | 肉・魚・卵 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    良く噛む事は健康にもとっても良いのです!

  • EPAの効果も感じよう

  • 1.アンチエイジング効果 EPAには血管をやわらく、しなやかにする作用があり、血管年齢を若く保つ効果があります。2.抗アレルギー作用で花粉症予防EPAには花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを促進する酵素を抑制する働きがあります。3.運動能力の向上
    出典 :EPAでメタボ解消、青魚のサラサラ成分が脂肪に効く! | 40歳からのメタボ解消ダイエット
  • 運動能力では

     

    血液がサラサラになる効果で血行が良くなります。これによって細胞への酸素の供給量が高まり、持久力がアップします。また、筋肉を疲労させる原因の乳酸を素早く体外へ排出できるようになり、疲れが残りにくくなる効果も期待できます。良いですね!