当てはまるものはある?「皮膚のただれの原因」を集めてみた!

皮膚のただれの原因を集めてみました。自分に当てはまるものがあるでしょうか?

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早期治療は忘れずに

  • 湿疹・皮膚炎によって、かゆみを感じると、ついかきむしってしまいますが、皮膚をひっかくこと自体が刺激になって更にかゆみが生じ、「かゆいからかく、かくことで更にかゆくなる」という悪循環が起こります。強くかくと皮膚が赤くなり、ひっかき傷ができます。
    出典 :2/2 湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる? [湿疹・皮膚炎] All About
     

    ひっかき傷が悪化すればただれるかもしれません・・・

  • 長期間にわたってかいたりこすったりすると、皮膚が厚くなり、硬くてゴワゴワした状態になります(苔癬化)。こうして治療を怠っている間に、かきむしった場所から雑菌が繁殖する事が、症状の悪化やトラブルの長期化を招く原因になってしまうのです。
    出典 :2/2 湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる? [湿疹・皮膚炎] All About
     

    長期化はつらいですよね・・・

  • かゆみなどの症状が出たら早めに対処する、「早期治療」が大切です。医師や薬剤師に相談して、症状にあった薬を選ぶようにしましょう。その際、ステロイド剤の使用を検討してみるのも良いかもしれません。でも、まずは何より、お肌を清潔にして、「かかない」ことが大切です!
    出典 :2/2 湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる? [湿疹・皮膚炎] All About
  • かゆみの症状がでたら

     

    早めに治療をしましょう。湿疹や皮膚炎などが起きる前にその原因をしっかりと取り除いてあげる事が最重要だと言えるでしょう。

  • 皮膚のただれの原因は

  • 刺激性接触性皮膚炎 原因物質に触れた部分だけに症状があらわれます。かゆみをともない、じゅくじゅくして赤味をおびた斑点(はんてん)や盛り上がった発疹が出て、さらに進行して水疱(すいほう)ができたりかさぶたになることもあります。その場合、痛みもともないます。毒性の程度や接触時間などにより症状は違ってきます。
    出典 :かぶれ(接触性皮膚炎) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 脂漏性皮膚炎とは Vol.96 カビが原因の脂漏性皮膚炎にご注意を 高温・多湿の気候に加えて、紫外線の強い梅雨時から夏にかけては、肌のトラブルに気をつけたい時期です。外気に直接ふれる顔や頭皮は、とくに影響を受けやすく、炎症や湿疹が生じやすくなります。その1つが、脂漏性(しろうせい)皮膚炎です。
    出典 :カビが原因の脂漏性皮膚炎にご注意を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    ちょっと厄介な病気ですよ。

  • 一次刺激性接触皮膚炎:刺激物による強い刺激作用によって生ずる湿疹・皮膚炎のことです。例えば、毒草であるハズの油やからしなどによる急性皮膚炎や、せっけん、洗剤などによる主婦湿疹(手湿疹)、ガソリン、セメントによる職業性皮膚炎がこれに属します。刺激物が接触した部位とその周辺に発症します。
    出典 :2/2 湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる? [湿疹・皮膚炎] All About
     

    刺激物が接触するとなりますよね。

  • アレルギー性接触皮膚炎:身近な物に対するアレルギー反応が原因で起こります。例えば、アクセサリーやゴム、化粧品に対して、過敏に反応して起きる炎症などがこれに属します。いわゆるかぶれとして知られます。一次刺激性と同様に、刺激物が接触した部位とその周辺に発症します。
    出典 :2/2 湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる? [湿疹・皮膚炎] All About
  • 細菌感染症:細菌が繁殖して、皮膚に炎症を起こします(化膿)。皮膚を汚れた手で触って、そこに細菌が繁殖して炎症が起きたり、炎症部位をかきむしったりする事で併発する細菌の二次感染による炎症などがこれに当てはまります。細菌が付着した手で触れた部位に発症します。
    出典 :2/2 湿疹・皮膚炎・かぶれはなぜ起こる? [湿疹・皮膚炎] All About
  • 日常生活で予防しておこう

  • かぶれを初めから予防することは難しいので、一度かぶれたことのあるものには触らないようにすることが一番の予防法といえるでしょう。 原因がはっきりしない場合は、かぶれる可能性がありそうなものにはなるべく接しないようにすることも大切です。もし家族や親族で特定のアレルギー反応を持っている人がいる場合は、同じ原因物質が疑われることもあります。
    出典 :かぶれ(接触性皮膚炎) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • いつも清潔に&夏は肌の露出を避ける
    夏場は汗をかいたらこまめに拭き取るなど、いつも肌を清潔に保ちましょう。肌が弱い場合は、夏でも肌をあまり露出しないようにするといいでしょう。
    出典 :かぶれ(接触性皮膚炎) 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 皮膚のただれは

     

    赤ちゃんだって起きるのです。おむつかぶれが良い例ですね。場合によっては悪化してしまい、皮膚のただれとなって非常につらい症状を呼んでしまう事になるのです。