対応策はないの?「インフルエンザで咳」がひどいのは何故?

インフルエンザで咳がひどくなる事がありますよね。効果的な対策があればおこなって辛い咳からおさらばしましょう

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザで咳が出る特徴は

  • 気管に水や食べ物が誤って入ってしまった時のようなむせ方をした咳です。喉に痛みを感じることが殆どないところは風邪と違っています。また、軽い咳ではなく我慢できないような咳き込み方をするのも大きな特徴です。
    出典 :重い咳が出たら要注意!?風邪とインフルエンザの違いについて | iGotit
     

    軽い咳ではないので、気になる事も多いでしょう

  • 咳が一度に長引くことはあまりありませんが、頻繁に咳が出るようになり、熱や体のだるさよりも先にこの症状があります。咳が出始めてからすぐに他の病状が現れるようになるのもインフルエンザの特徴です。
    出典 :重い咳が出たら要注意!?風邪とインフルエンザの違いについて | iGotit
  • 咳が出たら

     

    流行している時期ならなおさらですが、インフルエンザの可能性があると受け止めて早めに受診するようにしましょう。インフルエンザの薬は48時間以内に服用する事で効果が出るのです。越えてしまうと対処療法しか使えなくなってしまうのです

  • 咳は感染経路に

  • インフルエンザに限ったことではありませんが、特に感染力の硬いインフルエンザでは、感染経路として咳が重大な位置になっているという事を覚えておきましょう。もちろん接触感染や直接感染のようにものに触れたり直接感染者と接触したりという事も感染経路としてありますが、空気感染は目に見えない部分です。
    出典 :重い咳が出たら要注意!?風邪とインフルエンザの違いについて | iGotit
     

    空気感染は目に見えないので、尚更慎重に対応したい所ですね

  • 空気感染の予防には

     

    やはりなんといってもマスクが効果的と言えるでしょう。マスクは色々な病気の予防だけではなく、花粉や大気汚染にも対応が出来ます。気管支などが弱い人には重要なアイテムになるのではないでしょうか。

  • 熱が引くころに?

  • 代表的な症状としては、 熱がひくころになって咳やのどの痛みが出るケースが多い。鼻水などの呼吸器系の症状も遅れて現れますが、 熱や吐き気に比べると症状が軽くて(軽く感じるだけかも^^;)、熱がひくと体は楽になります。
    出典 :インフルエンザの症状~熱と咳だけの場合はインフルエンザじゃない?~
     

    初期の症状ではなく治りかけで出る場合もありそうですね

  • 抗インフルエンザ薬が効果的?

  • インフルエンザの症状を改善するためには、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ「抗インフルエンザウイルス薬」の服用が有効です。抗インフルエンザウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。
    出典 :インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース
     

    このような薬が開発されているのですね

  • 熱、咳、痛みなどをそれぞれ和らげるもの、まとめて複数の症状を和らげるものなどさまざまな種類のものがありますが、これらの薬を使うことで耐性ウィルスができやすくなるという事も報告されています。
    出典 :咳止めのための抗インフルエンザ薬の服用について | iGotit
  • 副作用が最もい多いのもこの対症薬の特徴といわれます。そのため、乳幼児への投与は十分な診察の上で処方されることが殆どです。また、その性質から妊婦には使用が禁止されているものも少なくありません。ただし、これらの対症薬にも比較的安全なものがあります
    出典 :咳止めのための抗インフルエンザ薬の服用について | iGotit
     

    ものにもよるかもしれませんね

  • 注意

  • お薬を服用して熱が下がっても、体内のウイルスがすぐにいなくなるわけではありません! 「症状が改善したから…」といってお薬の服用を途中でやめることで、体内に残っているウイルスが周りの人に感染する可能性があります。熱が下がったあとも、お薬はきちんと使い切り、最低2日間は自宅で療養しましょう。
    出典 :インフルエンザの症状~症状、かぜとの違い~|インフル・ニュース
     

    これだけは忘れないようにしましょうね